サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

にほんブログ村ランキング参加中

2019年11月 8日 (金)

平川峠から荒倉山へ

<かっての登山者が鳳凰山に登る時に越えたという平川峠を歩き、そこから荒倉山(1,132m)に登った。十何年ぶりかの荒倉山、本当に久しぶりなので始めて登る山と同様一抹の不安を抱えながら登ったが、山頂に至ったときの喜び爽快感は格別だった。・・・久しぶりの静かなゆっくりの山歩きに、心が洗われるような気持ちになった。>

【 歩 い た 日 】 令和元年11月4日(月)
【コースと時間】 甲府=穴山橋=龍珠院8:20-9:00平川峠9:15-9:40林道へ出る-9:45林道終点-10:25つぶらの松-10:35荒倉山(1,132m)11:20-11:50林道終点-(林道を歩く)-12:25平川峠-13:00龍珠院
【 参考にした資料 】
 「白旗史朗の甲斐山歌」 白旗史朗 2008年9月 新日本出版社
 「 甲斐の山旅・甲州百山 」 山村正光他 1989年10月 実業之日本社 
 「 出会いがあるから山へ行く 」 矢崎茂雄 2006年3月 山梨ふるさと文庫
  
「 1:25,000地形図 若神子」 平成17年11月 国土地理院
 「 1:25,000地形図 韮崎」 平成元年8月 国土地理院

 国道20号線を走り、穴山橋を渡ったところで国道を外れる。德島せぎを渡り、宇波円井の集落に入る。集落の中の狭い道を走ると龍珠院脇の駐車場(登山口)である。車が5~6台は駐められそうである。登山者用の簡易トイレも設置してあった。

 龍珠院から沢沿いの登山道を40分で平川峠に着いた。かっての登山者は、穴山駅から釜無川を渡り、この平川峠を越え小武川象ノ鼻に下り、そこから鳳凰山に登ったという。

Imgp71191

 平川峠には麓からずっと遠回りをしてきた林道が通っている。この林道を50mばかり左へ歩いたところから山道に入る。25分ほど山道を歩くと、いったん林道へ出て、しばらく林道を歩くと林道終点である。以前この荒倉山に登った時は、ここまで車で来たのだろうか。はっきりとした記憶がない。

Imgp71271

 ここからまた山道に入る。頂上手前1,000mから100mごとに看板がありうるさいぐらいだが、まあそれを見ながら頂上を目指す。

Imgp71411

 頂上手前でカラ松林の向こうに八ヶ岳が展望できる。残念ながら頂上は雲に隠れていた。平川峠から1時間20分で荒倉山山頂(1,132m)に着いた。所々にあった地元の人が作ってくれただろうかかしの大きな案内板が、ここ頂上にも設置されていた。里山らしく、木の祠とお地蔵さんも写真に写っている。

Imgp71491

 山頂からは御坂山塊、甲府盆地を遙か下に従えた富士山が見えた。絶景である。かっては大きく迫力ある鳳凰山が眺められたというが、今は樹間にわずかに眺められるのみ。

Imgp71501

 下りは、登りきった安堵感満足感で、明るい気持ちで楽しく龍珠院駐車場までゆっくり歩き下った。

 

    *ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*


・・・ 古い山行き記録を見つけた ・・・

□ 2006年6月 4日 (日) 荒倉山(1132m)
 矢崎茂男先生の「出会いがあるから山へ行く」(山梨ふるさと文庫)に刺激され、荒倉山(1132m)へ登ってきた。矢崎先生よりももっと安直に、平川峠を通り過ごし、林道終点まで車であった。
 途中宇波円井の集落に入る道では、猿の一団に迎えられた。20匹ぐらいいただろうか。竜珠院の登り口辺りには、「熊出没注意」の看板が。また登山道の途中ではイノシシ(?)が掘り返した痕があったり。
 登山口から尾根沿いに約40分で山頂。あいにく眺めはあまりよくなかったが、頂上をほんの少し西へ行ったところから山頂に雪のまだ残った鳳凰の山が眺められた。途中、夫婦と家族連れに会った他は、会った人なし。静かなゆったりとした気持ちでの山行きができた。
 林道途中、円池を見た。水は枯れて、なかった。「円井」の地名はこの円池に因むという。

□ 2006年6月 5日 (月) 平川(たいらがわ)峠
 平川(たいらがわ)峠は、鳳凰登山のメインルートであったという。人々は、中央線の穴山駅から穴山橋を渡り、この峠を越え、小武川に下り、そして鳳凰に向かったそうだ。
 宇波円井から平川峠までの道は荒倉山への登山道として健在だが、峠から小武川に下る道は見つけることができなかった。木々、藪に被われ既に廃道となっているのだろうか・・・ 。

□ 2006年6月 6日 (火) 「円池(つぶらいけ)」「円井(つぶらい)」
 甲府から20号線を長野へ向かい、穴山橋を過ぎたあたりに「上円井」という集落がある。知人がここの住所だということもあり、以前から興味を引く地名だった。今回、荒倉山へ向かう途中で、山の中にこの「円井」の地名の語源を見つけてうれしくなってしまった。
 薄暗い林の中に「円池(つぶらいけ)」「円井(つぶらい)」はあった。雨が沢山降るときにはきっと水を湛え、正に丸池になったのだろう。昔人は、何かに付けこの池を訪れた。そして祈った。山のふもとも含めてその辺り一帯を「円井」 というようになった。

2019年11月 3日 (日)

寒空にバラが咲いている

 11月になった。文化の日の今日、曇り空で寒々している。8日は立冬だという。すぐ先日まで暑くてたまらない日々が続いていたのに、何か秋がなくてすぐ冬になってしまうような感じだ。

 この寒空の下、我が家の庭でバラが咲いている。最盛期のバラよりも小さめ、葉っぱもかなり枯れて落ちていたりするが、素敵な我が家の庭のバラの花を撮った。

Imgp70871

Imgp70951

Imgp70881

Imgp70841

Imgp70981

  撮影カメラ ; PENTAX K-7
         レンズ ; SMCPENTAX-DA 18-55mmAL
               SMCPENTAX-DA 55-300mmED

2019年11月 2日 (土)

奥蓼科「横谷峡」へ紅葉狩りに

<勧学院OBの仲間と、紅葉の横谷峡を歩いてきました。横谷峡は以前一度歩いたことがあるのですが、その美しさが一段と輝く紅葉の季節にということで出かけたのでした。横谷峡は、奥蓼科の清流「渋川」に沿って伸びる渓谷で、信州有数の紅葉スポットといわれています。>

Imgp70081_20191102070301  横谷峡駐車場に車を駐め、横谷峡入口から峡谷沿いに歩きます。まず乙女滝、その後、霜降りの滝、鷲岩、一枚岩などを眺めながら歩きます。所々赤や黄色に紅葉した木々が増えていきました 四阿・大滝展望台に着くと、対岸に紅葉に囲まれた大滝が見事に眺められました。Imgp70181_20191102070301 正に横谷渓谷のハイライトスポットともいえる、落差40mの横谷渓谷を代表する滝です。

 そして、いったん横谷峡駐車場へ戻ります。そこから車でメルヘン街道(国道299号線)を横谷観音駐車場へ。Imgp70371_20191102070401 そこから歩いて10分ほどで横谷観音展望台へ着きました 観音さんの広場では、遠足の子供たちも一杯で大賑わいでした。先ほど見た大滝を今度は上から見下ろすという感じで、紅葉の中素晴らしい紅葉の大滝を眺めることが出来ました。

       ( 令和元年10月24日 歩く )

2019年10月28日 (月)

佐伯泰英「居眠り磐音」を読む(その4) 大月宿から小菅村を廻り江戸へ 

 佐伯泰英の「居眠り磐音 江戸双紙」を読み進めている。今、39巻「秋思ノ人」だ。老中田沼意次の企みで、要職の御側御用取次から甲府勤番追手組支配に左遷された坂崎磐音の剣友(師匠上役?)の速水左近が甲府勤番3年間の勤めを終え、江戸に戻る場面だ。
 甲府を発ち、柳町、酒折宮、鎮目、石和宿、栗原を通り、笹子峠を越える。峠の途中では矢立の杉を眺め、大月宿に至る。これらの地名は今現在もあり、親しみを持って読み進められるのだ。

 速水左近一行は、このまま甲州道中を小仏峠を越えて江戸へ向かうと思いきや、それがなんと甲州道中を大月宿で外れ、岩殿山の東側から裏街道を葛野川沿いに小菅村へ向かう。小菅村から青梅往還を江戸に向かうのだ。
 小説では、大月から小管に向かうのに松姫峠を越えるように書いてあるが、その頃はまだ松姫峠(という名の峠)はなかったはずだから、多分西原峠か佐野峠、十文字峠を越えて小管村に至ったのだろうと想像出来る。
 速水左近を追って、坂崎磐音一行もこれらの峠を越えて小菅村に至っている。 

 私は、昭和時代50年頃3年間仕事の関係で、この小菅村に住んでいた。下流で多摩川と名を変える小管川沿いの山あいの集落だが、お大尽の多い心豊かな人々が暮らすとてもいいところだった。そのころこの小菅在住の上司に、「私が若い頃は、大月で会合とか会議があるときには、朝早く小菅を発って、この十文字峠佐野峠西原峠を歩いて越えて大月へ向かったものだ」といい聞かされていた。懐かしい四十数年前の話。

 そんなこともあって私は、大月から小管に越える峠を一時何度も歩いたことがある。速水左近がこの峠を歩いたのだと思うと感慨深い。

・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

 → ブログ<山梨の山歩き峠歩き古道歩き>「佐野峠・西原峠をめぐって」

 「居眠り磐音 江戸双紙39 秋思ノ人」佐伯泰英著 双葉文庫 2012年6月 第1刷発行

2019年10月14日 (月)

定年後の暮らしは映画三昧 「蒲田行進曲」を観る

 久しぶりに映画を観た。山梨県立文学館の名作映画鑑賞会、上映された映画は「蒲田行進曲」。昭和57年に公開された古い映画だ。私はもう何回か観た映画だが、飽きずに出かけた。

 最初はなんか騒がしいふざけた映画だなという感じを受けるのは前に観た時と同じ、だがそういう中でだんだん映画に引き込まれていくのだ。さすが名作と銘打つ映画、本当に見終わって観てよかったと思う映画だ。

 若い頃の松坂慶子は魅力的で素敵だ。憂いをもった美しさ、一心に男に尽くそうとする女小夏を演じている。その松坂慶子も、相手役の平田満、風間杜夫も正に身体ごと演技にぶつかっている感じだ。本当にいい演技、素晴らしい演技をしている。
 懐かしい清川虹子も出ていたりして。一番ビックリしたのは、ナレーションで有名で、今NHKラジオ第一で山の番組をしている石丸謙二郎も出ていることだ。若い頃の石丸だ。どちらかというと脇役という感じだが。

 みんなが映画製作にひたすらがんばっていたよき時代の映画界を描いたのだろう。

・・・いい映画はいい。大げさに言うと生きていてよかったと思う一時だ。 

「蒲田行進曲」
監督;深作欣二/脚本;つかこうへい /音楽;甲斐正人
出演者;松坂慶子 風間杜夫 平田満 原田大二郎 蟹江敬三 清川虹子 石丸謙二郎 志穂美悦子 
撮影;北坂清/編集;市田勇/製作会社;松竹/角川春樹事務所/配給;松竹
公開;1982年/上映時間;109分

 平成25年5月16日の記事 → 「蒲田行進曲」を観る
 平成25年9月28日の記事 → 「キネマの天地」を観る

 

2019年9月30日 (月)

「こんなところに甲府城お堀跡(その23)」 三の堀跡 山神社付近

 「こんなところに甲府城お堀跡(その22)」をアップしてしばらくして、地元の新聞「山梨新報」に大変興味ある記事(*)が載った。私の書いた内容(< >内)を、まったくフォローしてくれるような記事だった。甲府城二の堀と三の堀に囲まれた場所に、職人が大勢住んでいたことがわかる。

(*) 「小江戸甲府 城下町の昔を訪ねる 6」山梨新報社発行「山梨新報」令和元年9月27日付

<・・・江戸時代に甲州街道宿場本陣があった柳町から今の遊亀通りを南進、レトロな旧商工会議所(*-1)の角を左折すると鍛治町通り(*-2)に入り、更に進むと桶屋町通り(*-3)となる 新月院前の信号を過ぎると開運橋を渡る。Imgp68291 この開運橋の下を南から北に流れているのが三の堀跡(濁川)だ。・・・橋の手前左側には山神社(*-4)があり、その横の三の堀跡の上に建物が建っている。・・・ >

(*-1)この「レトロな旧商工会議所」の建物は、現在は「甲府法人会館」で、大正15年に「甲府商工会議所」ビルとして立てられた山梨県最古の近代ビルだ。
(*-2)鍛冶職人が道路の両側に多く住んでいた町である。鍛冶職人は、主に桑や鎌といった農具を作っていた。
(*-3)桶屋町には桶や樽を作る職人が集まっていた。たらいや醤油、酒の醸造樽、棺桶まで作っていた。
(*ー4)山の神である大山衹命を祀っている。桶職人は材木を扱うため山の神への信仰が篤かったのだろう。桶屋町から出る木屑は製糸工場や銭湯の燃料としてリサイクルされた。

写真)山神社際三の堀跡の上にある建物の北方向を撮る。この先で右(東)にクランクしているのがわかる。

 

2019年9月22日 (日)

こんなところに甲府城お堀跡(その22) 北へ進む三の堀跡 山神社付近

< 日本100名城に数えられる「甲府城(舞鶴城)」には、お堀が鍛冶曲輪の南、遊亀橋両側に残存する。これが内堀の一部で甲府城で残っている唯一のお堀らしいお堀である。P1040573 甲府城には内堀(一の堀)、二の堀、三の堀があったが、そのほとんどが埋め立てられ当時の様子を知ることは出来ない。それでも、甲府市内の普段よく行っている場所、よく通っている道路の脇など思いがけないところに、川になったり、ちょっとした溝、側溝になったり、また暗渠になったりで、甲府城のお堀跡が市内各地に残っている。>

 江戸時代に甲州街道宿場本陣があった柳町から今の遊亀通りを南進、レトロな旧商工会議所の角を左折すると鍛治町通りに入り、更に進むと桶屋町通りとなる。Imgp68261 新月院前の信号を過ぎると開運橋を渡る。この開運橋の下を南から北に流れているのが三の堀跡(濁川)だ。

Imgp68281市内の側溝や川はみんな、北から南に流れているのに、ここは南から北に流れている。人工の工作物であることがわかる。

 橋の手前左側には山神社があり、その横の三の堀跡の上に建物が建っている。Imgp68241 地区の集会場のような感じである。公共の建物故、河川の上に建てることが許されているのだろうか。その建物の下を北に三の堀跡は流れている。その先3回ほどクランクして、以前記述した「深町河岸跡」辺りに至る。

 写真左上)甲府城内堀 遊亀橋南端から西方向を撮る
 写真右上)桶屋町通り開運橋から南方向を撮る
 写真右下)三の堀跡に架かる開運橋と堀の上にある建物
 写真左下)山神社際堀跡の上の建物の北方向を撮る

2019年9月21日 (土)

続々 佐伯泰英「居眠り磐音」を読む  とんでもない展開に

 佐伯泰英の「居眠り磐音 江戸双紙」を読み進めている。先ほど、第32巻「更衣ノ鷹 下」を読み終わったところだ。新装版が発売されていて、ネタバレはうまくないのかも知れないので詳しくは述べないが、磐音を巡る状況が今までになく最悪となってこの巻が終わっている。

 私が見たBSプレミアムで放送がされていたドラマのラストシーン、磐音とおこんが草原の中の一本道を二人で手に手を取り歩き遠ざかって行くシーンが印象的で、小説もこの場面でハッピーエンドで終わりと思っていたが、とんでもない。その後も話は延々と続き、何度も何度も危機場面があったが、今までそれらを見事乗り越えてきた。溜飲が下がる思いで読み進めてきたのだった。

 今までそんな思いで楽しく読み続けてきたのに、ここへ来て西の丸家基の影の援護を続けてきた磐音の周りの状況が、田沼の謀略により最悪となった。

 たかが小説上のことで大げさとも思うが、明るく楽しく過ごしてきたのに実際の生活の上でも気持ちが暗くなり寂しくなった。この最悪の状況から、どう話が展開していくのか、磐音がどう立ち直っていくのか、気持ちを入れ替え期待して続きを読み進めていきたい。 


 それでも・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

  「居眠り磐音 江戸双紙32 更衣ノ鷹 下」 佐伯泰英 著 双葉文庫 2010年1月 第1刷発行

2019年9月10日 (火)

こんなところに甲府城お堀跡(その21) 二の堀跡から三の堀跡(濁川)へ

 甲府市街桜町南交差点の南東、中銀柳町支店と小宮山印店の間に、 甲府の繁華街桜通り東側を下ってきた二の堀跡がここで顔を出す。Imgp68441ここからは三の堀跡となる。巾3~4m、深さも4~5mあり、両側と底が石垣、コンクリートで固められている。繁華街に一部残っている二の堀跡とは違い、川といっていいようなものだ。濁川がここから始まるといってもいいのだろうか。堀跡らしくなっている。この先川幅はだんだん広がっていく。

Imgp68142  中銀柳町支店と小宮山印店の間を出発点に100mばかり南進した三の堀跡は、老舗「鰻 松月」の所で 、東側にクランクし50m程進み遊亀通り緑橋をくぐって行く。確かここ緑橋の所には、以前歩道橋があり、道案内の目印になったものだ。緑橋を潜った三の堀跡は、更に東に進む。

写真右上)中銀柳町支店東側の三の堀跡。金網の間から南方向を撮っている。
写真左下)クランクした三の堀跡。東方向を撮っている。遊亀通り緑橋が見える。

2019年9月 8日 (日)

展望抜群 八子ヶ峰を歩く

<勧学院OBの仲間と、八子ヶ峰を歩きました。蓼科山とビーナスラインを挟んで反対側(南側)にある小高い丘のような山です。眺めが抜群、御嶽山や槍ヶ岳まで眺められました。>

【 歩 い た 日 】 令和元年9月7日(土)
【コースと時間】 ビーナスラインすずらん峠駐車場登山口8:45-9:05ヒュッテアルビレオ9:15-八子ヶ峰東峰-9:50八子ヶ峰中峰10:20-八子ヶ峰東峰-11:30すずらん峠駐車場

Imgp67491 登山口を出発、20分ほど急坂を登る。登りきったところに三角屋根の山荘ヒュッテアルビレオがある。小屋は開いていなかった。小屋前は、眺め抜群で八ヶ岳、霧ヶ峰はもちろん南アルプス、御嶽山、北アルプス穂高、槍ヶ岳まで見渡せた。

