« かまつぼ商店再来か 「歌の日曜散歩」  | トップページ | 久しぶりに「飯盛山」へ »

2017年6月 1日 (木)

定年後の暮らしは映画三昧 「追憶」を観る

 定年後の暮らしは、映画三昧・・・、今日は岡田准一主演の「追憶」。この映画の宣伝では、サスペンスドラマというようなふれ込みだったが、どうもヒューマンドラマという感じの方が強い映画だった。

 岡田准一は、前回観た「エヴェレスト 神々の山嶺」でもあまり明るい役ではなかったが、今回も渋いというか暗いというか、全く笑わない役だった。岡田演じる四方篤は過去の消し去りたいある事件を背負い、また家庭的にも辛い少年時代を生きて来たのだった。

 観ていて途中から殺人事件がどうなるかは、焦点にならなくなった。(映画でも、妻と従業員の保険金詐欺だったとずいぶん軽く扱っていた。)少年時代のある事件に関わる三人組のうち柄本佑演じる川端は殺されてしまったが、最後には四方と田所がわかり合え、よかった。救われた。
 最後のシーンで喫茶店「ゆきわりそう」の廃屋をアームクレーンで壊すことが、過去のある事件とわだかまりを完全に消し去ったことを象徴していた。

 久しぶりに見るあの北の国からの吉岡秀隆の演技もよかった。もう熟年年寄りの役もこなせる年になったのだ。
 映画の重要な役を演じる仁科涼子役の安藤サクラが、山梨県出身の林真理子が出演しているのかと思わせるほど似ていた。
 吉岡も安藤もなかなかの演技派だ。益々の熟練活躍を期待したい。

・・・いい映画はいい。大げさにいうと生きていてよかったと思う一時だ。

「追憶」
製作年;2017年  製作国;日本  配給;東宝
スタッフ
監督;降旗康男  脚本;青島武 瀧本智行
キャスト
岡田准一;四方篤 小栗旬;田所啓太 柄本佑;川端悟 吉岡秀隆;山形光男
長澤まさみ;四方美那子 木村文乃;田所真理 安藤サクラ;仁科涼子

|

« かまつぼ商店再来か 「歌の日曜散歩」  | トップページ | 久しぶりに「飯盛山」へ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87746/65355961

この記事へのトラックバック一覧です: 定年後の暮らしは映画三昧 「追憶」を観る:

« かまつぼ商店再来か 「歌の日曜散歩」  | トップページ | 久しぶりに「飯盛山」へ »