« リベンジ 南アルプスの女王 「仙丈ヶ岳」 | トップページ

2017年10月12日 (木)

甲府城から移築された経緯は? 慶長院山門

 甲府駅西、JR中央線横沢ガード(*)を北上、愛宕町下条線を突っ切り横澤通りをしばらく行ったところの左側に、横澤山慶長院がある。Keityoin005曹洞宗のお寺である。

 白壁の美しい参道をまっすぐ進むと正面に古めかしい門が見える。この門が、甲府城の山の手御門から移築した門ではないかといわれている冠木門だ。甲府空襲でも焼けずに残ったといういかにも風格のある黒門である。

 この門、インターネットで調べてみたが、いつ頃、誰に、どういう経緯で移されたのかがよくわからない。先日の街めぐりの案内をしてくれた講師の方の口ぶりもどうもはっきりしない。

 今後引き続き、色々な文献資料を調べてみようと思っている。

(*)このガードは、今工事中で通ることが出来ない。もう三年も交通止めだが、先日の新聞報道では更に3年延長して通行止めが続くという。

|

« リベンジ 南アルプスの女王 「仙丈ヶ岳」 | トップページ

甲府城・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87746/65905141

この記事へのトラックバック一覧です: 甲府城から移築された経緯は? 慶長院山門:

« リベンジ 南アルプスの女王 「仙丈ヶ岳」 | トップページ