Imgp67481  その先は若干のアップダウンはあるが、快適な高原歩きだ。ウメバチソウ、ワレモコウ、トリカブトなどの山の花も所々に咲いていた。八子ヶ峰東峰を過ぎたあたり蓼科山が大きく見え、見下ろすと女神湖も見えた。女神湖は昔は湖面が凍ってサーキット場になっていたんだよとという仲間の話を聞きながら、展望抜群の高原を歩いた。

Imgp67561 眺めのいい八子ヶ峰中峰(1850m)で写真を撮り、近くの日陰で昼食とした。中峰からは、その先西峰までの尾根道が見渡せた。Imgp67871 西峰が八子ヶ峰の本峰のようだが、もう十分眺めを堪能したし、八子ヶ峰の一番高いところは東峰(1869m)で登ったしということで、今日はここから引き返すことにした。

 爽やかな気持ちよい風に吹かれ、抜群の展望を堪能し、満足満足の八子ヶ峰の高原歩きだった。

2019年9月 5日 (木)

定年後の暮らしは読書三昧 続 佐伯泰英「居眠り磐音」を読む

 佐伯泰英の「居眠り磐音 江戸双紙」を読み進めている。今、28巻「照葉ノ露」だ。この先51巻 まであるようで、まだまだ楽しめるということでうれしい限りだ。

 私がこんなに次を読むのが待ち遠しいと思うほど楽しく小説本を読み続けるのは、私の読書遍歴で初めてかも知れない。一冊一冊読み終わった後の満足感、楽しく読み終わった充実感、そしてこれから先の話の展開を想像することの楽しさはこの上ない。

 テレビで先日までBSプレミアムで再放送がされていて、ドラマの最後で、磐音とおこんが江戸に向かって草原の中の一本道を二人で手に手を取り歩き遠ざかって行くシーンが印象的で、小説もこの場面でハッピーエンドで終わりと思っていたが、とんでもない。この場面は小説半分にも行かない場面だ。この後も延々と51巻 まで小説は進むのだ。51巻で終わった後も、磐音とおこんの息子の話のシリーズもあるようで、これから先、楽しみがいつまでも続く。

 定年後の暮らしにも心を悩ますことは多々ある。どうしても解決できないこと、時を待たねば解決できないこともあり、心が落ち着かないことがあるが、この本を読んでいると不思議と心が落ち着く。心の安定剤になっている。楽しく読み終わった後は、心を悩ます雑事にも落ち着いて取り組もうとする気持ちが沸くのだ。

・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

 「居眠り磐音 江戸双紙28 照葉ノ露」 佐伯泰英 著 双葉文庫 2011年8月 第10刷発行

2019年8月15日 (木)

若い二人が歩いて行くその先は・・・

 若い二人が手に手を取り歩き去って行く後ろ姿が印象的感動的、映画テレビドラマのラストシーンで、小説のエンディングで。

 大きな一つの苦難と喜びが終わり、次の新しい場面シーンに向かっていく二人。その先に何があるのだろうか。静かな平穏な暮らし喜びが続いて欲しい。しかし、また新たな苦難と労苦が待っているのかもしれない。

 読み終わった満足感、楽しく見終わった充実感、そしてこれから先を想像することの楽しさ。・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。・・・いい映画はいい。大げさに言うと生きていてよかったと思う一時だ。

「甲州はいいところだ、あの澄んだ空、もう一度見たかったぜ」と梅三郎は言いつつ打ち首に・・・。源次とお蝶はその甲州へ・・・。
テレビ「逃亡」松本清張原作 市川崑監督の映像
→ 2002年2月8日の記事 

江戸から甲州へ 野田尻、犬目・・・韮崎、七里岩、・・・そして三之蔵か大豆生田辺りか。津金方面に向かって岩陰に見え隠れ消えていく伊能甚内と奈美の姿・・・茅ヶ岳の長い裾野と塩川の流れに削られた岸壁沿いの細い路が目に浮かぶ。あの路を二人は懐かしい故郷津金に向けて歩んで行ったのだ。
「闇の傀儡師」藤沢周平著 文芸春秋社
→ 2015年7月23日の記事

磐音とおこんが江戸に向かって草原の中の一本道を二人で手に手を取り歩き遠ざかって行く。
テレビBSプレミアムで再放送 /「居眠り磐音 江戸双紙」佐伯泰英著 双葉文庫
→ 2019年8月10日の記事

2019年8月10日 (土)

定年後の暮らしは読書三昧 佐伯泰英「居眠り磐音」を読む

 佐伯泰英の「居眠り磐音」を読んでいる。今、江戸双紙17巻「紅椿ノ谷」だ。この先 30巻 ぐらいまであるようで、まだまだ楽しめるということでうれしい限りだ。

 この小説は、映画化されたりテレビドラマ化されたりで観ている。映画は観たがまったく物足りず、ブログに書く気にもならなかった。
 テレビの方は先日までBSプレミアムで再放送がされていた。ドラマの最後で、磐音とおこんが江戸に向かって草原の中の一本道を二人で手に手を取り歩き遠ざかって行くシーンが印象的だった。ハッピーエンドだ。

 多分、小説通りテレビドラマ化されたのだと思い、お話のラストはわかるわけだが、小説本は実に面白い。テレビにはなかった話もいっぱいあり、甲州市川陣屋とか鰍沢、十谷大柳川が出て来たり、必然的に江戸のこの時代の様子、歴史に関わる話も出て来たりで、これから読み進んでいくのが大いに楽しみである。

 一冊を読み終わり、次を読み進めることの楽しさといったらない。何か読んでいるとき、不思議と心が落ち着くのだ。

・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

 

 「居眠り磐音 江戸双紙17 紅椿ノ谷」 佐伯泰英 著 双葉文庫 2010年11月11日第31刷発行

2019年8月 9日 (金)

南アルプス 仙水峠へ

<勧学院OBの仲間と、南アルプス北沢峠から仙水峠まで歩いてきました。何年か前甲斐駒へ登った(*)とき、雨の中、真っ暗な山道をただひたすら歩いたのと違い、今回は爽やかな微風が吹く中、仙水谷を軽やかに登りました。仙水峠からは迫力ある甲斐駒摩利支天も眺められて、満足の山歩きでした。>

【 歩 い た 日 】 令和元年8月5日(月)
【コースと時間】 仙丈岳二合目コース入口9:30-長衛小屋-10:20仙水小屋10:30-11:15仙水峠11:40-12:30仙水小屋12:40-長衛小屋-13:30北沢峠
【 参考にした資料 】
 「 山梨百名山 」 監修山梨県 平成10年3月 山梨日々新聞社 
 「 甲斐の山山 」 小林経雄 平成4年3月 新ハイキング社

<芦安バス停から北沢峠へ>
Imgp66051 幸いにも芦安バス停のすぐ近く駐車場に車を駐めることが出来た。そこから芦安観光の乗合バスで広河原まで、広河原からは南アルプス市営のバスに乗った。途中北岳がよく眺められるところがあった。 まだ残っている雪渓が白く輝いていた。北沢峠手前の仙丈岳二合目入口で、バスから降りることができてこれまたラッキーだった。

Imgp66251<長衞小屋、仙水小屋を経て仙水峠へ>
 長衞小屋のテント場には、色とりどりのテントが一杯で、若者が大勢楽しそうにたむろしていた。いいな~ああいう時代に戻れたらと思った。仙水谷沿いの山道をゆっくりゆっくり登った。仙水小屋の前の水場で水を飲ませてもらう。まさに力水、美味しかった。森林の中の道から岩だらけの道を登るようになった。周りを見まわしても岩だらけだで岩塊斜面だ。どうしてこういう地形になるのか不思議だ。坂がなるくなると仙水峠(2264m)だった。

Imgp66131<仙水峠から見上げる甲斐駒>
 ここから見上げる甲斐駒ヶ岳摩利支天は圧巻だ。前回ここを通ったときには見えなかったから初見になるのだ。峠で昼食、おにぎりを食べていると、次から次へ人が下ってくる。朝早く出発し甲斐駒ヶ岳を制覇した人たちが下ってきているのだ。みんな疲れているようだがうれしいそうだ。登りきって下ってきているという達成感、満足感だ。私も経験がある

<ぎりぎり帰りのバスに間に合った>
 下りは13時30分の北沢峠発のバスに乗りたいということで、仙丈小屋で水を飲みちょっと休憩しただけで下り急いだ。わずかの距離だが、長衞小屋から北沢峠までの登りきつかった。ぎりぎり間に合い、バスに乗った。


 (*) → 日本百名山山梨百名山「甲斐駒ヶ岳」へ登る

2019年8月 7日 (水)

湯の沢峠 お花畑 山梨百名山「大蔵高丸」

【 歩 い た 日 】 令和元年8月2日(日)
【コースと時間】 甲府8:00=54.6㎞=9:20湯の沢峠9:30-9:50湯の沢のお花畑-10:30大蔵高丸10:50-11:40湯の沢峠 (花の写真を撮りながらで時間は余り正確ではない)
【 参考にした資料 】
 「 山梨百名山 」 監修山梨県 平成10年3月 山梨日々新聞社 
 「 甲斐の山山 」 小林経雄 平成4年3月 新ハイキング社

 大蔵高丸(1781m)には何度も登っている。林道が湯の沢峠まで伸びており、そこから1時間ほどで登ることが出来る山梨百名山だ。湯の沢峠から山頂に至る途中に「湯の沢峠のお花畑」と銘打った、山の花が沢山咲いているところがある。
 何年か前に山の花保護のための獣除けの柵が設置されていて、登山道途中にいくつか扉がある。開けたら必ず閉めることを心がけている。柵が設置される前よりも数段花が沢山咲くようになったということでうれしいことだ。

 

<キバナノヤマオダマキ(黄花山苧環)>

Imgp65601

 

<ホタルブクロ(蛍袋)>

Imgp65591

 

<ウスユキソウ(薄雪草)>

Imgp65581

 

<タチフウロ(立風露)>

Imgp65521

 

<ホソバノキリンソウ(細葉の麒麟草)>

Imgp65511

 

<オミナエシ(女郎花)>

Imgp65461

 

<コウリンカ(紅輪花)>

Imgp65401

 

<シモツケソウ(下野草) >

Imgp65161

 

<ノハラアザミ(野原薊)>

Imgp64961

 

<注意道路情報 R1.8.2現在>
 湯の沢峠駐車場手前2㎞で林道の舗装が切れる。大雨の流水で道路が所々掘られ荒れており、普通乗用車では通行が若干厳しい状況である。

2019年7月20日 (土)

ささやかな我が家の温暖化防止対策「緑のカーテン」

 ここ10年ほど、ゴーヤーの「緑のカーテンづくり」に取り組んでいる。最初の頃は、苗が枯れてしまったりなかなか大きくならなかったり、途中で葉が黄色くなったりで失敗もあったが、最近はいつも見事な「緑のカーテン」になっている。

 今年も結構立派な「緑のカーテン」になった。もう屋根の庇に届きそうだ。天井に潜り込んでは上手くないので、上に伸びすぎた茎は切った。

 ゴーヤーの実も沢山なっている。緑のカーテンにするためには実は成らさない方がいいということを聞いたことがあるが、我が家のは実を成らしても十分「緑のカーテン」になっている。栄養もあるそうで、ジュースにしたり妻に料理に使ってもらおうと思っている。

 部屋の中から見ると、「緑のカーテン」は実に涼しそうだ。目で見ての効果もあるかも知れない。真昼はだめだが、朝夕はガラス戸を開けておくと涼しい風が吹き込んで気持ちがいい。

 まもなく梅雨明け、暑い日蒸し暑い日が続くだろうが、出来るだけ冷房の設定温度を高くして過ごすようにしたい。我が家の「緑のカーテン」も地球温暖化防止にほんのちょっとでも役に立っているだろうか。

2019年6月27日 (木)

定年後の暮らしは映画三昧 「長いお別れ」を観る

 めったにないことだが、映画半分も観ないうちに停電になった。すぐに非常灯がついて真っ暗にはならなくてよかった。しばらく待ったが、結局係員の誘導で映画館の外へ、映画館があるショッピングセンターの建物を出ると入口近くに大勢の人が戸惑ったようにたむろしていた。これは大事だ。停電は、2時間ほどで復旧したようだが、私は結局映画は観られなかった。
 その次の日に観に行けたのは、定年後の暮らしの特権か。入場料の払い戻しを受けて、改めて入場券購入、今度は全映画を楽しむことが出来た。

 映画は、認知症の父を巡っての家族のお話。扱っている内容は、現代的で色々難しい問題だが、映画には悪い人が一人も出てこず、安心して見ていられる映画だった。父を演ずる山崎努、母の松原智恵子、姉の竹内結子、次女の蒼井優、みんないい演技でよかった。
 認知症の介護は経験したことがあるし、どこにでもあるお話のようで、違和感なく観ていられた。父親がつぶやく「遠いんだよ・・・」という言葉は、もしかしたら認知症を的確に表しているのかも知れない。認知症が進む父親と、次女それに不登校の孫が気持ちを交わせることが出来る場面は感動的だ。「だいじょうぶ。記憶は消えても、愛は消えない。」

・・・いい映画はいい。大げさに言うと生きていてよかったと思う一時だ。

「長いお別れ」
製作年/2019年 製作国/日本 配給/アスミック・エース 上映時間/127分
スタッフ;監督/中野量太 原作/中島京子 脚本/中野量太 大野敏哉 エグゼクティブプロデューサー/豊島雅郎
キャスト;蒼井優/東芙美 竹内結子/今村麻里 松原智恵子/東曜子 山崎努/東昇平 北村有起哉/今村新

2019年6月22日 (土)

葛飾柴又散策 三井記念美術館

<勧学院第25期生同窓会「輝きの会」令和元年第1回の活動は、寅さんの「葛飾柴又」、そしてめったに行くことのない「三井記念美術館」への日帰り旅行でした。>

  寅さん映画を私は何度観たことでしょう。映画で観たり、レンタルビデオで観たり、今もBSのどこかのチャンネルで放映しています。その寅さんがふらりと帰って来て、いつも騒動を起こす団子屋「くるまや」がある葛飾柴又へ行ってきました。Dsc_01020

 まず柴又帝釈天題経寺へ、その後門前の商店街を歩きました。とらやさんでは草だんごを買い、少し行儀が悪いですが食べながら京成金町線柴又駅までぶらぶら散策。寅さん記念館に入り、男はつらいよの世界を楽しみました。隣の山田洋次ミュージアムでは、山田洋次監督の懐かしい映画(これらもほとんど観たかな)に関する展示もありました。その後、記念館の後ろにある矢切の渡しを眺めてバスに乗車したのでした。

Dsc_01090 「三井記念美術館」は、めったに行くことのない美術館ですが、今回の見学先となりました。折しも、「円覚寺の至宝-鎌倉禅林の美-」の特別展が開催されており、沢山の重要文化財の彫刻とか絵画書跡などを見ることが出来ました。またこの美術館がある三井本館の建物自体が昭和初期の日本を代表する重厚な洋風建築として国の重要文化財に指定されているのだそうです。

 昼食は、東武ホテルレバント東京のヴェルデュールでバイキング、美味しかった。

 いつものように気のおけない仲間と楽しい一日、満足満足の日帰りの旅でした。

2019年6月18日 (火)

山梨百名山「蛾ヶ岳」に登る

<いつもの気のおけない仲間との楽しい山歩き、今回は四尾連湖から蛾ヶ岳(ひるがたけ)へ山歩きでした。>

【 歩 い た 日 】 令和元年6月14日(金)
【コースと時間】 四尾連湖水明荘駐車場-蛾ヶ岳登山口9:10-9:35大畠山肩9:40-10:20西肩峠10:25-10:40蛾ヶ岳11:20-12:20大畠山12:25-12:40四尾連峠-13:00四尾連湖水明荘駐車場
【 参考にした資料 】
 「 新版 アタック 山梨百名山 」 山梨メープルクラブ 平成22年4月 山梨日々新聞社 
 「 1:25,000地形図 市川大門」 平成8年10月 国土地理院
 「 甲斐の山山 」 小林経雄 平成4年3月 新ハイキング社Imgp63455

 

 足馴らしの意を込めて、みんなで四尾連湖畔の水明荘まで駐車料を払いに行きました。一台一日400円也。水明荘前で、誰もいない静かな四尾連湖を眺め、駐車場へ戻りました。支度をして、駐車場すぐにある、蛾ヶ岳登山口から登り始めました。

  最初の30分が厳しい登りですが、登山道は稲妻形に上っていて余り疲れを感じず大畠山(おおばたけやま)肩へ着きました。ここで一休み。Imgp63290

 ここから先は、展望はあまりないけれどもほとんどが快適な平坦な道尾根歩き、よく地元で整備して下さっている山道を楽しく歩きました。Imgp63240

  西肩峠からの最後の登り15分のコースタイムを13分で登り、私たちもまだまだ元気だねと話しました。頂上(1279.6m)からは、先ほどの四尾連湖が眼下に目ん玉のように見えていました。富士山も全体は雲に隠れていましたが、頂上付近が少し眺めることが出来ました。振り返ると、八ヶ岳も雲の上に浮かんでいました

 下りは大畠山肩から先に進み、大畠山(1117.6m)に登り、四尾連峠を廻って四尾連湖に下りてきました。


  5年前に登った蛾ヶ岳(平成26年8月23日の記事)
               → 山梨百名山「蛾ヶ岳」 西肩峠 四尾連峠

2019年6月15日 (土)

アクセスカウンター99,999 そして10万を達成

Imgp592800_1 今日の昼過ぎ、このページの左上に設置している私のブログ「山と山の花」のアクセスカウンターが、「99999」という「9」の5桁並びの数字を示しました。
 この面白い記念すべきアクセスはどなただったでしょうか。記念品をお渡ししたいぐらいです。

 Imgp24720そしてその後、このブログのカウンターが10万の数字をクリアしました。平成14年にこのブログを書き始め、17年半で閲覧者10万を達成したことになりました。(書いた記事数も、ちょうど1,100件を超えたところです。)Senjyo004

 これもいつもご覧いただいているみなさまのお陰で、厚く感謝申し上げます。
 これからも立ち止まらずせっせと記事を書いていこうと思っています。どうかどうか引き続きよろしくお願いいたします。

     写真右上;ピンクバラ(花言葉;感謝)我が家の庭で 2019/5/8撮影
     写真左 ;  甲斐駒ヶ岳(仙丈ヶ岳から)2017/10/1撮影
     写真右下;高嶺に咲く花(仙丈ヶ岳)2013/8/5撮影

2019年6月11日 (火)

庭の花を撮る 「百合の花園」

 「クリスマスローズの花園」「オダマキの花園」「バラの花園」「紫陽花の花園」に続き、今日の”庭の花を撮る”は「百合の花園」。

 ユリは、風が吹くと花が揺れるところから”揺すり”といわれ、それから「ユリ(百合)」と名付けられたそうだ。花言葉は「無垢」「 純粋」、黄色の百合は「陽気」。色によって花言葉もちがうとか。

