サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

« 続 御嶽道を歩く | トップページ | 映画「風立ちぬ」 »

2013年9月12日 (木)

獅子平から山梨百名山「羅漢寺山」へ

 山歩きが好きな仲間と、獅子平から甲斐市のふる里自然観察路を歩き、山梨百名山「羅漢寺山」に登って来た。その一部は、金峰山に登ったり、御岳や黒平の人々が里に出るのに歩いたという「御嶽道」だ。

 獅子平のふる里自然観察路入口には、車が4~5台おけそうな専用駐車場がある。ここで、準備ストレッチ体操をし登山靴の紐を締めて、県道を横切り亀沢川に架かる橋を渡っていよいよ出発だ。

 10軒ぐらいはある獅子平の集落を通り抜け、アスファルトコンクリートの道を進む。やがて林を伐採しているような場所を通り過ごし、道が狭くなると道脇の畑状の場所に大きな桑の木が現れた。昔はこの集落でも蚕を飼っていたのだろう。栗やドングリも落ちていて、ああもうそういう季節なんだ~とみんなで話したのだった。

Yamamiti002_2 小さな尾根に登り着くが、ここで吉沢鳥居坂から登ってくる御岳道の上道が合流し、木々の向こう右下に家らしきものが見えてくる。「北仙開拓」という小さな立て札が道脇に立っていた。

 ほとんど平らな山道を更に進むと、私がついこの間歩いた外道との合流点になる。ちょっと広くなっているところで大休憩だ。すぐそばに「刀の抜き石」があり、休憩の後行ってみた。残念ながら、抜き石の向こうに見えるはずの富士山は見えなかったが、遥か向こうに千代田湖や片山が眺められた。どうもここを「見晴台」としているようだ。

 更にパノラマ台方面にしばらく進み白山(白砂利)へ寄った。山梨百名山の一つ太刀岡山が見え、広大Rakanji002な茅ヶ岳の裾野にはゴルフ場や安寺、清川など裾野に点在している集落などが眺められるとても眺めのいいところだった。

 「白砂山」は、パノラマ台への山道の分岐から10分ほどで着く。パノラマ台や羅漢寺山を南側から眺めるわけで、絶景だった。
 分岐へ戻りパノラマ台方面に向かうとすぐ「鞍かけ岩」が眺めらた。繁った木々の葉っぱでどうかなと思ったが、写真のようによく見Kurakake002えてよかったと思った。

 そこから30分ほどでパノラマ台(八王子山)に着いた。急坂を登って、ロープウエイの山頂駅のテラスにひょこっと出る。テラスの椅子に座っている人たちが不思議そうに眺めていた。八王子神社のわきの休憩場で昼食とした。

 昼食の後、羅漢寺山に向かう。ロープウエイで登ってきたと思われる人たちも結構大勢羅漢寺山に向かっていて賑やかだ。山梨百名山「羅漢寺山」は、「弥三郎岳」とも呼ばれているようで、頂上駅の近くにある看板では「弥三郎岳」という表示になっていた。羅漢寺山の頂上は眺めのいい場所で、甲府市の水瓶の能泉湖が見えたり、茅ヶ岳、曲岳なども見えていた。ただ少し雲があり、南アルプス、金峰などの山々はちょっと上手く眺められなかった。

 パノラマ台へもどり、そのまま来たときと同じ道を獅子平へ向けてゆっくり歩き下った。

« 続 御嶽道を歩く | トップページ | 映画「風立ちぬ」 »

山を行く」カテゴリの記事

里山のこと」カテゴリの記事

古道を行く」カテゴリの記事

勧学院・生涯学習」カテゴリの記事

勧学院OB会ハイキングクラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 獅子平から山梨百名山「羅漢寺山」へ:

« 続 御嶽道を歩く | トップページ | 映画「風立ちぬ」 »

お薦めサイト

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村ランキング参加中