サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

にほんブログ村ランキング参加中

« あけましておめでとうございます | トップページ | 「こんなところに甲府城お堀跡(その16)」 武田一丁目地内 三の堀 »

2018年1月 7日 (日)

「こんなところに甲府城お堀跡」(その15) 藤川と平行して三の堀跡

 湯村温泉や武田神社から車で石和温泉や塩山恵林寺方面に行くのに、混雑する甲府の中心部を通らず愛宕山トンネルを通ると大変便利である。この愛宕山トンネルができたのは昭和52年、平成8年までは有料道路であった。

Imgp28741_2 愛宕山トンネルを通っているのが通称山の手通りであるが、この愛宕山トンネル西側出口から200~300m山の手通りを西に行ったところに藤川が南北に横切って流れている。(この藤川は、時には富士川と書くこともある。ちょっと下ったところにあった富士川小学校などがこれに当たる。)この藤川と平行して10m位西に離れたところに甲府城三の堀跡があることを何人の人が知っているだろうか。

 Imgp28951山の手通りを横切って北へ延びる堀跡は暗渠になっているし、山の手通りの南側に10mばかり開渠になっているだけだからほとんどの人は知らないだろう、意識しないだろう。

 ここから南に延びた堀跡は、10m位でまた暗渠になり、そのまま更に南に向かうはずだが、その先は見当の付く暗渠らしきものもなくなり、全くわからなくなってしまう。
 三の堀跡は暗渠になってすぐ、なんと東側の藤川に流れ込む流路がある。このあたりが、藤川と三の堀が一番近くなっているところだ。

Imgp28971 甲府城三の堀は、この後山梨県埋蔵文化財センターの「平成甲府城下町絵図」にある元城屋町口あたりで二の堀を併せ南に向かい、愛宕町口先まで伸びるのだが、このあたりのお堀跡は全く見当が付かない。完全に埋め立てられたところだろうか。

 妻に、「どぶみたいな川や溝を見て廻って何が楽しいの。」と皮肉を言われるが、益々甲府城お堀跡めぐりが面白く楽しくなってきた。

写真上;山の手通り南の甲府城三の堀跡を南から見る。上方向暗渠になっているところが山の手通りだ。
写真中;山の手通り北から、開渠になっている三の堀跡を見る。ガードレール、金網の向こうが堀跡だ。
写真下;三の堀が藤川に流れ込んでいる場所。堀と川は、10mも離れていない。

« あけましておめでとうございます | トップページ | 「こんなところに甲府城お堀跡(その16)」 武田一丁目地内 三の堀 »

甲府城・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87746/66248000

この記事へのトラックバック一覧です: 「こんなところに甲府城お堀跡」(その15) 藤川と平行して三の堀跡:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 「こんなところに甲府城お堀跡(その16)」 武田一丁目地内 三の堀 »

お薦めサイト

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31