 撮影カメラ ; PENTAX K-7
         レンズ ; SMCPENTAX-DA 18-55mmAL
                SMCPENTAX-DA 55-300mmED

Imgp62870

Imgp62490

Imgp62540

Imgp62850

Imgp62780

Imgp62600

Imgp62610

Imgp62800

Imgp62450

Imgp62830

2019年6月 8日 (土)

庭の花を撮る「紫陽花の花園」

 「クリスマスローズの花園」「オダマキの花園」「バラの花園」と、我が家の庭に豪華に可憐に咲く花を紹介してきましたが、今回は「紫陽花の花園」。
 ”「庭の花を撮る」-ありきたりの花が多いのだけれど・・・わが家の庭に咲く花々-” の記事を今まで226件とずいぶん沢山アップしてきているのですが、不思議にアジサイの記事をアップするのは今回が初めてなのです。
 薔薇の花と同様、アジサイが今年はいつもの年より見事に花開き綺麗に、沢山の種類が咲いています。まさに「紫陽花の花園」です。
 何よりもこんなに素晴らしい花を咲かせる一本一本のアジサイたちに感謝。そして、一年中アジサイの世話をせっせとするわが妻にも感謝です。

Imgp62130

Imgp62150

Imgp62080

Imgp62100

Imgp62180

Imgp62220

Imgp62250

Imgp62300

Imgp62330

Imgp62420

「アジサイ」
学名;Hydrangea/科・属名;アジサイ(ユキノシタ)科アジサイ属/原産地;日本、中国、台湾、北アメリカ/別名;ホンアジサイ、 セイヨウアジサイ、七変化(シチヘンゲ)、八仙花(ハッセンカ)
花言葉;浮気、移り気、辛抱強い愛、乙女の愛

撮影カメラ ; PENTAX K-7  レンズ ; SMCPENTAX-DA 18-55mmAL

2019年6月 1日 (土)

甲府城二の堀跡に新青沼橋架かる こんなところに甲府城お堀跡(その20)

<日本百名城に数えられる「甲府城(舞鶴城)」には、お堀が鍛冶曲輪の南、遊亀橋両側に残存する。これが内堀の一部で甲府城で残っている唯一のお堀らしいお堀である。 甲府城には一の堀(内堀)、二の堀、三の堀があったが、そのほとんどが埋め立てられ当時の様子を知ることは出来ない。それでも、普段よく行っている場所、よく通っている道路の脇など思いがけないところに、川になったり、ちょっとした溝、側溝になったり、また暗渠になったりで、甲府城のお堀跡が市内各地に残っている。>

 以前、甲府城二の堀跡で紹介した堀(*)に新しい橋が架かっている。甲府駅脇の信玄公像前の道路を300mばかり西方向に進むと突き当たりに広い駐車場がある。Imgp56240 今その駐車場を斜め左に突っ切り、横沢通り方面に向けて新しい道路がつくられている。この道路が出来上がると、横沢通りから甲府駅に行くのにずいぶん便利になるだろう。(もっとも横沢通りのJR中央線ガードは長い間、工事で交通止めになっていて開通が何時になることやら。)

Imgp56250  その新しい道路が二の堀跡を越える橋が「新青沼橋」だ。もう真新しい銘板が取り付けられている。この工事で、この辺りの二の堀跡は、前に紹介したときとは(*)ずいぶん変わってしまっている。

 これまでの時代の流れの中で、残っていた甲府城のお堀跡も姿を変えて来たのだろうし、これからもさらに変わっていくだろう。仕方がないという気持ちもあるが、何か寂しい気持ちがする。せめて甲府城お堀跡とかの説明板でも設置されるとうれしいのだが。

 

写真右上;西側横沢通り側から撮っている。手前から伸びている道路が写真中央で二の堀跡を渡る。そこに新青沼橋。左に見える茶色の大きな建物は最近出来た大原学園の建物。公務員志望の大勢の学生さんが勉強している。

写真左下;二の堀跡がここでクランクし北に向かう。側壁も以前とは違い新しくなっている。JR中央線の線路を潜って北へ続いている。 

(*) 「こんなところに甲府城お堀跡」(その7) 共立病院北側 二の堀跡

2019年5月30日 (木)

こんなところに甲府城お堀跡(その19)深町河岸跡付近からさらに北へ 三の堀跡

 前回紹介した深町河岸跡付近で濁川を東方向に分けた甲府城三の堀跡(*)は、北へ向かう。三日町通りの秋葉神社東の信号をさらに東に進む一方通行の狭い道を斜めに突っ切った三の堀は、さらにさらに北に進み教安寺の西の外れを通り城東通り(国道411号)を横切る。この辺りの三の堀の東側にはこの教安寺、そして尊躰寺がある。この二つのお寺も甲府城に深く関わっているが、詳細は別の機会に。

Imgp56430
<秋葉神社東の信号から50~60m東に進んだところ、一方通行の狭い道から南方向を撮っている。>

Imgp56380
<黒い扉の向こうが三の堀。城東通りへ出るところ。城東通りから南方向を撮っている。>

 三の堀跡は、今は国道411号線(以前は甲州街道、国道20号線)になった城東通りを暗渠で潜り、中銀東支店の駐車場辺りを北に向かい甲斐奈通りに出る。


Imgp56390
<中銀東支店の建物と駐車場の間を結構広い暗渠で三の堀が北に向かっている。>

 ここから先は、写真正面の扉からまっすぐ北へ工場などの西端を進み甲斐奈通りを横切ることになる。さらにその先はおそらく甲斐奈神社の東端を北上し、甲斐奈神社の北側を西に向かうのだろうがその辺りは、もうよくわからない。

 藤川の手前で西側に向かう三の堀は旧富士川小学校の南側をさらに西へ進み、甲府城下町近習町口辺りで一の堀(内堀)へ続く。

 (*)こんなところに甲府城お堀跡(その18)深町河岸跡付近から北へ進む三の堀跡

  <参考文献>「平成甲府城下町絵図」山梨県埋蔵文化財センター

2019年5月27日 (月)

ラジオライトハウス 「盲ろう児教育のあけぼの」

 地元のYBSラジオで”ラジオ ライトハウス”を放送している。視覚障害の人に生活情報などを伝えていて長く続いている番組だが、障害児教育に長く関わっていた私にも大変参考になる内容が多く、時々聞いている。
 今回はスペシャル番組として「成子と忠男~盲ろう児教育のあけぼの」と銘打った番組を放送していた。以前同じYBSラジオで、山梨県の盲学校の卒業式に匿名で毎年オルゴールを送っている人がいるという番組を聞きブログに記事(*)を書いたときに、重複障がい児の教育の先駆的な教育実践がこの山梨県立盲学校でなされたということを付け加えて放送すればいいのにとコメントを書いていたのだが、今回の放送がまさにその内容だった。

 その当時寮母さんをしていたという中島さんの話、先駆的な盲ろう児の教育に取り組んだ当時の先生方のこと、その教育の内容方法などを科学的に指導バックアップした梅津八三のこと、今元気に暮らしている成子さんのこと、そしてその頃の貴重な指導の記録のデジタル保存が今進められていることなどが取り上げられ、奥の深い素晴らしい番組であった。
 ローカル放送では、もったない内容の放送だった。前の記事(*)でも書いたが、全国ネットのどこかのラジオ局で再放送して、日本中の大勢の人が聞いてくれるといいと思ったのだった。

 (*) → ローカルラジオ局のいい番組 

2019年5月21日 (火)

続 薔薇の花園

 我が家の庭で、今年はいつもより薔薇の花が見事に花開き綺麗に咲いています。何よりもこんなに素晴らしい花を咲かせる一本一本の薔薇たちに感謝をしたいと思います。そして、夏の炎天下暑いときも、雪の降る寒い冬の日も、一年中薔薇の世話をせっせとするわが妻にも感謝。

Imgp612100

Imgp613400

Imgp612300

Imgp602900

Imgp604000

Imgp604200

Imgp612200

Imgp612000

Imgp607700

Imgp612500

( 撮影カメラ ; PENTAX K-7  レンズ ; SMCPENTAX-DA 18-55mmAL )

庭の花を撮る 薔薇の花園

 テレビや新聞で、県内あちこち綺麗なバラの花が咲いている様子を報道していますが、我が家の庭でも今バラの花が満開・・・まさに「薔薇の花園」です。道行く人が「綺麗ですね。」と声をかけてくれます。街の人たちとバラ談義がまた楽しいのです。街の美化にも役に立っているかなと思います。
 何よりもこれらの薔薇の花たちを見ていると「どうしてこんなに美しいのだろうか。」とため息が出るほどです。今年もこんなに美しく綺麗に咲いてくれてありがとう。
 今日は雨、無情の雨に花びらを散らされても、明日はまた綺麗な姿を我が家の庭一杯に披露してくれることでしょう。

Imgp614300

Imgp614200

Imgp616800

Imgp616400

Imgp616500

Imgp615900

Imgp615800

Imgp603300

Imgp604400

( 撮影カメラ ; PENTAX K-7  レンズ ; SMCPENTAX-DA 18-55mmAL )

2019年5月13日 (月)

三ガク都松本の街散策

<やまなし勧学院中北教室第27期生OBハイキングクラブ今回は、山登りではなく「鈍行列車の旅 三ガク都松本の街散策」と銘打っての小さな旅となりました。最近めったに乗ったことのない鈍行電車の中でゆっくり語り合い、また雲一つない青空の下信州松本の街をゆっくり散策しました。気がおけない仲間たちとの、何とも気持ちのよい楽しい旅となりました。>

 松本駅前から、あがたの森通りを歩き、途中左折して女鳥羽川を千歳橋で渡るとすぐ松本城でした。30分ぐらいだったでしょうか。松本城黒門前では、きれいに雪を被った北アルプスを背景に素晴らしい松本城天守を眺めることが出来ました。

Imgp59600 

 日本で国宝に指定されている城が、五つ(姫路城、彦根城、犬山城、松本城、松江城)あるそうですが、その一つがこの松本城です。天守最上階まで登りましたが、階段が狭く急で大変でした。天守は楽をしては攻略できない (^_^)。
 お城を出て出てすぐのお店「川舟」で天ぷら信州そばで昼食、美味しかった。その後、お城のすぐ後ろの開智学校へ。懐かしい学校の雰囲気にみんな大喜びでした。個人的には、特殊学級に関わる説明に大いに興味を持ちました。担任には優秀な先生を配置したという説明に納得。

Imgp60040

 その後、SNS等で有名な塩川喫茶部でクリームあんみつを食べ、小さな店の並ぶ風情ある縄手通りをゆっくり歩き松本駅に向かったのでした。

Imgp60100
 (私のブログで、食べ物をこんなにアップ撮影、載せるのは初めてです(^_^)。)

Imgp60230_1

 ほんのさわりなのかも知れませんが、「三ガク都松本」を実感した松本の街歩きでした。


 (令和元年5月10日歩く)  

2019年5月 9日 (木)

山梨百名山79座目「毛無山」

<鶏冠山などいくつかの山はとても無理だと思って、山梨100名山全部踏破はもともとあきらめていた。それでもと思いながら、登り続けてきて、今回の「毛無山」で山梨百名山79座目となった。>

【 登った山 】 山梨百名山「毛無山(1,946m)」
【 登った日 】 令和元年5月6日(月)
【 コースと時間】
 甲府5:40=中央道双葉スマートIC=中部横断道下部早川IC=下部温泉街=6:40毛無山登山口7:10-8:30山の神8:40-9:00中山金山跡-9:30第二地蔵峠9:40-11:10毛無山山頂11:20-12:30第二地蔵峠-13:00山の神13:10-14:10登山口
【 参考にした資料 】
 「 新版 アタック 山梨百名山 」 監修 山梨メーブルクラブ 平成22年4月 山梨日々新聞社 
 「 甲斐の山山 」 小林経雄 平成4年3月 新ハイキング社

Imgp58080  先頃供用開始になった下部早川ICで中部横断道を下り、狭い下部温泉街の道、湯之奥の集落を通り、毛無山登山口に着いた。ここには車5~6台駐められる駐車場がある。中山金山と毛無山の説明板を見て、登山道に入った。

 ひたすら登りの登山道を登る。去年の台風の影響か倒木が結構あり、登山道を塞いでいるところもあったが、一応通れるようにはなっていた。中山金山跡を眺めながら、第二地蔵峠に着いた。ここまでは、一度湯之奥金山博物館が主催した中山金山見学会で登ってきたことがあった。

Imgp58400_1  霧が出ていて、楽しみにしていた富士山はまったく見えなかった。ここから頂上をめざす。アップダウンが結構あり、時間がコースタイムよりも大分かかってしまった。頂上でも眺めは全くなかった。それどころか雨も少し降ってきたので、一等三角点と山頂の標柱を写真に収め早めに頂上を退散した。

*山梨百名山木標のあるここにある一等三角点は、標高1945.5mだ。毛無山には三つのピークがあって一番高いところが1,946mだそうだ。ちなみに山梨県には一等三角点は二つだそうだ。(もう一つは甲斐駒ヶ岳。)Imgp58440

 楽しみにしていた峠からの富士山、麓の朝霧高原、山頂から見えるという駿河湾や伊豆半島は、辺り一面の霧で見ることは出来なかったが、27,000歩の今までの最高歩数、静かな山歩きと山梨百名山1座ゲットで満足、満足の山行きだった。

2019年5月 3日 (金)

令和元年5月 我が家の庭で春の花が一杯

 毎年この時季、「我が家の庭で春の花が一杯」の記事を書き、写真をアップしています。「令和元年 我が家の庭で春の花が一杯」は、スズラン、オダマキ、サクラソウ、クリスマスローズ・・・。

 撮影カメラ ; PENTAX K-7  レンズ ; SMCPENTAX-DA 18-55mmAL

Imgp58041

Imgp55811

Imgp57251

Imgp57291

Imgp57951

Imgp55891

Imgp57561

Imgp57601

Imgp57460

Imgp56091 

2019年5月 2日 (木)

庭の花を撮る オダマキの花園

 わが家の庭に、オダマキのが花いっぱい咲いている。

 毎年、オダマキの花が咲き、実から種になった時、あちこち種を振りまいている。それが何となく楽しい。そんなこともあって、我が家の庭あちこちで咲いている。色々な色で、色々な形で花が咲いている。もしかしたらあちこちで交配が進んでいるのかも知れない。

 どの色も趣があっていい。♪ 一つとして同じものはないからNo.1にならなくてもいい もともと特別なonly one ♪ 

   撮影カメラ ; PENTAX K-7  レンズ ; SMCPENTAX-DA 18-55mmAL

Imgp57460

Imgp57740

Imgp57420

Imgp57911

Imgp57900

Imgp56210

Imgp55881

Imgp56181

Imgp57341

2019年4月30日 (火)

今日も峠を行く 迦葉坂を越えて

<天正10年(1582年)3月、織田信長の侵攻で武田勝頼は天目山で自害し、これで信虎、信玄、勝頼と三代続いた武田氏は滅亡した。その後、甲斐は信長の領地となるが本能寺の変で信長が亡くなると、天正壬午の乱を経て徳川家康が支配することとなる。・・・この時代、徳川家康が駿河から甲斐へ入るのに、中道往還迦葉坂を越えた。織田信長も甲斐侵攻の後この峠を越えて帰還したという。>
 
 中道往還迦葉坂を越えるのは、私は何度目になるだろうか。この日は、ちょっと肌寒い曇天の下だったが、精進湖線右左口トンネル甲府側の入口から峠道に入り、新緑美しい迦葉坂を歩き越えた。何ヶ所か道が崩壊し、歩くのに厳しいところがあるにはあったが、全体的にはつづら折りに登る峠道はとても登りやすかった。

 あちこちに馬頭観音や千手観音などがあり、往時を偲ばせる。多いところでは、10mも歩くと次の石仏があった。これほど石仏の多いのは、いにしえの多くの人々が歩き越え、しかも登り下りがとても辛い峠道だった証拠だ。

 以前この時季に歩いた時には、フデリンドウやカタクリ、イカリソウがいっぱい花開いていたのに、今回は残念ながら見られなかったのが残念だった。


<峠道に入って始めてあった馬頭観音像>
Imgp56530

<峠道脇にはヒトリシズカがいっぱい咲いていた>
Imgp56610

<千手観音像もある>
Imgp56750

<多くのいにしえ人が越えた迦葉坂の峠 この右側には徳川家康が休んだ東屋があったという平地がある>
Imgp56940

<峠の両側ちょと高いところには石の祠があった>
Imgp56980

<峠道は所々石畳になっている 脇には苔むした石垣がある>
Imgp57150

<峠を越えて下りきった道には、ウツギが咲いていた>
Imgp57180

 

 (まもなく平成が終わる 平成31年4月27日土曜日歩く)

2019年4月29日 (月)

こんなところに甲府城お堀跡(その18) 深町河岸跡付近から北へ向かう三の堀跡

<日本百名城に数えられる「甲府城(舞鶴城)」には、お堀が鍛冶曲輪の南、遊亀橋両側に残存する。これが内堀の一部で甲府城で残っている唯一のお堀らしいお堀である。甲府城には一の堀(内堀)、二の堀、三の堀があったが、そのほとんどが埋め立てられ当時の様子を知ることは出来ない。それでも、普段よく行っている場所、よく通っている道路の脇など思いがけないところに、川になったり、ちょっとした溝、側溝になったり、また暗渠になったりで、甲府城のお堀跡が市内各地に残っている。>

 山梨学院大学の広いキャンパス南側に新しい広い道路が東西に走っている。和戸通り東部市民センター交差点から、西に延びる城東バイパス(都市計画道路和戸町竜王線)だ。この道路が身延線を高架で越え朝気一北の交差点を過ぎ100mばかり進むと、濁川沿いの狭い一方通行の道路になってしまう。この道路が更に西進し連雀通りとなり市街中心部に向かうのである。知る人ぞ知る渋滞道路を避ける抜け道だ。今、この辺り、城東バイパスを中央四丁目交差点、平和通り相生交差点につなげる工事の真っ最中である。この辺りの濁川、三の堀の景観もまた大きく変わっていくだろう。(現にもう濁川沿いにあった笠森稲荷大神社は、近くに移転してしまった。)

 さて、城東バイパスが濁川沿いの狭い一方通行の道路になって、300mばかり西に進むと左にクランクした濁川に架かった橋を渡る。この辺りが濁川深町河岸跡である。ここの橋を渡ったところ右側を北に向かう狭い道路がある。その脇に甲府城三の堀跡がある。もうお堀というより側溝といった方が当たっている。若松町辺りから何度かクランクし北に進んできた三の堀がここにつながるのである。この堀跡は、このまま北に進み教安寺の西の外れを通り城東通りを暗渠で潜り、中銀東支店の駐車場辺りを北に向かうのである。

