サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

にほんブログ村ランキング参加中

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月の8件の記事

2017年4月27日 (木)

春の妖精「カタクリ」のこと

 先日、地元の山日新聞に、鈴木憲仁氏がカタクリのことを書いている。鈴木氏は「山梨-花の散歩道」などの本を出している植物や花の大先生だ。その記事から・・・

 ・・・ カタクリは早春にいち早く姿を見せ、そして2ヶ月後には姿を消してしまう。「スプリング・エフェメラル(春の短い命)」 と呼ばれる草花の一つ・・・
 ・・・ 種が出来ると翌年の春に発芽し、わずか1ヶ月後には本葉を出さず枯れてしまう。翌年から鱗茎から本葉を1枚しか出さず、その時期が8年くらい続く。2枚の葉が出ると花を付ける。・・・
 ・・・ 春先の短い命に見えるカタクリの寿命は15年以上になると推定されていて、実は長寿の花だ。・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<以下は私の文章 念のため>
 私が初めてカタクリの花を見たのは、もうずいぶん前、御坂の桧峰神社から大栃山へ登ったときである。トビス峠の途中にあったカタクリは、登る時にはまだ花を開いていなかったが、頂上に登り峠を下るときにはもうカタクリらしい花を開いていた。可憐な本物のカタクリを見て、これがあのカタクリだと思わず叫んでしまった。

Katakuri008

 最近になって和田峠のカタクリの群落を偶然知り、毎年通うようになった。鈴木氏が書いている鱗茎から本葉を1枚しか出していない時期のカタクリもいっぱい見ている。あと何年後かに見事な花を開くカタクリの花を思いながら・・・。

Katakuri012

     写真上;平成25年4月4日 和田峠
     写真下;平成29年4月4日 和田峠

平成29年4月22日付山梨日日新聞 なるほど植物学 46カタクリ 「春の妖精」実は長寿  鈴木憲仁
「山梨-花の散歩道」 鈴木憲仁著 山梨日日新聞 昭和60年3月発行

2017年4月26日 (水)

こんなところに甲府城お堀跡(その8) 旧県立図書館前公園南二の堀跡

「こんなところに甲府城お堀跡(その8)」今回は、
   < 丸の内二丁目地内 旧県立図書館前公園南 二の堀跡 >

P1040691 今は甲府駅北口に移り、ずいぶん利用客が増えたという山梨県立図書館が以前あったところの東側、丸の内二丁目地内に結構広い公園がある。それほど利用されてはいないようだが、ビルが建ち並ぶ近辺では緑豊かな場所でほっと出来る場所である。

 たこ公園南で開渠となり、建物の間を南進した結構広い二の堀跡は、新道橋をくぐるとこの公園の下を暗渠で通っている。そして公園南でまた開渠となる。結構大きP1040692な広い水路である。往時と同じぐらいの巾なのかもしれない。

 10mも進むと東向きに向きを変え、広い幅のまままた大きな暗渠に吸い込まれていく。何となく恐ろしいぐらいだ。この先平和通りまで東進し、南に向きを変えて進んでいくのだが、全部暗渠なのでそんな気持ちにもなるのかもしれない。暗渠の上は家が建ち、道路や歩道となっていて、外から見たのではどう進んでいるのかよくわからない。

     写真上;旧県立図書館前公園南で開渠となる二の堀跡
          南側から北、公園を向いて撮っている

     写真下;10m位進んで東進、大きい暗渠に吸い込まれる二の堀跡
          西側から東を向いて撮っている

  こちらもご覧下さい → こんなところに甲府城お堀跡(その7)
      < 共立病院北側 協同駐車場南側 二の堀跡 > 

2017年4月24日 (月)

中道往還を歩く 迦葉坂を越えて

 天正10年(1582年)3月、織田信長の侵攻で武田勝頼は天目山で自害し、これで信虎、信玄、勝頼と三代続いた武田氏は滅亡した。その後、甲斐は信長の領地となるが本能寺の変で信長が亡くなると、天正壬午の乱を経て徳川家康が支配することとなる。
 この時代、徳川家康が駿河から甲斐へ入るのに、中道往還迦葉坂を越えた。織田信長も甲斐侵攻の後この峠を越えて帰還したという。
 
 そんな話を右左口宿歴史文化村推進会の方々に聞きながら、新緑美しい中道往還迦葉坂を歩き越えた。つづら折りに登る峠道はとても登りやすく、あちこちに馬頭観音や千手観音などがあり、往時を偲ばせる。
 さらに今回うれしかったのが、フデリンドウやカタクリ、イカリソウ、ヒトリシズカなどの花々が見られたことであった。フデリンドウは、枯葉が積もった峠道の真ん中にいっぱい咲いていて、踏まないように気をつけなければならなかった。道脇あちこちに咲く春の山の花を愛でる楽しい峠歩きでもあった。

