カテゴリー

お薦めサイト

« 市川三郷町古宿の「セツブンソウ」 平成29年2月 | トップページ | 大変なことになっていないか マスコミの報道姿勢 »

2017年2月24日 (金)

定年後の暮らしは読書三昧 平岩弓枝「御宿かわせみ」を読む

 宮部みゆきの時代小説がなかなか面白かったので、また別なのを読もうと思って探したがどうも現代小説が多く、時代小説では読みたいというものが見つからない。それではと思って本屋さんに時代小説コーナーがあったのでちょっと覗いてみたら、この平岩弓枝の「御宿かわせみ」が目にはいった。

 以前テレビで「御宿かわせみ」をやっていた。でもあまり熱心に観ておらず、高島礼子が女主人公のるいの役をやっていたというようなかすかな記憶があるのみ。細かいことは忘れてしまい思い出せない。

 この平岩弓枝の「御宿かわせみ」は古い発行で、巻末の広告リストを見るとシリーズで10巻20巻とずっと続くようだ。これは楽しみだ。本屋さんで買うと大変だから図書館で借りることにするか。

 藤沢周平のように季節の風景の描写もうまく、一編の長さも適当で、思い立ったときにさっと読めていい。読んでいるときも何か充足感を感じ、読み切った後はああ読んでよかったという満足感幸福感を感ずるのだ。

 ・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。
 

  「御宿かわせみ」 平岩弓枝 文春文庫 2015年1月15日新装版第16刷

« 市川三郷町古宿の「セツブンソウ」 平成29年2月 | トップページ | 大変なことになっていないか マスコミの報道姿勢 »

読書・書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定年後の暮らしは読書三昧 平岩弓枝「御宿かわせみ」を読む:

« 市川三郷町古宿の「セツブンソウ」 平成29年2月 | トップページ | 大変なことになっていないか マスコミの報道姿勢 »

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村ランキング参加中