Imgp56290
<濁川から分かれ、北へ向かう三の堀跡。遠くに見えるのは愛宕山だ。橋のたもとで北方向を撮っている。>

Imgp56320
<小橋南からやはり北方向を撮っている。三の堀が橋の下を通って右側へ進み、濁川になる。三の堀は、橋左側をまっすぐ向こうへ行く道路の脇の側溝となっている。>

Imgp56310
<深町河岸跡付近で三の堀から分かれ、東に向かう濁川。都市計画道路和戸町竜王線の工事が始まっている。河を渡る古い小さな橋が沢山連なっていて生活感一杯だったが、この辺りももうすぐ一変する。>

 <参考文献> 「平成甲府城下町絵図」 山梨県埋蔵文化財センター

2019年4月19日 (金)

甲府和田峠のイチリンソウ 千代田湖白山のイワカガミ 

 甲府和田峠を市内から上って行って、頂上までのちょうど中間辺り、車道が大きく左へ曲がるところに車が2台ほど駐められる広場があります。ここから小松山へ向かう山道を20~30m入ったところの小谷沿いにイチリンソウの群生地があります。山道沿いに一面イチリンソウが咲いています。

Imgp55590

Imgp55610

Imgp55530

 イチリンソウ群生地のちょっと手前には、ホタルカズラが咲いていました。これは私は始めて意識して見た花です。ちょっとどぎつ過ぎる青ですが綺麗です。
 (『湯村山の花~2008~』【輿石恒彦・睦子 武田の杜管理事務所 2009年11月発行】に次のような記述があります。「・・・日当たりの良い草地や林縁に生える多年草で・・・つるで横にはって広がり、花茎は立ち上がって10~15㎝ほどになります。・・・花の色を蛍の光に例えたのが名の由来です。」)

Imgp55510

Imgp55490

 イカリソウは、この近辺の山あちこちに咲いています。花の最盛期は若干過ぎているかも知れません。

Imgp55780

Imgp55790

 平日でも釣り客で賑やかな千代田湖畔からわずかに登ったところに、こんなに可愛いイワカガミが密かに咲いているとは。湖畔の広場に車を駐めて白山に登り始めてすぐイワカガミの群生地があります。
 先日来たときは咲き始めでしたが、今日は満開でした。今日も思ったのですが、無意識に通ると見落とすのではないでしょうか。あまり目立たないのです。眼を凝らして辺りを見渡すとイワカガミがいっぱい咲いているのに気づきます。
 (『湯村山の花~2008~』の記述から 「・・・低い山地に生育しているものをヤマイワカガミといいます。特に山梨県には千代田湖付近、桂川、富士川流域等に多く生育しているところからカイイワガガミと呼ばれています。・・・)

Imgp55300

Imgp55410

Imgp55420

 

2019年4月12日 (金)

今日も峠を行く 芦川北陵「桜峠」

<「桜峠」という峠は、全国にいっぱい、山梨県内にも何ヶ所かあるようだ。櫛形山の池の茶屋小屋から登ったところの桜峠は実際私も登ったし、山梨市の八幡山の近くにもあるとのこと。今回私が登った「桜峠」は、市川三郷町の大塚、みたまの湯の南の山の尾根、芦川北陵にある峠だ。もう、何回登っただろうか。>

【 歩 い た 日 】 平成31年4月9日(火)
【コースと時間】 歌舞伎公園駐車場9:30-9:35「山の先生・丹沢正作」記念公園-10:00作業小屋-10:05池-10:20竜ノ口坂峠-10:45浅間山三角点(593.9m)-10:50林道桜峠-10:55桜の丘・桜峠12:00-峠北側に峠道を下る-12:10林道を横切る-旧地形図破線の小尾根を下る-12:15石仏-12:25林道-12:28反対側の小尾根で石仏2体を見る-再び林道へ-林道広場-林道を下る-12:45林道ゲート-農道-みたまの湯西側坂道を下る-13:30歌舞伎公園駐車場

<歌舞伎公園から さあ桜峠へ>
 歌舞伎公園駐車場に車を駐め、広域農道を10mも西に歩くと、「山の先生」記念公園への入口がある。舗装された坂道を50~60m登っていくと藁葺きの小屋があり記念碑が建っている。碑文を読む。この「山の先生・丹沢正作」も大変興味を引く人物で、何時か詳しく調べたいと思っている。宿題だ。

Imgp53480

<『甲斐国志』にある「滝ノ口坂」>
 この公園からすぐ山道に入る。地形図の破線の道だ。以前登った時と同様、枯れ落ち葉に埋まった山道が続く。山道脇に、可愛いスミレ、フデリンドウ、ヒトリシズカが咲いていた。

Imgp53560

Imgp53610

Imgp54090

『甲斐国志』に【竜ノ口坂(タツノクチサカ)】 「大塚村ノ西ニアリ 此ノ下ニ 三丁六段歩許リノ池アリ・・・」とある池に、今回も山道から下ってみた。直径50~60mぐらいの池だが、水は中心部分に水たまりのようにあるだけだった。竜ノ口坂と思われる峠状のところを通り過ごし、進む。

<浅間山三角点>
 昔、畑だったという広い尾根に登り着く。以前ここを歩いた時は、一面ヨシの原で道などわからない時もあったが、今回はもう遊歩道という感じで巾2m位の平らな道が続いていた。眺めもよくなり、浅間山三角点(593.9m)もすぐ見つかった。

Imgp53770

ここの北側の森が、私が小さい頃麓(旧中巨摩郡玉穂村)から眺めたとき、ライオンや猫のように見えたところだ。今は、何にも見えない、山の上の森にしか見えない。

<桜峠の桜>
 三角点からは下りになり、まもなく林道桜峠だ。みたまの湯から車だったら15分もあれば着いてしまうが、今果たしてここまで走れるかどうかは不明。私がここへ来た始めの頃からあったトイレのようなプレハブの建物の裏の坂道を登る。さあ、桜はどうだろうか、期待が高まる・・・ああ、桜が咲いている。期待したとおりだ。
 私はまた静かに桜の丘の桜を愛でることが出来た。しばらく桜の写真を撮り、正真正銘の桜峠まで下ったりその辺りを歩き回った。うれしいことにホームページ”峠の向こうに”の作者千田さんが設置した木の標が大分朽ちていたがまだ残っていた。峠の石の祠も元通りに鎮座していた。

Imgp54020


 桜の丘に戻り、桜の下で、おにぎりを食べゆっくり休憩する。至福の時だ。桜の花びらが風に吹かれて、芦川の谷の方へ舞い散っていく。桜の花の向こうには、富士山が頭をちょっと覗かせていた。西の方には雪を被って真っ白な南アルプスの山が見えた。

Imgp53880

Imgp54370

Imgp53900

Imgp54530

Imgp54340

Imgp54350

Imgp53950

<桜峠から昔の峠道を下る>
 今日の目的の桜峠の桜を十分楽しみ、下りに向かう。桜峠を北西へ下りすぐ石仏を見、林道を横切り、以前下ったことのある小尾根に入る。尾根筋にはかすかに踏み跡がある。そしてすぐ右下をもう廃道になったような古い道が尾根と並行して下っている。木々に行く手を阻まれることも多いが、何とか踏み跡を辿りながら下ったところでまた石仏を見る。「 天明・・・二月吉日」と読める。

Imgp54620

ほとんど人が通らない廃道の峠道を下っている私を見守ってくれていらっしゃる石仏さんに感謝、手を合わせる。踏み跡薄い峠道に、思いがけずシュンランが咲いていて写真に撮った。

Imgp54640

 小尾根からいったん林道に下り、反対側に上った尾根(小丘)に2体の石仏を見る。昔の峠道にあったものか、ごく新しいものなのかわからないが、こんなところにも石仏があるのだ。
 2体の石仏を見てすぐまた林道へ下る。少し先の林道脇の広場(土砂置き場)からさらに旧道(破線の道)を下ろうとしたが、ちょっと進んだところで踏み跡もなくなったので、無理をせず林道を下ることにした。

<甲府盆地の眺め>
 ちょうど桜峠林道が始まる地点に、獣除けのゲートが設置されている。ここから先はもう畑で、桃の花の向こうに甲府盆地の眺めが素晴らしい。みたまの湯へ行く林道から右へ外れ、ゆったりとした気持ちで、広がる畑の中の舗装された農道を下った。途中ここでも桜が咲いていて、桜の向こうに北岳が雪を被り、鳳凰三山が見事に眺められた。広域農道へ下り着いた。

Imgp54750

 広域農道を20分ほど歩き、歌舞伎公園到着。

<満足満足の桜峠の花見>
 歌舞伎公園から登り、浅間山を経て、桜峠へ、桜峠から古い峠道を下った。今日も桜峠の見事な桜をみることができ、満足満足であった。


 こちらも是非お読み下さい
     →  桜の花びら舞う桜峠へ (平成22年4月13日の記事)

2019年4月10日 (水)

甲府城追手橋の擬宝珠

 山梨県立博物館で開催されている「県都甲府の500年」展を見に出かけた。甲府城が今年2月26日に国史跡に指定されたこともあり、特に甲府城関係の展示に注目して見学した。
 その中でも特に私が注目したのが、甲府城追手橋の擬宝珠である。以前、仕事でも趣味のアマチュア無線でも大先輩である沼上順治氏から「お城の橋の擬宝珠を作ったのは私の祖先だ。」と聞いたことがあったからである。
 その実物を見たが、結構重量感があり思っていたよりより大きいものであった。多分常に磨き保管してあったのだろう、真鍮色に輝いていた。この擬宝珠がついた橋を、大勢の武士たちが渡り登下城したのだろう。また時代が流れて、城内にあった甲府中学校(現在の甲府一高)の学生たちが渡って通学していたのだ。
 作者は沼上源蔵藤原巻次で、作られたのは宝永7(1710)年とあった。2点が甲府一高、1点が県立考古博物館に保管されているという。
 最近は、写真撮影可能の美術館博物館など増えているので、係の方に撮影可能かと聞いたが、不可ということで残念。ま、実物を見たのだからよしとした。

2019年4月 9日 (火)

千代田湖のイワカガミとヒカゲツツジ

 甲府千代田湖の湖畔から白山へ登る山道にイワカガミがいっぱ咲く場所がある。車が頻繁に通る湖畔の舗装道路からわずか10m20m登った、え~こんなところにというところだ。
 だが、普通に無意識に登っているときっと見落とすだろうと思う。注意して見まわすとあちこちに咲いているのを見つけることが出来る。今回は時期的には少々早く、イワカガミの咲き始めという感じだった。

Imgp55100  

Imgp55110

Imgp55190

Imgp55200

 同じ場所にヒカゲツツジがわずかだが咲いている。こちらもよく見まわさないと見落とす。ヒカゲツツジの木は結構沢山あるようだから、何時の日かもっともっと沢山のヒカゲツツジの花々を見ることが出来るかもしれない。

Imgp55240

Imgp55260

Imgp55270

2019年4月 1日 (月)

こんなところにカタクリの花

 甲府千代田湖から和田峠をちょっと下ったところに、カタクリの群生地があります。こんなところにカタクリの花が咲いていると思うようなところです。甲府市街へ下る広いアスファルト道左側の小さい沢のほとりと、その道路を挟んで反対側の側壁の上の山の中です。
 この説明では、場所はどこかよくわからないかもしれませんが、それでいいと思います。地元の人に聞いたり自分で苦労して探して見つけるのがいいのです。花への愛おしさが増すのです。群生地には、「花を盗らないでください 荒らさないでください」と看板が立っていました。
 道路の側壁山の上の場所は地元の人に教えてもらったところですが、今日は二輪咲いているのを見つけました。その辺りにはカタクリの葉っぱがいっぱい。今のところ葉っぱだけですが、この先何年か後には、ここにもカタクリの花がいっぱい咲くだろうと楽しみになったのでした。

Katakuri010

Katakuri002

Katakuri003

Katakuri004

Katakuri006

 下の写真が、道路反対側側壁の上の山の中に咲いていたカタクリ二輪の内の一輪。何年か後にはこんなカタクリの花がこの辺りいっぱい咲くのが楽しみです。

Katakuri001

 こちらも是非ご覧を! → 春の妖精「カタクリ」のこと  (平成29年4月27日の記事)

2019年3月27日 (水)

甲府城の桜 3月27日

 今日、甲府の桜開花のニュースがありました。風もなく穏やかな天気で、甲府城にはお城見学のお客さんに加えて、花見のお客さんもいっぱいで大賑わいでした。

 甲府城のコヒガンザクラは今正に満開です。桜の木の下にシートを敷いて桜見物の人たちが楽しそうでした。

Dsc_00640

Dsc_00610_1

 ソメイヨシノの花も咲き始めています。木によってはもう満開に近い木もありました。

Imgp52580

Imgp52520

 カワヅザクラも野面積みの石垣をバックに満開です。

Dsc_00720

Dsc_00750

 稲荷櫓をバックにシダレザクラも満開です。

Dsc_00680

 

 

2019年3月25日 (月)

湯村山の「シュンラン」を撮る

 知り合いが、ファイスブックに湯村山で撮ったシュンランの写真を載せていました。私も以前湯村山でシュンランを見たことがあり、前々からシュンランの写真を撮ってみたいと思っていたのですが、今日思い立って念願のシュンランの写真を撮りに出かけました。

 湯村山といっても、湯村山乗越からしばらく八王子山方向へ登ったところで見た記憶があり、そちらに向かいました。辺りをしっかり見渡しながら歩いたのですが見つからないのです。530m峰を過ぎ、鳥獣センターへの分かれ道まで行ってしまいました。これは場所が違うのかな、もしかしたら時季も違うのかなと思いながら、引き返しました。巻き道などが何ヶ所かありますので、行きに通らなかった山道を通るようにしました。

 見つけたのです、530m峰の北斜面辺り、道から1メートルくらい離れたところに。思わず「あった!」と叫んでしまいました。写真を数枚撮り、その辺りを見渡すと、なんといっぱいシュンランが咲いているのです。慣れた目に次々とシュンランの花が見えてきました。シュンランの花の写真を撮りまくりました。

 その後、山を下りましたが、慣れた目でよく見ると所々シュンランの花を見つけました。結構湯村山のかなり麓の山道脇にも咲いていました。沢山のシュンランの花の写真を撮ることが出来、よかったと思いました。

Imgp51893

Imgp51912

Imgp52024

Imgp52046

Imgp52281

Imgp52385

「湯村山の花~2008~」(輿石恒彦・睦子 武田の杜管理事務所 2009年11月発行)に次のような記述があります。
「シュンラン」(ラン科シュンラン属)/春の訪れを告げる多年草の野生ランです。湯村山には至る所にあり、淡黄緑色の花がひっそりと咲くその姿は見るものの心を捉えます。花の塩漬けはお湯をさして、桜湯のようにめでたい席で用いられます。

2019年3月21日 (木)

里山「上の平山」「 ミソコボシ峠」を歩く

【 歩 い た 日 】 平成31年3月14日(木)
【コースと時間】 宮原スポーツ広場9:00-9:35上の平山三角点9:45-9:50山神祠-10:05ミソコボシ峠10:10-10:17アズマイチゲ群生地-10:25里山さんぽ道入口-10:37スポーツ広場
【 参考にした資料 】
  大人が楽しむ”里山づくり”の仲間「 山路会ホームページ」
    「 1:25,000地形図 切石」 平成11年1月 国土地理院

 中部横断道六郷ICを下り、右へ行くと国道52号線につながるのですが、今日の目的地宮原は左へ行きます。すぐの集落が宮原です。いつものようにスポーツ広場に車を駐めさせてもらいました。宮原の集落の中の道を行くとすぐ、里山上の平山(「うえんてえら」と地元ではいうそうです)の入口です。

 山道を2~3分登ったところから、もうミスミソウが咲いているはずなのですが、今日は見つかりません。あちこち眼を凝らしながら登ったのですが、ミスミソウは結局見つかりませんでした。かなり上方まで登ったところに、ミスミソウの葉っぱと萎んだ花の跡があっただけでした。ミスミソウはもう完全に終わっていたのです。

Imgp50882_1

 更に上を目指し登ります。途中峨ヶ岳がよく眺められる場所を通り過ごし、間もなく頂上、ここは昔畑だった場所です。富士山がちょっぴり頭を覗かせていました。枯れ草に埋もれた三角点(386.9m)を確認し、今まで歩いたことのない西方向に広い尾根道を、この先にあるという峠に向かいます。

 所々道跡がはっきりしないところがありましたが、途中山の神の祠を経て峠へ着きました。この峠「ミソコボシ峠」は、宮原から三沢へ抜ける峠だったそうです。この下を中部横断道のトンネルが抜けています。六郷インターがすぐそこに見下ろせました。

Imgp51086_2

Imgp50934

 峠を宮原に向かって下りました。途中アズマイチゲの群生地がありましたが、花は開らいていませんでした。もう少し時間が経つと開くのでしょうか。満開の時に来てみたいものだと思いました。アスファルトの道に下り立つと、宮原の集落はすぐそこでした。

 Imgp51221_1

 ミスミソウの写真が撮れず、少し残念でしたが、ゆっくりの里山歩き、峠歩きで十分満足でした。

 

* 先日、ココログが会社の方で、メンテナンス、リニューアルをしたのですが、ブログの写真の挿入の仕方や記事の書き方、アップの仕方などが今までと方法がかなり変わり、この記事もうまく書けずスムーズにアップできませんでした。もしかしたらどこか不都合があるかも知れません。ご容赦の程を。

2019年3月16日 (土)

庭の花を撮る 「クリスマスローズ」

 今年も我が家の庭で、今クリスマスローズが満開です。クリスマスローズというからには、クリスマスの頃咲くと思いきや、今の時季に咲くのです。もっとも、本来のクリスマスローズは、へレポラス・ニゲルという種類で、文字通り12~2月に咲くそうです。
 白、ピンク、紫・・・一重、八重・・・色々な種類があります。下を向いて咲く花が多く、写真に撮るのが難しいです。

Imgp51337

Imgp51404

Imgp51383

Imgp51462

Imgp51431


Imgp51325


「クリスマスローズ」
 学名;Helleborus × hybridus/キンポウゲ科クリスマスローズ属(ヘレボルス属)/原産地;南欧から西アジア/花言葉;「追憶」「私を忘れないで」

2019年3月10日 (日)

甲府城から 華光院の太子堂

 山梨県立考古博物館主催の史跡文化財セミナーに参加した。今回は、こうふ開府500年にちなんで「武田城下町を歩く」だった。甲府城に絡みながら、歩いたところを順次まとめていきたい。まず最初は、華光院(けこういん)の太子堂。Imgp50281_2

