サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

にほんブログ村ランキング参加中

« 寒空にバラが咲いている | トップページ | 湯村山と八王子山へ 落葉の絨毯を歩く »

2017年12月 1日 (金)

「こんなところに甲府城お堀跡」(号外) 御宿かわせみに「薬研堀」 

 平岩弓枝の「御宿かわせみ」を読んでいる。その19巻「かくれんぼ」の中に「薬研堀の猫」という話がある。
 「薬研堀」ということばが出てくる訳だが、以前の私だったら何のことかよくわからなかっただろうが、甲府城のお堀跡のことを調べている今はよくわかるのだ。
 「薬研堀」は「やげんぼり」と読み、主にお城などの周りに敵の侵入を防ぐために掘られた大きな溝、お堀の種類の一つである。もっとも、この江戸時代には、この薬研堀に接している城下町の場所を「薬研堀」といったこともあったようだ。つまり町名でもあったのである。

 お堀について、断面形状による分類をインターネットで調べた。

<毛抜堀>~U字形の断面をもつ堀。水堀に多用される。
<箱堀>~箱形の断面をもつ、底の平坦な堀。水堀に多用される。
<薬研堀(やげんぼり)>底がV字形の尖った断面をもつ堀。薬研の窪みに形状が似ていることに由来する。底部の通行が困難であるため、空堀に使われることが多い。さらに諸薬研堀と片薬研堀に細分される。
<諸薬研堀(もろやげんぼり)>薬研堀のうち、両側が急斜面となったもの。空堀に使われることが多い。
<片薬研堀(やげんぼり)>薬研堀の片側を切り立ったものとした、レの字形の断面の堀。空堀に使われることが多い。鉛直に近い斜面を登るのはきわめて困難であるため、防衛に強力である。ただし、崩れやすくなる。
 <引用> 「堀」 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より

 甲府城のお堀の分類はどれに該当するのだろうか。今残っている内堀跡を見る限り「箱堀」か「毛抜堀」のように思われるが、文献資料等見る範囲で今のところはっきりわからない。引き続き調べていきたい。

 その他諸々のお堀に関わる情報を、この「こんなところに甲府城お堀跡」(号外)に載せていきたいと思っている。

« 寒空にバラが咲いている | トップページ | 湯村山と八王子山へ 落葉の絨毯を歩く »

勧学院・生涯学習」カテゴリの記事

甲府城・歴史」カテゴリの記事

読書・書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87746/66197230

この記事へのトラックバック一覧です: 「こんなところに甲府城お堀跡」(号外) 御宿かわせみに「薬研堀」 :

« 寒空にバラが咲いている | トップページ | 湯村山と八王子山へ 落葉の絨毯を歩く »

お薦めサイト

大蔵経寺山

  • 10-石和の町並み
     平成16年12月11日、初冬の穏やかな一日、積翠寺岩堂峠から大蔵経寺山へ登ってきました。

桜峠

  • 芦川北陵西端の山々
     平成17年1月29日、芦川北陵西端浅間山から桜峠を歩いてきました。  落ち葉の海を歩き、一面のカヤの原を越えて桜峠に行き着きました。  小さい頃からずっと眺めてきた山々です。

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30