 企画引率してくれた甲府市中道公民館の方々、山梨山の会、右左口宿歴史文化村推進会の皆様に感謝しながら、今回の峠歩きのレポートとする。

フデリンドウ
Rindo002

カタクリ
Katakuri002

イカリソウ
Ikariso002

ヒトリシズカ
Hitorisizuka002_2

タチツボスミレ
Sumire002

如意輪観世音像
Isibutu002

馬頭観世音像
Isibutu003

如意輪観世音像
Isibutu005

   (平成29年4月22日土曜日歩く)

   こちらも是非お読みください → 中道往還 迦葉坂を越えて(平成25年4月の記事)

2017年4月14日 (金)

和田峠のカタクリを撮る(その2)

 今日の地元の新聞山日新聞に北杜市武川町山高のカタクリの記事が載っていたが、私は昨日夕方甲府市和田峠のカタクリの写真を撮ってきた。先日4月5日に続いて2回目。

 前回はまだ咲き始めだったが、今回はもしかしたら盛りを過ぎていたかもしれない。難しいものだ。しかし、前回よりは思い通りの写真が撮れたように思う。Iwakagami004

 その後、千代田湖畔白山登り口のイワカガミ、ヒカゲツツジの咲く場所へ行き、様子を見た。イワカガミは、一番日当たりHikage002のいい場所も蕾状態だった。
 今日は天気がよく暖かいので、もしかしたら一斉に咲き始めているかもしれない。

 ヒカゲツツジは、ボツボツッとしか咲いていなかった。もしかしたら木が弱っているのか、株を持って行かれたか。少し時期をおいてもう一度様子を見に行こう。

Katakuri002

Katakuri001

Katakuri003

山日の記事から・・・「カタクリ」 ユリ科 多年草 一粒の種が成長して開花するまで7~8年かかり、その後は15年から18年間春に花が咲くという。」・・・

Katakuri005

Katakuri008

 4月5日のカタクリの記事 → 和田峠のカタクリ

 

 

2017年4月13日 (木)

山梨県立博物館「ブータン展~しあわせに生きるためのヒント~」を観る

 ボランティア仲間から、いい展示会だよという話を聞き、先日山梨県立博物館で開催されている「ブータン展~しあわせに生きるためのヒント~」を観に行ってきました。
 県立博物館の展示やイベントなど結構子ども生徒向けのものも多く、子どもの入場者など多いのだけれども、今日は夫婦連れなど大人で賑わっていました。もちろん親子、子ども連れも多く、いい企画だなと思いました。

 入り口でもらったパンフレットには、「・・・ブータンは・・・自然豊かな環境の中、チベット仏教を色濃く反映した文化が育まれています。・・・・第4代国王が『国民総幸福』を提唱。無理な開発をせず自然環境と伝統文化を守りながらゆっくり近代化を進めるという考えの国です。・・・」とありました。

 数多くの展示品があり大変興味を惹かれました。入り口近くにあったマニ車と呼ばれる太い柱の様なものは、中にはお経が入っていて一回転回すとお経を読むのと同じ効果があり願いが叶うものだといいいます。また、仏教信仰の厚い国ということで仏像もたくさん展示されていました。その他、素朴でいてきらびやかな女性の衣装(キラ)にも目を引かれました。  

 出口近く最後に心に残る格言が、いくつも展示されていました。最初にこの格言を読むとなんだこれは、押しつけがましいと思ってしまうのでしょうが、最初から一廻り様々な展示を観てきた後のこの格言はああなるほどと素直に受け入れられるものでした。

「あなたがいい心を持っているなら将来の心配はいりません。みんなが助けてくれるでしょう。」

「子どもは宝だよ。自分の子どもじゃなくても大切な家族だよ。」

「孫が成長していく姿を見ることが幸せです。」

「初雪が降った日はお休みです。」

「教員の仕事は、生徒に生き方を教えることなのです。」

 ・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年4月 9日 (日)

甲府城の桜 満開

 今日、甲府の桜が満開だという報道があった。桜満開の前日昨日は「信玄公祭」の甲州軍団出陣が行われて大賑わいだった。雨にも降られず、よかったと思う。

 甲州軍団がパレードした平和通り両側もすごい人混みだったが、夜甲府城の遊亀橋前から鍛冶曲輪近辺出店が沢山出ているところを歩いたが、身動きがままならないほどの賑わいだった。甲府城の夜桜もみごとだった。