 華光院は、武田信虎が荒神山(今愛宕山の仏舎利塔がある辺り)に創建したものを、信玄が現在地に移したものだといわれている。

 境内にある太子堂は、元々甲府城本丸にあった毘沙門堂を、亨保9年(1724年)柳沢吉里が大和郡山Imgp50352に転封された後、亨保17年に移築したものだという。

 太子堂へ上る石段の脇にある説明板には、「・・・甲府城に関係した建物の中で、現存する唯一の建物です。・・・」とあった。

 境内から、甲府武田城下町愛宕町の街並みの向こうに南アルプス甲斐駒鳳凰の眺めが素晴らしかった。いいところに華光院太子堂は建てられているのだ。


<参考資料>
「平成 武田城下町絵図」 山梨県埋蔵文化財センター
華光院からいただいた資料 「華光院略縁起」
フリー百科事典『ウィキペディア』 「甲府城」

2019年3月 2日 (土)

3月2日畑熊のミスミソウ

 いつものように芦川に架かる橋を渡り、畑熊の集落に通ずる舗装の急坂をひとり登っていくと、賑やかな声が聞こえてきて、はてと周りを見渡した。上から若い男女数人が下ってくる。
 「花はどうでした」と聞くと、「いい写真がいっぱい撮れましたよ。」と楽しそうな若者たちの様子に、畑熊のミスミソウへの期待がぐーんと高まった。

 小さい沢を渡ると県で建てたミスミソウの看板がある。滑りそうな落葉が積み重なった階段を登るとジグザグの山道になり、もうその辺りからミスミソウが咲いていてうれしくなった。
 薄暗い林に入るとあちこちにミスミソウが咲いている。よく見渡さないとあちこちに咲いているミスミソウを見落とすので注意。

    撮影カメラ ; PENTAX K-7
         レンズ ;  SMCPENTAX-DA 18-55mmAL
    
               SMCPENTAX-DA  55-300mmED
                          smc PENTAX-M MACRO 100mm 

Imgp49311

Imgp49202

Imgp49173

Imgp49664

Imgp49325

Imgp49126

Imgp49689

2019年2月24日 (日)

とうとう終わる「歌の日曜散歩」

 とうとう「歌の日曜散歩」が終わるという。鎌田さん坪郷さんさんがやっていた頃からずっと聞いていて、お二人がやめてから一時聞かなくなっていたが、何年か前から杉原さんと石山さんが担当するようになってまた聞き始めていた。
 毎回懐かしいいい歌が流れ、杉原さんと石山さんも優しく暖かく落ち着いた話しっぷりで、私は「かまつぼ商店」再来かと喜んで聞いていたのに残念で仕方がない。

 ラジオを友に生きている私にとって、長く楽しく聞いてきた「かんさい土曜ほっとタイム」も終わるようだし、NHKラジオ第一がだんだん遠くへ行ってしまうような気がして寂しいことこの上ない。何故終わりにするのか、腹立たしさえ感じる。NHKはどこに向かっているのだろうか。

 4月から大幅に変わった番組編成になるような気がする。タレントなどを起用したやたら騒々しい聞き苦しい番組(以前そんな番組があった。今もあるか。)でなく、落ち着いてしっとり聞ける静かで楽しい番組が増えるよう願ってやまないのだ。


 「歌の日曜散歩」は楽しかった

  < かまつぼ商店再来か「歌の日曜散歩」

  < NHK第一 元に戻して!  >

   < 歌の日曜散歩 5 え~ 「歌の日曜散歩」が終わる?

  < 歌の日曜散歩 4 石和スコレーセンター 

  < 歌の日曜散歩 3 増穂文化会館

  < 歌の日曜散歩 2 甲府銀座通り

  < 歌の日曜散歩 1 甲府銀座通り

2019年2月23日 (土)

2月23日芦川古宿の「セツブンソウ」

 セツブンソウの花を撮るようになって4年目になる。今日午後穏やかな天気に誘われ他に用事もなく、芦川沿い古宿(”ふるやど”と読むらしい)へ出かけセツブンソウの花の写真を撮ってきた。

 ちょうど時季もよく、あたり一面セツブンソウが咲き乱れていてうれしかった。道端にもいっぱい咲いていて、踏まないように気を付けながら思う存分撮影できた。

 撮影カメラ ; PENTAX K-7
         レンズ ;  SMCPENTAX-DA 18-55mmAL
    
               SMCPENTAX-DA  55-300mmED
                          smc PENTAX-M MACRO 100mm 

Imgp48561

Imgp48451

Imgp48151

Imgp48581

Imgp48541_2

Imgp48791

Imgp48201

Imgp48821

Imgp48621

2019年2月22日 (金)

定年後の暮らしは読書三昧 平岩弓枝「ベトナムの桜」を読む

 久しぶりに平岩弓枝の小説「ベトナムの桜」を読んだ。毎日新聞「日曜くらぶ」に、2014年1月から12月まで連載された新聞小説だという。

 江戸時代の初期、瀬戸内海の小島に住んでいた兄弟の弟が、成り行きでベトナムへ渡航し、その後を追った兄がベトナムとの行き来をする中で、様々な物語が展開する。幕府の鎖国政策などが絡み、運命に翻弄される兄弟愛を描いた小説である。

 同じ平岩弓枝でも、ひと頃よく読んでいた「御宿かわせみ」とはちょっと違った小説だった。最初は何かテレビのドラマを観ているような感じで、淡々と読み進めたのだった。しかし、最後の方は話の展開を早く知りたくて、一気に読み終えてしまった。面白い小説だった。

・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

 「ベトナムの桜」平岩弓枝 毎日新聞社 2015年7月20日発行

2019年2月15日 (金)

映画「マスカレード・ホテル」を観る

 久しぶりに映画を観に出かけた。平日の朝早くということで映画館はすいていて、ゆったり見ることができた。

 この映画「マスカレード・ホテル」は実に面白い。東野圭吾の小説を映画化したということだが、原作を読んでみたいものだと思った。その他の東野圭吾の小説も。

 木村拓哉と長澤まさみがいい。それぞれの演技もいいし、二人の息がぴったりだ。その他の俳優もそれぞれのよさを出していた。明石家さんまはどこに出ていたのかわからず。
 スクリーンが広くなったのかと思うほど映画全体が大きく豪華に見えた。余りいったことのない豪華ホテルの様子が映し出されていたからか。

 十分楽しめる、安心してみていられる映画だ。倍のチケット代を払ってもいいぐらい。

・・・いい映画はいい。大げさに言うと生きていてよかったと思う一時だ。


映画「マスカレード・ホテル」
 製作年;2019年/配給;東宝/上映時間;133分

<スタッフ>
監督;鈴木雅之/原作;東野圭吾/脚本;岡田道尚/製作;石原隆 木下暢起
<キャスト>
木村拓哉;新田浩介/長澤まさみ;山岸尚美/小日向文世;能勢/梶原善;本宮/泉澤祐希;関根/松たか子/鶴見辰吾/篠井英介/石橋凌  他

2019年2月13日 (水)

甲府城の梅 開花情報 平成31年2月13日

 いつもは冷たい風が吹きすさぶ甲府城の天守台も、今日は穏やかで今の時期にすれば暖かい一日でした。お客様も千葉や茨城などから大勢訪れてくれました。
 皆さんが期待してくる富士山は、残念ながら今日は一日中見えませんでした。他は青空なのに御坂山塊の上にだけ雲があり、富士山が隠れてしまったのです。

 いつものように、甲府城稲荷曲輪入口にある梅林の梅の花情報です。先日1月30日に報告したときよりも大分花が開きました。木によりますが紅梅はほぼ満開、白梅はちょっとゆっくりで四分咲きといった感じでしょうか。お花見をするのには、まだちょっと早いかも知れません。

Imgp47781

Imgp47771

Imgp47921

Imgp47881

Imgp47681

2019年2月11日 (月)

「甲府学問所徽典館」で学んだ

 私は、「甲府学問所徽典館」で学んだ。もちろん江戸時代ではなく平成時代に。

 平成28年7月からこの「甲府学問所徽典館」が山梨県埋蔵文化財センターの主催で開講され、私は学生になった。一ヶ月に一回、3月まで全部で10回ほどの講義(概説、演習、特論、卒業レポート)があった。夜学であった。毎回、今回はどんな話が聞けるのかとわくわくしながらに通ったのだった。

 平成の「徽典館」は、今の県防災新館の平和通りを挟んで反対側のビル5階の一室で開講された(*)。暗い階段を登って教室に行くと、明るい電気がついていて既に大勢の同期生がいて甲府城や甲府城下町の色々な話がされていて活気に満ちていた。

*当初「甲府学問所」は甲府勤番支配役宅に開設されたが、その後甲府城大手門南三丁(今の甲府市中央公園のあたり)に新学舎が完成、その翌年「徽典館」と命名されたという。

 同期生は、中には既に知っている方もいたが、ほとんどが知らない方たちだった。いずれも前向きで学ぶ姿勢いっぱいの方たちだった。
 「徽典館」の講師教授陣も一流の方々で、ごく新しい情報も含めて、興味ある内容の濃いかなり専門的な話が聞けてうれしかった。学んでいるという充実感があった。
 江戸時代の「甲府学問所」そして「徽典館」で学んだ学生たち(*)も、こんな気持ちで講義を受けていたのではないかと思ったのだった。

(*)勤番士の子息だけでなく、学ぶ姿勢のあるものは庶民でも受け入れたとのことだ。江戸時代末期、徽典館の教授(学頭)や教えを受けた学生が、日本山梨の動き発展に大きく関わったという。

 私は昭和の徽典館(梨大)で学び、そして平成の徽典館この「甲府学問所徽典館」で学ぶことが出来て本当に幸せだと思った。
 この平成「徽典館」で学んだことを、ささやかではあるが社会に還元していこうと思っている昨今だ。

2019年1月31日 (木)

探梅行 甲府城 1月30日

 甲府城の梅園は、甲府駅南口を出たら左方向へ、以前に比べてずいぶん広くきれいになった歩道を、山交デパート北側を東に進みます。舞鶴陸橋の階段は上らず、ガード下を20mばかり過ぎたところで、右のお城の方を見上げるとわかります。稲荷曲輪の入口に紅梅白梅20本ほどの梅林があります。

 今日は、甲府城案内ボランティアの日。大勢の来城者の案内の合間に、花は咲いているかな、まだちょっと早いかなと思いながら、梅園に行ってみました。昨日まで吹いていた甲府盆地の空っ風も止み、この時期としては穏やかで暖かい日でした。でも、やはり梅の花はまだまだでした。
 それでもよく見ると何本かの紅梅の花が少し咲いていました。白梅の木もいっぱいあるのですが、白梅の方はまだ蕾のままです。紅梅の方が花が開くのがかなり早いような気がします。

Ume005

Ume003

Ume007

Ume012

 ここ甲府城の梅の花も満開になると実にみごとです。まもなく立春、梅の花がいっぱい咲くのが待ち遠しいです。 

2019年1月28日 (月)

「木喰上人作 木彫佛」展を観る

 先日、山梨県立博物館で開催されている「木喰上人作 木彫佛 -身延の木喰さん、世に出るその最初-」を観に行ってきた。博物館が出したチラシには「柳宗悦の木喰研究の集大成、豪華大判写真104点を一挙公開」とある。

 木食上人のことはこのブログでも時々書いているが、木食上人は下部の山上の集落丸畑(まるばたけ)から14才の時江戸へ出て、その後修行して22才で出家僧侶となった。仏像は60才を過ぎてから彫り始めたのだという。全国をあちこち廻って微笑仏をひたすら彫った木喰上人・・・恐れ多いがそういう木喰さんに親しみを覚え、木喰さんが彫り作った微笑みを湛えた仏像に強く惹かれるのだ。

 この展覧会では、一部を除いて写真撮影可能というのがうれしかった。

 柳宗悦が中巨摩郡池田村(現甲府市池田)で最初に見つけた三体の一つ弘法大師像が展示されていた。

Photo_2

 木食上人が最晩年彫ったという甲府教安寺の如意輪観音像は、甲府空襲で焼けてしまったが、写真は残っていたという。

Photo_3

 平成23年3月7日の記事  →  旧下部町丸畑 木喰の里微笑館
 平成30年10月1日の記事 →   
NHKテレビ日曜美術館「微笑む仏」を観る 

2019年1月24日 (木)

芦川南陵「栂の峠(地蔵峠)」「大平山」に登る

 <甲府盆地のまん真ん中”中郡(なかごおり)”の私の生家に行く時に南方に見える芦川北陵南陵の山々、その南陵の中央部大平山の東の弛みにある栂の峠(地蔵峠)に見えるはずの”栂の大木”が最近見えなくなって、気になっていた。それを確かめるべく、久しぶりに「栂の峠」とその近くにある「大平山」に登った。この辺り折八地区は10年ぶりの訪問であった。>

 

【山行日】 平成31年1月22日(火)
【 天 候 】 晴れ
【コースタイム】
 甲府=中部横断道六郷IC=久那土=林道折八古関線=古関小中学校折八分校跡10:00-10:25山神峠-11:00折門峠-11:15栂の峠11:25-11:40折門峠-11:50大平山12:20-山神峠-13:10古関小中学校折八分校跡=甲府    ( =~車 -~歩行 )
【 主に参考にした資料 】
 「 1:25,000地形図 市川大門」 平成18年11月 国土地理院
 「 甲斐の山山 」 小林経雄 平成4年3月 新ハイキング社
 ホームページ「峠のむこうへ」 (現在は閉鎖)

 

<浜集落から古関小中学校折八分校跡へ>
 浜集落から林道折八古関線に入る。すぐ「師道の鑑」の碑がある。(今から行く山の中腹御弟子の集落の林道沿いにあった古関小中学校折八分校に長い年月お勤めした今福清輝先生の顕彰碑である。)

 

Dsc_00311

 

 これから先は、一本道の林道で迷うことなく道なりに進む。道は山の中腹を曲がりくねって進む。左側には峰山の天狗岩が大きく見える。これから進む林道が、遙か向こうに見渡せる場所がある。富士山が大きく見える場所も。

 

002_2

Fujisan002

 まもなく古関小中学校折八分校跡だ。林道を挟んで反対側に車5~6台は駐められる駐車場がある。分校があったころ、先生方や来校者が車を駐めたのだろう。(もしかしたら分校閉校後に林道は開通し、駐車場が出来たのかもしれない。)

 

<分校跡から山神峠へ>
 林道のすぐ上にある双体道祖神の脇を通り、山神峠に向けて登り始める。ジグザグの登り易い峠道のはずだが、以前より更に荒れて登りにくくなっている。沢山の枯れ葉に埋まった山道は登り難いことこの上なく、脇の方を登った方が登り易いところもあった。
 程なく、山神峠だ。以前と余り変わらず二棟の神社らしきものの間を折門集落への道が通っている。峠から今回は折門集落跡の方へはいかず、直接折門峠に向かう。

<折門峠>
 尾根伝いに所々ピークを迂回しながら30分余り登ると折門峠だ。折門峠に10年前にはまだあった木のベンチは、朽ち果てたのか既になかった。折門や御弟子集落から登ってきてほっとする場所だ。峠を示す看板を見て、ここからまず栂の峠へ向かう。

 

Imgp46891

 

<栂の峠の大栂の木が・・・>
 10分ほど下って栂の峠(1,095m)。峠のかなり手前から、栂の木が見えた。ああよかった、まだ栂の大木は健在だと一瞬思った。ところが近づくと大変なことになっていた。
 栂の木の幹の半分ぐらいから上が折れて、近くに転がっていた。ああ、やっぱり昨夏の台風で折れておれてしまったのだ。近くの看板には、樹高16.3mだったとあるのだが、おれて樹の高さは、6~7mになってしまったのだ。これで盆地の方からは見えなくなっていたのだ。痛々しい栂の木をしばらく眺め続けた。

 

Imgp47001_2

 

Imgp47011

 

 幹の半分位が残っているので、またいつ時の日か盆地からも見えるぐらいに大きく伸びて、前と同じように大栂の木になっていくだろうと思いながら峠を後にした。

 

<大平山>
 折門峠まで戻り、今度は大平山へ登る。尾根伝いに直登、10分ほどで頂上(1188.3m)に着いた。以前に比べ南側の木々が切り払われたようで、富士山が真ん前にビックリするほど大きくよく見えていた。
 ずっと以前この大平山登り口に、大平山の富士山の眺めを絶賛していた手作りの板の看板があったが、その人が眺めた富士山はこんな感じだったのだろうと思ったのだった。

 

Imgp47017

 

Imgp47041

 

 真冬にもかかわらず、快晴で穏やかな天気・・・頂上で富士山を眺めながらの昼食・・・久しぶりに歩いた山での至福の時・・・。

<子供たちが通った道>
 下りは折門峠をあっという間に通り過ごし、尾根を走るように山神峠まで下った。そして峠からは、折門の子供たちが学校に向かった道をゆっくり下った。木々の間から富士山を眺めながら、元気に学校へ通う子供たちの姿が動画のように脳裏に浮かんだ・・・。
 校舎のあった台地は、大きく伸びた枯れ草で埋まっていた。もう山に戻ったといってもいいかもしれない。

Imgp46821

 

 道路際に新旧二つの学校跡の碑が建っていた。新しい碑には、かってこの場所にあった校舎の写真が刻んであった。この新しい碑が、あったかく差し込む陽に寂しく輝いていた。

 

Imgp47221

 

<丸畑を遙かに望む>
 旧古関小学校折八分校前駐車場から沢集落へ下る途中、遙か向こうにあの木食上人山上のふるさと丸畑が望めた。ここから眺めてもまさに丸畑は山上の集落だ。あそこに今も人々の暮らしがある。(拡大してご覧下さい。)

Imgp47320

 

*是非お読みください
  栂の老大樹(平成16年8月15日の記事)

  遠い山の向こうの知らない町よ(平成18年1月4日の記事)
 古関小学校折八分校跡地に記念碑(平成22年11月27日の記事)
 こちらも
      ブログ;「山梨の山歩き峠歩き古道歩き」
           → カテゴリー ;
八坂峠・折門峠・山神峠をめぐって
            古関小学校折八分校へ子どもたちが通った峠道・・・

2019年1月21日 (月)

探梅行 敷島梅の里 1月21日

 今日は天気もよく穏やかで、久しぶりにウオーキングコースを甲斐市敷島総合公園にしました。ここのところ平年並みの甲府盆地の寒さでしたが、梅の里の梅の花の様子はどうかなと思いながら。
 平成31年今年の敷島梅の里の梅の花開花情報の第一号です。

 麓の牛久から入って急坂を公園に登る道路の両側、2本ばかりの紅梅が咲いているのが見えました。これは上の公園付近も結構咲いているかなと期待感が高まります。
 敷島総合公園の広い駐車場脇に植わっている紅梅が2~3本咲いていました。駐車場南側の梅畑へ下りましたが、やはり紅梅は何本も満開近く咲いていました。白梅も少し花開いていてうれしくなりました。
 紅梅は全体的に五分咲き、白梅は一部が二分咲きというところでしょうか。

 矢木羽湖(*)西側斜面へ行ってみました。やはり紅梅は綺麗に咲いている木が何本かありました。白梅も結構咲いていました。こちらの白梅は全体的に二分咲きという感じでした。
 こちらからは雪を被った富士山が綺麗に見えていました。

 (*)矢木羽湖は今堰堤の工事中で、水はほとんどありません。魚はどうなったのだろうかな。

001

002

001_2

005

002_2

001_3

 撮影カメラ ;  PENTAX K-7  レンズ ;  SMCPENTAX-DA 18-55mmAL

2019年1月19日 (土)

あれ、土曜日だけど小倉実華さん? NHK「マイあさラジオ」

 聞き始めて「あれ、今日は確か土曜日だよな。」と一瞬思った。土曜日日曜日は、ウイークデイと違う女声が担当しているのだが。いつもの人はインフルエンザにでもかかったかな。

 いつも朝5時には起きてNHKラジオ第1「マイあさラジオ」を聞いている。NHKでも最近多くなっているくだけ過ぎ、はしゃぎ過ぎ、叫び過ぎの番組と違って、この番組は落ち着いて淡々と進めていくのがいい。聞きやすく暖かい雰囲気の中で色々な情報が素直に伝わってくる。(最近多い聞きたくないようないやなニュースも。)私は『お便り』『マイあさだより』『歴史を探しに』『落合恵子の絵本の時間』のコーナーなどが好きだ。

 ウイークデイは、一週間交替で、女声はこの小倉実華さんともう一人の女性キャスター大久保彰絵さんが担当している。(土日は渡辺ひとみさんだ。)他の女声が特に嫌いということではないが、私は小倉実華さんが大好きだ。

 前にもこのブログに書いたが、この人の声は、本当に柔らかく優しく聞きやすい。この人持ち前の性格からにじみでる声、しゃべり方なのだろう。
 以前甲府放送局で夕方のテレビローカル番組に毎日出ていたということもあり、うれしく毎朝ラジオを聞いている。この人の声を聞いていると、不思議に今日も明るく頑張って過ごしていこうという気持ちになるのだ。

 もう担当3年目になるかな。来年度以降のラジオ番組構成、担当者も決まっているのかもしれないが、小倉実華さんを始め今のキャスター、スタッフさんたちがずっとこの番組の担当を続けるといいなと素直に思う。
 ついでにいうと、この番組が同じキャスターで午前中午後も続いてもいい。「マイにちラジオ」になるかな(笑)


 平成29年2月21日の記事
       → 
楽しみなNHKラジオ「マイあさラジオ」 小倉実華さん

 平成29年9月25日の記事
       → 
「マイあさラジオ」の『お便り』に癒やされる

2019年1月13日 (日)

庭の花を撮る 「甲州野梅」咲いた

 昨夜は雪が降るという天気予報だったが、小雨が降った程度で終わった。いずれにしても乾燥した寒い日が続いている。

Imgp46011

 寒空の下、家の庭で甲州野梅が一輪咲いた。18年前に亡くなった義父から受け継いだ鉢物だ。一回ぐらい鉢変えをしたが、水を遣ったり草を取ったりの程度であまり面倒を見ていないのだが、花を咲かせてうれしくなる。私は鼻が悪いので、わからないが、いい香りがするそうだ。

Imgp45901_2

 この盆栽の梅は、この写真では写っていないが、幹が黒く岩がゴツゴツしたような模様で古木の趣がある。それに去年位に出た若枝に一輪の花が咲いているのだ。接ぎ木などして20年以上経たないと花を咲かせないのだそうだが、家の甲州野梅は毎年綺麗な花を咲かせている。

2019年1月11日 (金)

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を観る

 障害者を扱っているという程度の情報、題名もなんだこれはと思いながら観に行った映画だった。映画館には平日にもかかわらず結構大勢の人が入っていた。

 映画の最初のあたりの場面では、題名と同じで「なんだこれは・・・、やっぱり観るのはやめようかな」と思ったのだった。だが、映画が進むに従って、これは結構重い難しいテーマを扱っているんだとわかり、だんだん真剣に見入るようになった。

 映画を観ながら、はらはらし、思わず涙を流す場面もあったが、一方なんか楽しく安心して観ることの出来た映画だったと思う。

 障害そのもののこと、障害を持つ人の医療に関わること、親のこと、ボランティアのこと等、改めて考えさせられた。

 ・・・私がかって仕事で関わった子どもたちの中にも、同じ病気の子がいた。一言では語れない様々な困難の中で、けなげに生きる子どもたちに私に出来るだけの支援はしたつもりだ。・・・ 

 大泉洋演ずる主人公鹿野の障害があっても夢を持ち、困難に立ち向かい明るく精力的に生きる姿に感動した。また、鹿野のボランティアに関わりながら、関わる自分たちが悩み成長していく姿を描いたのはいい。高畑充希と三浦春馬がそういう姿を好演した。二人の初々しい若者らしい名演技で安心してみることの出来たとてもいい映画だった。

 ・・・いい映画はいい。大げさにいうと生きていてよかったと思う一時だ。


「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」
制作年;2018年/上映時間;120分/配給;松竹
<スタッフ>
監督;前田哲/脚本;橋本裕志/原作;渡辺一史/主題歌挿入歌;ポルノグラフィティ
<キャスト>
鹿野;大泉洋/美咲;高畑充希/田中;三浦春馬/高村;萩原聖人/前木;渡辺真起子/父;竜雷太/母;綾戸智恵/田中の父;佐藤浩市/主治医;原田美枝子

2019年1月 8日 (火)

定年後の暮らし 家庭菜園畑を返す

 農協を通して借りていたわずかばかりの家庭菜園の畑を、地主さんの意向でお返しすることになった。土地を業者に売却し、住宅分譲地になるのだという。P1050754一緒に借りていた人たちも畑を返すということで、結構広い土地だ。普通の広さの住宅なら20~30軒ぐらいが建つかな。

 地主さんは、業者が片付けるから畑はそのままでいいよといってくれているが、それでもと思って色々片付けをしている。冬になって枯れた野菜を抜き、畑のあちこちに組み立てていた棚を片付け、耕していたときに出た石を一ヶ所に集めたり。畑の隅に置いてある農具も持ち帰らなければ。

P1050764_2 4月以降工事に入るということで、まだ残っている冬野菜は、そのままにしてある。
 今日はブロッコリとホウレンソウを収穫した。結構立派なものになっていた。ブロッコリは、以前農協の人にこれは品評会に出せるなんていわれたことを思い出した。
 タラノメの木も大きくなって、もう芽を出す準備も出来ているのに切ることになるのか。

 定年後もずっと続けてきた家庭菜園での野菜作り・・・楽しかった。野菜のことを考え無心に体を動かすのは体力的にも精神的にもいい。また、畑の周りの人たちと野菜づくり談義も楽しかった。

 ここでの畑仕事野菜作りも終わりになるかと思うと何か感傷的になってしまった。

2019年1月 7日 (月)

定年後の暮らしは読書三昧 下重暁子「極上の孤独」

 前々から読みたいと思っていた下重暁子の「極上の孤独」、県立図書館で借りようとしたが予約がずっと入っていて何時借りられるかわからないというので、結局購入することになった。出版業界に貢献できたかな。

 下重暁子さんは、NHKの美人アナウサーでフリーになった後、どこかのテレビ業界の重役みたいな人と結婚したという程度しか知らなかった。もう80才を越えていてアクティブに生きており、著書も沢山あるというから驚きだ。

 「孤独を知る人は美しい」といい山口百恵と安室奈美恵を、そして付け加えて「年をとると品性が顔に出る」と、イチロー、中田英寿、美空ひばりなどをあげている。
 特に山口百恵について「山口百恵の落ち着き、自己判断の確かさ、しかもあの若さで人生を切り替えて引退する決断。マイクを静かにステージに置き、華やかな世界に別れを告げたのが21歳の時だった・・・」と述べている。私もこの光景は脳裏に焼き付いている。キリッとしてかっこよかった、美しかった。

 さらにトランプ大統領と比較する中で、ケネディー大統領とオバマ大統領をあげている。「オバマ大統領が、広島を訪れた際、・・・前大統領が発した声明の一語一語に感激した。そこには前大統領が一人の人間として、孤独の中で考え発した、本物の言葉があった・・・」

 ああなるほど、そうかと同感できる内容も多く、非常に読みやすい内容の本だった。曾野綾子さんなんかと同じような世界の方かなと思った。

  ・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

   「極上の孤独」 下重暁子 幻冬舎新書 2018年12月5日第十一刷発行

2019年1月 1日 (火)

平成31年 元旦の朝・・・

  明けましておめでとうございます!

  皆様方にとって
       今年がよりよい年になりますよう
             心からお祈りしております

   今年もどうぞよろしくお願いいたします

< 元旦の朝・・・ >
 わが家の庭先の南天の真っ赤な実に新春の陽があたり輝いていImgp45781ます。穏やかな日和で、清々しい新年を迎えました。

 お陰様で、家族みんな元気で正月を迎えることが出来ました。今年も家族一同、健康で明るくよい年でありますよう願わずにはおれません。
 私はお雑煮の朝食を早めに食べ、自治会の新年ご互礼会へ出かけました。近所の皆様と新年の挨拶を交わし、道祖神前で地域の安全と安心、平穏、益々の発展を祈ったのでした。その足で、千塚八幡神社に向かい、初詣を済ませました。
 妻は、近くのスーパーやデパートの福袋を買うのだと出かけていきました。

< 元旦に思う > 
 何か世界中がおかしくなっています。戦争やテロ、争い、憎み合いが絶えません。自分の国さえよければいい、自分たちさえよければいいというふうな風潮が益々拡がってきているような気がしてなりません。人権や民主主義が軽んじられ揺らいでいます。 
 日本も同じような傾向です。多くの地元の人が反対していることを強引に押し通そうとする、あの悲惨な状況を生み出した原発の再稼働を進め、ましてや他の国に売ろうと考える、うそがまかり通り、それが認められてしまう。いっこうになくならないオレオレ詐欺、繁華街で群れ浮かれ、関係ない車をひっくり返す。日本はどうなっているのか、どうなってしまうのでしょうか。
 天皇様が退位に際し、戦争のない平成の時代に安堵しているとおっしゃいました。新しい時代は、はたして戦争がない日本であり続けるでしょうか。今まで学び勉強してきた歴史、新聞の記事や投書、テレビラジオのニュース番組などを通してその不安が増しこそすれ減ることはありません。
 新しい時代が始まります。今年が戦争のない世界、平和で平穏な日本に向けて、よいスタートの年になるよう祈らずにはおれません。今年がけっして「戦前」にならないように、息子、かわいい孫たちが戦場にかり出され、そしてやがて日本が戦場になるような方向に絶対進まないように祈り、ささやかでも私に出来ることをしていこうと思う正月です。

<今年も生涯学習、ボランティアに精を出して・・・> 
 私は定年退職後10年が過ぎました。心身ともに健康で過ごしています。(先日行った人間ドックでも、まあまあの成績でした。)
 このブログでもよくふれていますが、近くの公園や河川敷のウオーキング、山歩き、峠歩き、時たまのゴルフなどが健康の秘訣なのでしょうか。また、野菜づくりも気持ちが和らぎます。そういえば今までお借りしていた畑がとうとう住宅分譲地になるということで返却しなければならなくなりましたが、また別の畑を家により近いところで借りることができ、ほっとしています。畑作り野菜作りにも益々精を出していきたいと思います。
 県が推奨している生涯学習の一環で設置している山梨勧学院入学を機会に始めた「キャンパスネットやまなし」で学習講座ボランティアの単位認定が、7年かかってようやく1,000点を超え、先日は山梨県知事名の奨励賞をいただいたところです。今後も1,500点、2,000点に向けて引き続き精進していこうと思っているところです。
 また勧学院25期生の同級生で作ったOBの会が続いており、自主的な学習や研修での学びとその合間の仲間との語らいも楽しいです。同じく27期生OBの山登りのクラブが続いており、写真係として今年も積極的に参加していこうと思っています。 
 さらに六年余り前から始めた甲府城御案内仕隊の観光ボランティア、地域の学校の安全パトロールボランティアも生きがいの一つになっています。
 今まで、長い間勤めてきた仕事に関わり時々請われて続きの仕事をさせていただいてきましたが、この仕事も今年で完全に卒業させていただくつもりです。それでもライフワークとしてきた仕事ですので、これからも注視、見守っていきたいと思っています。

< ブログで日々を綴る・・・ >
 新年早々私のブログ「山と山の花」をご覧いただき、ありがとうございます。ここは、私の趣味の山歩き、山や山の花の写真、アマチュア無線、パソコン、野菜づくり、観光案内をしている甲府城のこと、その他極端にプライベートなこと以外のいろいろなことを気ままに書き込み載せているささやかなブログです。今年も、前述した戦争のない日本に向けて私なりの取り組みもこのブログに記事を載せていきたいとも思っています。
 このブログ「山と山の花」の中の特に山歩き、峠歩き、古道歩きに関わる内容に絞ったブログが、「私の山歩き峠歩き古道歩き」です。結構マイナーなバリエーションルートもあります。経路時間参考資料などできるだけ詳しく既述したつもりです。是非ご覧いただき参考にしてください。(もちろんあくまで参考で、実際歩く時は自己責任でお願いします。)

< ホームページもご覧ください >
 さらにこれらのブログとは別に、私のホームページ「山と山の花、アマチュア無線そしてパソコン」があります。ホームページは、内容的にはこれらのブログと同じようなものですが、山の花の写真や山歩きの記録、アマチュア無線への取り組みの様子などを載せていて、ブログよりはずっと整理した形になっています。
 特に「山と山の花の写真のページ」は、名前になっていることからおわかりのように、私のホームページやブログは、全てこのページからスタート出発広がったもので、自分としてはとても充実していると思っています。ホームページ「山と山の花、アマチュア無線そしてパソコン」は、ブログからリンクしていますので、こちらも是非ご覧ください。

< ご感想、ご意見、コメントを・・・ >
 ご感想、ご意見などコメントをいただくととてもうれしいです。ブログの記事からコメントがいただけるシステムになっています。記事の下の「コメント」をクリックしてくださると書くことが出来ます。ブログは毎日ではないですが、結構頻繁に新しい記事を書いています。

< それでは、あらためて・・・ >
 今年が、皆さまにとって健康で幸多き年となりますよう心からお祈りしております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年12月25日 (火)

今年も冬菊(寒菊)が咲いている

 我が家の庭で、今年も赤い小さい菊がきれいに咲いている。

 晩秋や初冬の花の少なくなった時期の庭を彩る貴重な花だ。

 冬になっても咲いているので、「冬菊」、「寒菊」、「残菊」、「晩菊」などと色々に呼ばれるそうだ。年を越えて枯れると、「枯菊」に。 

Imgp45671

Imgp45691

2018年12月15日 (土)

市川三郷町「新町前遺跡」現地説明会

 市川三郷町の新町前遺跡現地説明会に参加した。場所は、町役場西側、以前町民会館や駐車場、体育館があった場所だ。

 市川は、小学校入学前に町の保育園に近所の同級生の女の子と二人で身延線で遙々通った場所だし、町民会館ではJARL(日本アマチュア無線連盟)山梨県支部の総会や役員会、技術講習会などが頻繁に開催された懐かしい場所だ。そんなこともあって現地見学会に参加したのだ。

 中世(平安時代)の遺跡だという。住居(竪穴建物)が何回も河川氾濫に飲み込まれながらも、その氾濫跡の上にまた新たな住居が出来ているところもあったという説明があった。この辺りは、芦川や笛吹川、釜無川の洪水が頻繁にあった場所なのだろうが、それを乗り越え居住を続けていった昔人のたくましさを感じた。その一方、ある時期突然、何らかの理由で集落ごと誰もいなくなってしまうこともあるのだという。

 住居の中のかまどは、ほとんど東側にあり、この地方特有の西風で煙に巻かれないような工夫だという。また平安時代といえばもっとしっかりとした住居があったのではないかと質問があったが、地方ではこんなものではなかったのだろうかという話であった。

P1050709
  <住居跡のかまど付近には素焼きの土器がいっぱいあった>

 峡南地域の新しい高校建設地での発掘で、この跡はなくなり「発掘調査報告書」で残されるのだという。跡がなくなるのは何か寂しい気がするが、遺跡はもっと広く存在するのではないか、その場所はそのまま残されるということで少し安堵したのだった。

         (平成30年12月8日現地説明会)

2018年12月10日 (月)

恒例の忘年山登り 八王子山/白山

<今年最後の勧学院27期生OBハイキングクラブの山歩きは、恒例になった甲府緑ヶ丘公園から八王子山/白山へのハイキングです。その後の忘年会も楽しみです。>

 緑ヶ丘スポーツ公園体育館前の駐車場に車を駐めさせてもらい、朝のミーティングの後ウオーミングアップの準備体操を十分行いました。

 緑ヶ丘公園から湯村山乗越(以前狼煙台があったところ)までは、アスファルトの車道ですが、その道は落葉で隠れていました。落葉の絨毯を踏みしめ気持ちよく登りました。

Imgp45131_2 湯村山乗越からは、いよいよ山道です。今朝も、ウオーキングやトレールランニングの人たちとすれ違いました。「こんにちわ」「気をつけて」「頑張って」と挨拶を交わすのが気持ちがいいです。
 毎年開催されているようですが、トレールランニングのルートになっているようで、矢印の書かれた紙が所々に張ってありました。今年のトレールランニングは、武田神社から積翠寺の方を廻り、中峠口、千代Imgp45441_2田湖、湯村山、湯村温泉というコースらしいです。

 いつも休憩する八王子山頂上手前にある東屋からの眺めは、今日は残念ながらいまいちでした。南アルプスの山々は雲に隠れて見えませんでした。
Imgp45521
 八王子山頂上から甲府の市街を眺め、今日はその先の白山(東屋のあるところ)まで尾根歩きで足を伸ばしました。白山からは千代田湖がよく眺められました。

 風もなく穏やかで、手頃な楽しい山歩きにみんな満足満足で、忘年会会場に向かったのでした。

  (平成30年12月7日歩く)

2018年12月 6日 (木)

山梨百名山「貫ヶ岳」に登る

【 歩 い た 日 】 平成30年12月1日(土)
【コースと時間】 中沢公民館登山口8:30-10:30焼山分岐10:40-11:00貫ヶ岳山頂(897m)11:20-11:40焼山分岐-12:10晴海展望台12:30-焼山分岐-14:10中沢公民館
【 参考にした資料 】
 「 山梨百名山 」 監修山梨県 平成10年3月 山梨日々新聞社 
 「 甲斐の山山 」 小林経雄 平成4年3月 新ハイキング社