 桜満開の今日、午前中雨だったが、午後は雨も止み甲府城は花見客がいっぱいだったろう。私は、今日は甲府城の桜を愛でる余裕はなく忙(せわ)しく過ごした。

 写真は、二三日前に撮った甲府城の桜。

Kofujyo008

Kofujyo004

Kofujyo006

Kofujyo002

2017年4月 7日 (金)

「こんなところに甲府城お堀跡」(その7) 共立病院北側 二の堀跡

・・・ 甲府城には、お堀が鍛冶曲輪南遊亀橋両側に残存する。これが内堀の一部で甲府城では唯一のお堀らしいお堀である。
 甲府城には一の堀(内堀)、二の堀、三の堀があったが、そのほとんどが埋め立てられ当時の様子を知ることは出来ない。それでも、普段よく行っている場所、よく通っている道路の脇など思いがけないところに、ちょっとした溝、川になったり、側溝になったり、また暗渠になったりで、その甲府城のお堀跡が市内各地に残っている。
 今回改めてこのお堀跡を訪ねる「お堀跡発見ウォーク」を始めた。資料や地図を頼りに、駐車可能のところに車を停め(ウォーキングを兼ねているので出来るだけ遠くがいい)、そこから歩いて甲府城のお堀跡を訪ねる。併せて、可能であればお堀跡の近辺にある甲府城下町の賑わいを思い起こさせるもの、遺跡なども訪ねる。そして、写真なども撮り、その様子をまとめ、このブログで報告することにする。 ・・・

「こんなところに甲府城お堀跡」今回は、
   < 共立病院北側 協同駐車場南側 二の堀跡 > P10405981

 甲府駅西側、朝日通りから南進中央線のガードをくぐると右正面に共立病院の大きな建物が見える。この建物の北側、協同駐車場との間に二の堀跡がある。
 この辺り昔は水門町といっていたようで、お堀の水の取り入れ口があったということなのだろうか。

 この共立病院北側のお堀跡沿いの狭い車道は、東進一方通行で横沢通りから甲府駅に出る近道でよく利用したものだ。(横沢通り中央線ガードは今工事中で、通れない)

   写真;朝日通りから穴切通りへ抜ける道から、西側を撮っている。

 「こんなところに甲府城お堀跡(その6)
    → 朝日通り北交差点の北約80m 三の堀

2017年4月 5日 (水)

和田峠の「カタクリ」を撮る

Katakuri007 今年は桜の開花も少し遅かったし、まだ咲いていないかなと思いつつ、昨日和田峠のカタクリを撮りに行ってきました。案の定、まだ早かった。ほんの数輪咲いているのみでKatakuri005した。でも蕾はいっぱいで、もうちょっと経つと辺り一面カタクリの花畑になるかなと思いました。

 うれしいことがありました。峠道の反対側の白山の登り口に、カタクリの小さい芽(葉っぱ)がいっぱいあったのです。ここは、地元の人に教えてもらった場所なのですが、もう数年するとここもカタクリの花が咲き誇る群生地になるだろうと思ったのでした。鹿やなんかに食Katakuri010べられないように、頭の黒い動物にいたずらされないようにと祈りました。Katakuri006

 温かい天気に誘われ、そのまま山道をぶらぶら歩き白山に登りました。ウオーキングを兼ねた里山歩きです。いつものように、千代田湖を眼下に、雪に覆われた南アルプスの山々がきれいに眺められました。

 山道を下って千代田湖畔へ降りる途中、イワカガミとヒカゲツツジのいっぱい咲く場所を通りました。ここも花開くのはもうすぐ・・・、楽しみです。

Katakuri002

Katakuri008_2

Katakuri004

Katakuri009_2

  撮影カメラ ; PENTAX K-7  レンズ ;  SMCPENTAX-DA 18-55mmAL

  去年のカタクリの記事 → 和田峠のカタクリ復活を

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

お薦めサイト

大蔵経寺山

  • 10-石和の町並み
     平成16年12月11日、初冬の穏やかな一日、積翠寺岩堂峠から大蔵経寺山へ登ってきました。

桜峠

  • 芦川北陵西端の山々
     平成17年1月29日、芦川北陵西端浅間山から桜峠を歩いてきました。  落ち葉の海を歩き、一面のカヤの原を越えて桜峠に行き着きました。  小さい頃からずっと眺めてきた山々です。

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