 貫ヶ岳は山梨百名山で、前々から登りたかった山だが、この山域はヤマヒルが沢山いるという情報で、時期をずらして今日の登山となった。

 中沢公民館脇に車を置かせてもらい、舗装道路を200mImgp44681ほど歩き、登山道入口となった。最初は、比較的なだらかな歩きやすい山道だったが、ひたすら登りでそのうち次第に急勾配になっていった。折しもNHKラジオで放送されていた「山カフェ」を聞きながらの登りは、不思議とそれほどつらくなかった。

Imgp44771_2 焼山分岐で、追いかけるように登ってきた中年3人組と一緒に一休み。いただいた柿が美味しかった。分岐から20分ほどで山頂(897m)。山頂はかなり広く藪が切り開かれていたが、眺めはよくなく、木々の合間に富士山がかすかに見えるという感じだった。

Imgp44881 山頂から焼山分岐に戻り更に稜線尾根伝いに進み、50分ほどで晴海展望台。ここの眺めは素晴らしく、富士川、富士宮の街の上に富士山がでんと構えていた。眼下には先ほど出発した中沢公民館まで眺められた。富士山の右側下に愛鷹山があり、その更に右側遙か向こうに駿河湾が見え感激だった。

 今回最初は、晴海展望台から更に先、十国展望台、平治の段、中沢峠と廻り、中沢公民館に戻るつもりだったが、中沢峠手前が通行不可という表示が登山口にあり、晴海展望台で引き返した。またいつか樽峠側から平治の段まで行ってみたい。平治の段は南貫ヶ岳ともいい、貫ヶ岳よりも標高は高いらしい。

2018年11月21日 (水)

紅葉台から山梨百名山「足和田山」に登る

<勧学院の仲間と山梨百名山「足和田山」に登りました。足和田山には、何年か前、文化洞トンネル鳥坂峠側から登ったことがありました。今回は、文字通り紅葉真っ盛りの紅葉台側から登りました。どちらかというとこちらの方がメイン登山道です。>

 紅葉台までは車で行けるようですが、事前の情報収集で舗装してなく結構急な道だということで歩くことにしました。国道から少し入ったところに小さい牧場とお店があり、その脇に駐車場がありました。そこから車道を歩き登ります。歩いて正解で、道の両側の素晴らしい紅葉にみんな大喜びでした。

Imgp43951

 紅葉台では、「展望台」へ上がるのに入場料200円でした。トイレも借りたのでしょうがないかな。さすが眺めは素晴らしかった。富士山は逆光でしたが、これはこれで素晴らしい。西方向に目をやると、青木ヶ原本栖湖の向こうに南アルプスの山々が見えていました。

Imgp44011

Imgp44031

 紅葉台からは、東海自然歩道にもなっている山道、紅葉した落ち葉の絨毯を歩きました。小さい四輪駆動の車では登れるかなと思うような割合広い道と、狭い山道が並行して登っているような感じでした。 

Imgp44171

 西湖の向こう側の十二ヶ岳や王岳などが見事に眺められる三湖台を過ぎ、まもなく頂上でした。

Imgp44191

 足和田山は、「五湖台」ともいうのですが、頂上は樹木が繁り河口湖しか見えませんでした。富士山の眺めはいいはずなのですが、残念ながら雲に覆われ見えませんでした。

 鳴沢道の駅のすぐ近くにある「湯らり」で汗を流し、帰路に向かいました。

             (平成30年11月8日登る)


・・・ 思い出の「足和田山」 ・・・

□ 平成19年5月2日 鳥坂峠から山梨百名山「足和田山」へ

 「富士三足」といわれる山が,富士山周辺にあるそうです。愛鷹山と足柄山,そして富士山北麓の足和田山です。

 足和田山に文化洞トンネル,鳥坂峠側から登る人は少ない。どちらかというと裏口登山道のようです。トンネル東側出口にある駐車場からほんのわずかな時間で峠につきます。昔の鳥坂峠は,ちょっと右,毛無山の方へ行ったところにあるようですが、今回は寄りませんでした。
 
 峠から左側に向かい足和田山を目指しますします。しばらく登り,一つのピークを過ぎると山道は下りになり二つめの峠を通過します。(これは峠とはいわず,鞍部というのでしょうか。でも,もしかしたら昔はここも西湖から河口湖へ越えるあるいはその反対の一つの峠だったかもしれないと思ったりします。)

 それから登りはだんだん急になり,ロープなどがある山道を登ります。時々後ろを振り向くと,毛無山や十二ヶ岳,雪頭ヶ岳などが青空をバックに大きくはっきりと見えていました。こんなに後ろを振り向いての山登りも珍しい。

 紅葉台方面からくる山道を合わせると山頂です。富士山がきれいによく見えていました。なんというか富士山らしい富士山,面白みのない富士山といっていいか。五湖台とも表示がしてありましたが,木々に囲まれている方向もあり,五湖は見えませんでした。

 下りは,先ほどの二つめの峠から道を左に取り,ピークを回り込むように鳥坂峠に戻りました。やっぱり下ってきて再び登るというのがいやだったのです,何となく。
 駐車場には,20台ほどの車が留まっていました。みんな毛無山,十二ヶ岳方面に登ったのでしょう。登った山道では2,3組のハイカーに しか逢いませんでしたから。

 足和田山に西方から東海自然歩道沿いに登ってくる道があります。この登り口が紅葉台ですが,この紅葉台まで車で上ったことがあります。もう十何年も前の話ですが,家内と一緒に富士山の写真を撮りにいったのです。
 冬の時季だったようで展望台の赤土が凍って融けてぐちゃぐちゃしていたような記憶があります。その時の写真ははるか昔のことで,散逸してしまったようで,見あたりません。

2018年11月18日 (日)

中部横断道工事現場の見学

 11月18日は「土木の日」だそうだ。漢字で十一月十八日と書くと、なるほどなと思う。今年も11月17日(土)に実施された土木学会山梨会の「土木の日現場見学会」に参加させてもらった。

 今回は、中部横断道工事現場の見学であった。中央道双葉ジャンクションから南は、既に六郷ICまでは完成し、私も何度も利用、走ったことがある。
 そこから先新東名の新清水ジャンクションまで今工事中である。当初平成29年度中には完成ということであったが、難工事が続いているようで今回の見学会でもいつ開通するのかというはっきりとした話は聞けなかった。六郷ICから富沢ICまでは、国土交通省が施工する直轄高速区間だそうで、この区間は走行無料になるそうだ。

 六郷IC先の鴨狩トンネル、中富IC一色トンネル、道の駅なんぶ、富沢IC見学の後、不動沢地区改良工事の見学であった。不動沢地区の工事は、工事現場に入るのに、ものすごい高いところにある仮道路をバスで走った時は怖かった。

 完成間近の鴨狩トンネル
P1050680

 中富IC 国道52号線から合流するところ
P1050683

 富沢IC料金所も完成間近
P1050689

 不動沢地区の工事
P1050692

P1050693

 めったに見ることの出来ない現場、また完成すれば絶対見ることの出来ない場所を見せてもらい大変勉強になり、楽しい一日であった。

2018年11月10日 (土)

天橋立 伊根浦 比叡山 近江八幡 の 旅

<山梨ことぶき勧学院中巨摩学園第25期生同窓会「輝きの会」の今回の旅は、「天橋立」 「伊根浦」 「比叡山」「 近江八幡」 への旅となりました。>

 山梨敷島を5時に出発、中央道、名神高速、北陸道、舞鶴若狭道、京都縦貫道を6時間、ようやく天橋立に到着。天橋立展望台の傘松公園内のレストランで昼食となりました。天橋立は逆光でしたが、いわゆる「天橋立」を眺めることが出来ました。こういう地形景観が何故出来るかひとしきりみんなで話したのでした。

Dsc_00471

 その後訪れたのが、伊根浦 。伊根湾めぐりの船に乗り、海にまで迫った二階建ての建物(舟屋というそうです。)が並ぶ景色を眺めることが出来ました。ここは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されているそうです。

Dsc_00551

 宿は、全国チェーンの大きなホテルで高台にあるホテルの部屋からは、遠く天橋立が眺められました。

 2日目は、まず紅葉の比叡山延暦寺でした。東塔地域を歩きましたが、国宝根本中堂は10年をかけての大改修中で、外からは眺めることが出来ませんでしたが、中の廻廊を歩き、参拝は出来ました。

 近江八幡では、新町通りを歩き近江商人の暮らしぶりを感じ、風情ある八幡堀を眺めました。

Dsc_00751

    (平成30年11月5日~6日)

 

2018年10月29日 (月)

山梨百名山「八紘嶺」に登る

<先日の地元の新聞で、豊岡梅ヶ島林道が7年ぶりに開通したという記事をみて、前々から登ろうと思っていた静岡県境にある山梨百名山の一つ「八紘嶺」に登った。>

【 歩 い た 日 】 平成30年10月25日
【コースと時間】 甲府=(国道52号線)=大城入口=(林道豊岡梅ヶ島線)=安倍峠=八紘嶺登山口(静岡県側)10:00-10:40富士見台10:50-12:20八紘嶺頂上12:40-14:20登山口
【 参考にした資料 】
 「 山梨百名山 」 監修山梨県 平成10年3月 山梨日々新聞社 
 「 甲斐の山山 」 小林経雄 平成4年3月 新ハイキング社

 国道52号線大城入口から、安倍峠まで約18㎞50分、林道は工事中のところがあったり狭く急な崖ブチを通るところもあり注意して走らないとあぶない。
 安倍峠を通過、少し静岡県側に下ったところにトイレ小屋のある駐車場がありここにも登山口があるようだが、今回は更に下ったところにあるけっこう広く車20台ぐらいは駐められそうな広い駐車場に車を駐める。

Imgp43450

 駐車場のすぐ峠寄りに登山口があった。大勢の登山客が登るらしくよく踏まれた登山道が続く。40分で富士見台。ここからは、綺麗に紅葉した山々の遙か向こうに少し雲に隠れているが雪を被った富士山が眺められた。文字通りの富士見台だ。右側には登ってきた林道が見え、左側には綺麗に紅葉した山肌が見える。その間、見下ろすと小さく町並みや富士川も眺めることが出来た。

Imgp43160

Imgp43181

 富士見台からは、所々ロープがある急登があったり、また何回かアップダウンを繰り返し、静岡県側から吹き上がってきた霧の中、ようやく八紘嶺の頂上(1917.9m)に到着した。ここから北へ行くと七面山、西へ行くと大谷嶺(行田山)を経て以前登ったことのある山伏に至るという。

Imgp43290

 雨が降ることはなかろうと思ったが、結構深い霧が周りを取り囲んできたので早めに頂上を後にした。途中からは霧はなくなり、また周りの紅葉を眺めながら、ゆったりとした気持ちで登山口へ向かった。

Imgp43430

2018年10月21日 (日)

霧ヶ峰八島ヶ原湿原を歩き「鷲ヶ峰」に登る

<勧学院の仲間と、草紅葉の八島ヶ原湿原を歩き、鷲ヶ峰に登った。若い頃読んだ新田次郎の小説に、「鷲ヶ峰物語」があった。中身はよく覚えていないのだけれど、その頃からいつかは鷲ヶ峰に登ろうと思っていた。ずいぶん時間が経ったけれど、ようやく念願が叶った。今回は一泊の山旅、素朴で素敵な山の宿「ヒュッテ ジャヴェル」に泊まった。>

 沢渡のヒュッテの駐車場に車を止め、八島ヶ原湿原に向かった。しばらくは車道を、やがて湿原の木道を歩き、草紅葉の八島湿原を半周して西端の大きな看板のある広場に着いた。すぐそばをビーナスラインが通り、ビジターセンターの建物、駐車場が近くにある。(登り口ではわからなかったが、鷲ヶ峰を登りながら、振り返り見下ろしてわかった。)

Imgp42110

 鷲ヶ峰には、八島湿原の西端の広場にある登山口から一時間足らずで登ってしまった。登り始めは、石がゴロゴロしている急登だったが、尾根に登りきると後は何回かの軽いアップダウンで頂上(1,797.9m)に着いた。

Imgp42330

Imgp42420

 遙か遠くの山々は頂上近くに雲がかかっていてよく見えなかったが、真下にはビーナスライン、遠くには諏訪湖や諏訪湖周りの町並み(岡谷諏訪だろうか)を眺め下ろすことができた。登る途中からは勿論八島湿原の草紅葉も眺めることができた。

Imgp42410

Imgp42480

 この山行きでは沢渡の山小屋に泊まった。「ヒュッテ ジャヴェル」だ。昔からある山小屋だそうで、素敵な山小屋だった。ビーナスラインからちょっと入った沢渡にあり、まあ山小屋というより文字通り「ヒュッテ」という感じだった。1人、数人で静かな山歩きを楽しみたいという人達のためのヒュッテを、というご夫婦のこだわりが感じられた。素敵な山の中のヒュッテで楽しいうれしい一夜を過ごしたのだった。

Imgp42670

2018年10月 8日 (月)

平岩弓枝を読む 「はやぶさ新八御用旅 諏訪の妖狐」

 平岩弓枝の「はやぶさ新八御用旅 諏訪の妖狐」を読んだ。「御宿かわせみ」を読み切り、さて次はと思っていたとき目に入ったのがこの本だ。これも「はやぶさ新八御用旅」というシリーズもので、何冊もあるようだ。またしばらくこのシリーズものを読むことになるかな。

 知っていて読み始めたわけではないのだが、この小説は江戸から甲州街道を下り、甲府、諏訪が舞台だ。甲州街道沿いの今でも残っている知っている地名がいっぱい出てきて、興味をもって楽しく読み進めることが出来た。

 また折しも先日、山梨県立大学地域研究交流センターが開講している「歴史学的に山梨を読み解く」で山梨県考古学協会の新津健先生による「広重の歩いた身延道」の講義があった。
 歌川広重が甲府緑町の依頼で幕絵を描きに甲州へに来たときに身延まで足を伸ばしたという話の中で出て来た地名が、この 「はやぶさ新八御用旅 諏訪の妖狐」に細かく記述されているのだ。

・・・ 「普通、江戸の者が身延諸に参りますには、やはり甲州路を通って、甲府の西青沼町とやら申すところから身延道へ入るのが多いと聞いて居ります」
 藤助があらかじめ江戸を発つ時に持って来たという覚え書きのような紙を懐中から取り出した。
 それによると、確かに甲府の西青沼町を始点にして下石田、清水新居、西条、押越、河藤中島、布施、山神それから釜無川の舟渡しを経て浅原、東南湖、滝沢川を渡って大椚、青柳、鰍沢、箱原、西島、手打沢、切石、八日市場、飯富、下山、東谷、身延でおよそ十里八丁、更にもう一つ甲府からまっすぐ信州へ向けて韮崎へ出て、そこから鰍沢への道を行けば十四里二十一丁余となる。 ・・・

 新津先生の話を踏まえても、この本の記述は全く正確であるといえる。平岩弓枝も調べ取材をしたのだろう。知っている身近な地名、興味のある歴史、古い街道の話が出てくると、次へ次へと楽しく読み進めることが出来ていい。

 「はやぶさ新八御用旅 諏訪の妖孤」平岩弓枝 講談社  第一刷発行2011年5月17日

2018年10月 1日 (月)

NHKテレビ日曜美術館「微笑む仏」を観る

 録画してあったNHKテレビ日曜美術館「微笑(ほほえ)む仏~柳宗悦が見いだした木喰仏~」を観た。以前放送したが見逃していて、ブログ仲間の熊本のらぶさんが教えてくれたものだ。再放送があるということで、さっそく録画しておいた。

 大正時代、私の住む近くの池田村(当時)で民藝を唱えた柳宗悦に見いだされるまで、全く知られていなかった木喰上人、彼が50才を越えてから全国あちこちを廻り人々の願いに沿って沢山の「微笑仏」をつくっていったということに、何か山梨県人として誇りに思ったりもするのだ。

 テレビを観てさすがと思ったのは、映像の素晴らしさと、その取材力だ。映像については、撮影にとてつもなくいいカメラと照明を使っているのだろう。微笑仏(みしょうぶつ)の魅力を余すことなく表現撮影している。
 木喰上人は、北海道から九州まであちこちを廻り微笑仏をつくっていったのだが、その場所あちこちへ取材に行き、番組を作っている。日にちもかかるだろうし、費用もものすごくかかるだろうにと思ったのだ。NHKだから出来ることだと思った。
 木食上人を採り上げてくれ、彼がつくった微笑仏の魅力と素晴らしさを描き紹介したすごくいい番組でうれしくなった。

 あたかも今中富現代工芸美術館で「生誕300年 木食展」が開かれている。全国から集められた沢山の本物の微笑仏が展示されている。私は、先日一度見に行っているのだが、もう一度見に行きたくなった。

 以前、旧下部町丸畑にある木喰の里微笑館へ行ったときのことが、このブログにもアップしてあるのでお読みください。

 「旧下部町丸畑 木喰の里微笑館」
   ↓
 
http://gcd00322.cocolog-nifty.com/hana/2011/03/post-8b52.html

2018年9月21日 (金)

懐かしい映画「シェルブールの雨傘」を観る

 録画してあったNHKプレミアムシネマ「シェルブールの雨傘」を観た。この映画を観るのは、もう何度目になるだろうか。

 冒頭のシーン、真上からの雨傘の撮影アングルで、一つ一つの傘の動きが実に面白い。この後の映画への予感、興味を増しているように思う。映画全編を通しての明るい色調もよい。ミュージカルということもあるのか楽しささえ感じる。

 カトリーヌ・ドヌーブの美しさにため息が出る。後年封切りの「幸せはパリで」も観たが、この「シェルブールの雨傘」の頃のカトリーヌ・ドヌーブには初々しさが感じられ可愛く美しい。

 ソフィア・ローレン主演の映画『ひまわり』と同様、戦争で引き裂かれた男と女の運命の映画だが、この「シェルブールの雨傘」は寂しいけれども、結果的にはどちらかというとハッピーエンドで、これでいいのではと思ったのだった。
 それにしてもギイは、自分で名前をつけた女の娘に一言声を掛ければ更にハッピーエンドで終わったのに(^_^)。

 ・・・いい映画はいい。大げさにいうと生きていてよかったと思う一時だ。

「シェルブールの雨傘」
製作年;1964/製作国;フランス/配給;東和/上映時間;91分
<スタッフ>
監督脚本;ジャック・ドゥミ/音楽;ミシェル・ルグラン
<キャスト>
ジェヌビエーブ;カトリーヌ・ドヌーブ/ギイ;ニーノ・カステルヌオーボ/エムリー夫人;アンヌ・ベルノン/カサール;マルク・ミシェル

2018年9月13日 (木)

武田勝頼終焉の地を訪ねる

Sanmon001 山梨ことぶき勧学院中巨摩学園第25期生同窓会「輝きの会」の今回の活動は、「武田氏の文化遺産 3」で、甲斐市教育委員会の大嶌先生を講師に、甲州市旧大和村方面のフィールドワークとなりました。

 

Keitokuin005
 午前中、甲斐市敷島総合文化会館小講堂で大嶌先生の講義を聞き、午後が現地見学となりました。

 

 最初に訪れたのが天童山景徳院。景徳院は、いうまでもなく武田家終焉の地であり、家康により勝頼主従の死を弔うために創建された曹洞宗のお寺。
 県指定有形文化財に指定されている山門(三門)を見、そこから右に10mほど行ったところに、勝頼のお墓がありました。勝頼のお墓の右には北條夫人、左には息子信勝のお墓がありました。Seiunji001_2
 ここで自害亡くなった勝頼親子は勿論、多くの家臣が逃亡し背いたなかで最後まで勝頼に従って亡くなった一族家来たちの気持ちを思うと胸が詰まります。

 

 その後更に奥の栖雲寺へ。ここは武田家10代当主武田信満の開基、勝頼は岩殿山をめざしたのに小山田信茂に裏切られ、この武田家由縁の栖雲寺に逃れようとしたともいわれています。
 奥にある石園は見るための庭ではなく、修行僧が座禅を組んだ禅庭ということです。
 また、この栖運寺がある木賊地区が「蕎麦切り」の発祥の地ということで境内に碑がありました。

 

      (平成30年9月11日)

2018年9月10日 (月)

信玄終焉の地 勝頼大敗の地を訪ねる

Kuyoto002_5 甲府城の観光案内ボランティアの仲間と、長野県阿智村駒場と愛知県新城市方面への研修旅行に出かけた。(旅行といっても日帰りだが。)

 阿智村駒場長岳寺は初めて訪れた。駒場は武田信玄が三河野田城から甲斐へ戻る途中で亡くなった場所だ。長岳寺と中央自動車道を挟んで反対側の山の中で没したといわれている。(その場所信玄塚へは今回行かなかった)
Nagasino002 長岳寺には昭和49年武田信玄400年祭の折に 建てられたという十三重塔がある。
 
 新城市ではもちろん長篠設楽原史跡へ。そこでは長篠城籠城戦失敗を岡崎城の家康に伝え戻った後、Singenduka002武田軍に捕らえられて磔になったという鳥居強右衛門のインパクトある看板が迎えてくれた。長篠城では、日本百名城46のスタンプをゲット。

 武田勝頼はここで織田徳川連合軍に大敗した。長篠設楽原の戦いの戦没者15,000人を葬ったという信玄塚を見た。織田徳川軍が築いたという馬防柵もバスの中から見ることが出来た。

      (平成30年9月9日)

2018年8月24日 (金)

思い出いっぱい八ヶ岳「北横岳」へ登る

 久しぶりに八ヶ岳へ登った。今回は北八ヶ岳「北横岳」、四回目になるだろうか。一回は娘息子とも登った山だ。最初登った時に、北横岳北峰頂上から大河原峠や双子山を望み、いつかはあそこへ行こう、登ろうと思った。遙か向こうのずいぶん遠くのように思ったものだが、その後大河原峠にも行き、そこから双子山にも登った。

 子どもたちといったときには、ロープウエイに乗るのに結構長い時間並んで乗った記憶があるが、今回は全く待ち時間無しで乗ることが出来た。以前は、日本ピラタスロープウエイといっていたが、今は「北八ヶ岳ロープウエイ」というそうだ。

 ロープウエイ頂上駅からしばらく坪庭を歩いて北横岳へ向かった。坪庭付近は、散歩の人がほとんどかと思ったが、山道へ入っていく人も大勢いた。家族連れで登っている人も大勢いて、私も子どもたちと登った日々を思い出し、子どもたちに思わずがんばれと声を掛けずにはいられなかった。
 三ッ岳分岐に近くなり振り返ると、坪庭から雨池峠への途中にある青い三角屋根の縞枯山荘が見えていた。

Sansosankaku001_2

 北横岳ヒュッテで一休み、山小屋脇にはヤナギランが咲いていた。

Yanagiran001

 北横岳ヒュッテからわずかな時間で南峰到着、蓼科山は見えなかったが、南八ヶ岳、南アルプス方向はよく見えた。

Imgp40071

Kaikoma001_2

 更にわずかな時間で北峰。やはり大勢の人が休んでいた。一緒に登ったみんなに見せたかった双子山、大河原峠方面は雲で全く見えなくて残念。

Santyo001_3

 下山途中、北横岳ヒュッテから二三分の七つ池に寄った。きっと七つあるのだろうが、二つだけ道があり見ることが出来た。本当に静かなたたずまいで寄ってよかった。

Nanatsuike001_3

 帰りに昔からの温泉「小斉の湯」に入り、一休みした後、茅野市豊平福沢の「ウバユリ」、「キツネノカミソリ」の群生地を見に寄った。しかし既に遅しで咲いた跡だった。来年は盛りに見に来るぞと思ったのだった。

Imgp40512

                 (平成30年8月17日登る)

・・・ 思い出の八ヶ岳「北横岳」 ・・・

□ 昭和58年9月4日 「北横岳 」「三ッ岳 」「雨池山 」「雨池峠 」「八丁平 」
 昭和58年9月の山行き。日本ピラタスロープウエイ山麓駅から、約10分で山頂駅へ。坪庭、北横岳ヒュッテを経て横岳山頂まで約50分。2480メートルの北峰から遙か大河原峠大河原ヒュッテを眺める。北横岳を戻り、三ッ岳、雨池山を経て雨池峠へ。三ッ岳付近が岩山で意外と厳しく、雨池へは近くに眺めながら、とうとう行けなかった。三角屋根の縞枯山荘の脇を通り、ロープウエイ山頂駅へ。花の写真は、ほとんど撮れなかった。

□ 昭和60年10月21日 「北横岳 」「亀甲池 」「双子池 」「雨池峠 」「八丁平 」
 10時10分ピラタスロープウェイ山頂駅出発。途中七ッ池へ寄って10時45分北横岳山頂。弁当、ゆっくり休む。12時出発、樹林帯の中の急坂を下る。12時40分、亀甲池。池の水が涸れた時に底が亀甲型にひび割れる様からの名だという。1時20分双子池。雌池、雄池畔のダケカンバ、シラビソ、カラマツ林の中を大石川林道に出て歩く。雨池峠を登り縞枯山荘を経て山頂駅へ。冷たい風が、冬間近を伝えていた。

□ 平成5年10月2日 「 麦草峠 」「 大石峠 」「オトギリ平 」「五辻 」「雨池 」
 麦草峠→大石峠→オトギリ平→出逢いの辻→五辻→八丁平→雨池峠→雨池→麦草峠     今回は茶臼山、縞枯山の山麓を一周したという形。約4時間の行程であった。五辻付近では、茶臼山山頂で、休み話している人たちの話し声が聞こえてきていた。ロープウエイの山頂駅近くでは着飾った人たちが賑やかに歩いて戸惑ってしまった。ゆっくりゆっくりの山歩き・・・。天気がよく眺めは抜群、霧ヶ峰、浅間山、遠く北アルプスの山々も。ナナカマド、マイズルソウ、ゴゼンタチバナ・・・。

□ 平成5年10月10日 「北横岳 」
 行きは、諏訪経由。日本ピラタスロープウェイ山麓駅は、祭日で大変混み合っていた。50分ほど行列に並ぶ。11時20分山頂駅出発。坪庭を経て12時30分、頂上。天気がよく、遠く北アルプス槍ヶ岳などもよく見えた。こんなに天気がいい山行きは久しぶりであった。息子、娘といっしょ。

□ 平成7年9月9日 「大河原峠 」「天祥寺原 」「亀甲池 」「双子池 」「双子山 」
 ずっと前、昭和58年9月北横岳から遙か眺めた大河原峠にとうとう立った。大河原ヒュッテ脇を出発10時10分、天祥寺原を下り亀甲池11時05分。双子池(雄池)11時40分、そして双子山山頂12時10分。眺めがいい。お茶、弁当がおいしい。山での至福の時。花の写真を撮りながらゆっくり大河原峠13時10分。ヨツバツガザクラ、マツムシソウ、キオン、ハクサンフウロ、ヤナギラン、コケモモ・・・。

□ 平成8年3月3日 「坪庭 」
 ピラタスロープウェイは、雪山登山の人とスキー客といっしょでごったがえしていた。山頂駅を出たところの温度はマイナス15度、鉄骨の樹氷?ができていた。坪庭は白一色、写真を撮っているグループが沢山いた。クロスカントリースキーで奥に入っていく人々も。北横岳へ向かうツアー客のカラフルな行列が印象的。

2018年7月31日 (火)

「月下美人」咲く

 今年も我が家の玄関先で、月下美人が咲いた。もう何度も書いているが、義父が育てていたのを引き継いで、世話をしてきている。
 強い花だと思う。十分な世話をしているわけでもないが、毎年よく花を咲かせて嬉しくなる。花は全く見事で綺麗だ。
 暗くなって花が開き始め、8時9時頃に満開になる。朝はもう萎んで、昨夜の美しさはない。正に「はかない美」の花だ。

「月下美人」
 学名;Epiphyllum oxypetalum/サボテン科クジャクサボテン属/夜開性/原産地;メキシコ/花言葉;はかない美、繊細、快楽、艶やかな美人

Imgp38821

Imgp38801

Imgp3881_2

2018年7月30日 (月)

藤沢周平原作 映画「武士の一分」を観る

 録画しておいた映画「武士の一分」を観た。確か一度映画館で観た記憶があるのだが、ブログに記録がない。そんなはずはないとよく調べたが、結局ブログにはアップしてなかった。ブログにアップするほどの映画でなかったということでもないだろうと、今回観て思ったのだが。

 話はまあ、単純だ。藩主の毒見役で失明してしまった木村拓哉演ずる三村新之丞が、妻の加世が騙されて密通した島田藤弥(坂東三津五郎)と果たし合いをして勝つというお話だ。一度わかれた妻もまた一緒に暮らすようになりハッピーエンドで終わる。

 以前、講演会でお話を聞いたことのある下男の徳平の役をした笹野高史がいい演技をしていた。失礼だが演技とすれば、木村拓哉よりよかったかもしれない。

 剣術の師である木部孫八郎の役を緒形拳が演じていた。この映画が出来た頃は、緒形拳もまだ元気だったのだ。

 藤沢周平の小説と同様、斬り合い果たし合いの場面は、正に真に迫る。この場面では、木村拓哉の演技もなかなかのものだった。

 檀れいもよかったし、安心して楽しく見ることが出来た映画だった。

・・・いい映画はいい。大げさに言うと生きていてよかったと思う一時だ。

「武士の一分」
監督;山田洋次/脚本;山田洋次 平松恵美子 山本一郎/製作;久松猛朗/製作総指揮;迫本淳一/音楽;冨田勲/製作会社;「武士の一分」製作委員会/配給;松竹
出演者;木村拓哉 檀れい 笹野高史 坂東三津五郎 緒形拳 桃井かおり 小林稔侍

2018年7月25日 (水)

甲府市横沢慶長院冠木門について

 以前、甲府市横沢慶長院の冠木門について、「甲府城から移築された経緯は?慶長院山門」という記事を書いた。
 ずっと気になっていたのだが、先日、県立図書館で、下記の資料を見つけた。

・・・この門が甲府城から移築されたという根拠については、甲府城の乾門を移築したという寺伝がある。(「角川日本地名大辞典」9山梨県)
・・・山手門へ入る前に冠木門があった(元文4年「甲府城絵図」)ことが知られている。
・・・この伝承が信じられるとするなら、この門であった可能性がでてくる。
・・・慶長院の門は、甲府城の山の手門付近にある冠木門であるといえるが、確証は得られない。・・・
 ( 「県指定史跡 甲府城跡」 甲府城跡保存活用等調査検討委員会報告書 2009.3 山梨県教育委員会  P40 )

 この資料で以上のように記述しているが、この資料では私が疑問だった”いつ頃、誰に、どういう経緯で移されたのか”を含めて、この冠木門が甲府城から確かに移築されたものかどうかはっきりわからないということだ。

P10202141_2

 この文献を見つけて、今までの私の疑問は解決せず結局わからないということだが、私の気持ちとすればわからないということがわかって(^_^)かえってすっきりした。

 2017年10月12日の記事 → 甲府城から移築された経緯は? 慶長院山門

2018年7月23日 (月)

山梨百名山 日本二百名山「櫛形山」

<アヤメで有名だった櫛形山、シカの食害で絶滅かといわれていた。近年地元の人たちの保護活動でアヤメが復活と報道されている。日本二百名山、新花の百名山にもピックアップされている「櫛形山」に登った。この櫛形山、もう40年位前伊奈ヶ湖あたりから登った記憶がある。その時はずいぶん時間もかかり、奥深い山だという印象だった。2回目は平成16年9月、アヤメ平までは今回と同じルートを歩いた。桜峠までちょっと登り、後は展望はよくないがほとんど尾根歩きのような感じで、原生林にサルオガセが沢山吊るさっていたのが記憶に残っている。>

【登った日】  平成30年7月20日
【 コ ー ス 】韮崎合同庁舎6:30=平林=7:50池の茶屋小屋(駐車場)8:05-8:40奥仙重-9:00櫛形山山頂9:15-9:50裸山10:05-10:20アヤメ平(避難小屋)11:10-(トレッキングコース)-裸山のコル-12:05もみじ沢12:10-13:05北岳展望デッキ13:10-13:40池の茶屋小屋(駐車場)

 池の茶屋林道を車で走る。全面舗装だ。林道の終点には車20台は止められると思われる駐車場がある。ずいぶん立派な市で設置した小屋があり、壁面には大きな櫛形山の案内図があった。

Kusigatayama001 桜峠まで軽い登り、その後は防火帯と思われる広い尾根道を歩く。ほとんど展望はないが、下界に比べて涼しい温度で快適に歩く。まもなく奥仙重の三角点を過ぎてすぐ櫛形山山頂。駐車場から一時間足らずで山頂に立った。

Saruogase001 コメツガにサルオガセがたれていて、霧も出たりして正に原生林という感じだ。裸山の麓の草原には、花の百名山に数えられだけはある沢山の山の花が咲いていた。
 アヤメの時期はもう終わっているようだが、それでも咲き残っているアヤメが数輪あった。咲き終わった花の跡がいっぱいあり、アヤメ復活を感じた。地元行政やボランティアの保護活動の結果だろう、感謝感謝。

Ayame001 今日の最終目的地、アヤメ平にも咲き終わったアヤメの花の咲いた跡がいっぱいあった。その他の山の花も一杯咲いていた。

 帰りは最近出来たというトレッキングコースを廻った。上り下りがあり時間もかかり、結構きついコースだ。北岳展望デッキからは残念ながら白根三山は眺めることが出来なかった。
 そこから先、駐車場まで車椅子でも通れるという平らな比較的広い道が稲妻形に続いた。車椅子の方が素敵な北岳の展望を見ることが出来るというねらいは素晴らしいが、メンテナンスがよくなく、もう車椅子では通れないというようなところが何ヶ所かあった。またその道も車椅子で駐車場から展望台まで行くにはちょっと距離があって大変過ぎる。 
 最後そんなことを感じながら池の茶屋駐車場に着いた。

 車で池の茶屋林道、丸山林道を下り、平林の集落を過ぎ、麓の「まほらの湯」に入り、汗を流した。

    ******************

 ・・・思い出の「櫛形山」 ・・・

□ 昭和46年3月28日 「櫛形山(裸山) 」
 残雪多し。盆地から眺めているのと違い、この頃の私にとって、意外と奥深い山だという実感。先輩の長坂先生、教え子の内田君と。いきさつはよく覚えていないが、内田君の中学卒業記念登山だったような気がする。伊奈ヶ湖あたりから登ったのだろうか。

□ 平成16年9月12日 「櫛形山 」
【コース】 池の茶屋小屋7:20-奥仙重-8:05櫛形山山頂8:15-9:00裸山9:15-9:40アヤメ平9:50-1櫛形山1:30池の茶屋小屋
 もう30年も前、一度登った記憶がある櫛形山。今回は丸山林道から、池の茶屋林道を行く。林道終点には車20台は止められると思われる広場。町で設置したトイレ付き小屋もあり、山のパンフレットや自由ノートなどが置いてあった。駐車場からわずかの時間で桜峠、切り開かれた尾根上のジグザグ道を登る。奥仙重の三角点を過ぎてすぐ櫛形山山頂。駐車場からわずか45分で山頂に立った。
 前に登ったときは麓から歩きでずいぶん時間がかかり奥深い山という印象だったが・・・。コメツガにサルオガセがたれていて原生林という感じのところがあちこちにあった。裸山の麓も時季にはアヤメの群生できれいなのだろうな。アヤメ平を廻って、11:30池の茶屋小屋。

2018年7月19日 (木)

定年後の暮らしは読書三昧 平岩弓枝「御宿かわせみ」を読む(その三)

 「新・御宿かわせみ 花世の立春」の『抱卵の子』エピローグで、大川端「かわせみ」の女主人るいが、庭先に出て大川を眺めていた。

  **************

 ・・・・・
 川の面に月が映っていた。
 ・・・・・
 長いこと、この川の流れを見て生きて来たと思う。
 ・・・・・
 大切な顔、忘れ難い顔が川波の中に見え隠れして遠ざかって行くのが、ただ、なつかしかった。
 人は誰しも幸せを望んで人生を歩いている。
 それでも、打ちのめされ、ふみにじられて失望や絶望に慟哭することなしに生涯を終えられる人は皆無であろう。
 人間に与えられた最高の幸せは、どんな悲しみや苦しみも、その人が勇気をふるい起し、努力を重ねれば、いつか忘れる日が来るということではないか。そうでないと、人はとても生きて行けない。
 それでも多くの人は忘れようにも忘れられない心の痛みをひっそりと抱えていて、時にはそれが生きる支えになったりもする。
 人とは不思議なもの、愛おしいものと水面をみつめて胸の中でるいは呟いた。
 ・・・・・

  **************

 ・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

 「新・御宿かわせみ 花世の立春」 平岩弓枝 文藝春秋社 平成22年1月10日第1刷

«定年後の暮らしは読書三昧 平岩弓枝「御宿かわせみ」を読む (その二)

お薦めサイト

大蔵経寺山

  • 10-石和の町並み
     平成16年12月11日、初冬の穏やかな一日、積翠寺岩堂峠から大蔵経寺山へ登ってきました。

桜峠

  • 芦川北陵西端の山々
     平成17年1月29日、芦川北陵西端浅間山から桜峠を歩いてきました。  落ち葉の海を歩き、一面のカヤの原を越えて桜峠に行き着きました。  小さい頃からずっと眺めてきた山々です。

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30