« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月の6件の記事

2018年2月27日 (火)

古宿の「セツブンソウ」

 JR身延線芦川駅から芦川沿いに上流に向かって車を走らせる。ミスミソウ群生地の畑熊の入口から車で更に10分ほど行ったところに古宿のバス停がある。そこを5~6m山に入ったところ個人のお宅の裏に「セツブンソウ」の群生地がある。

 枯れ葉が積み重なった斜面一面にセツブンソウの白い可愛い花が咲いていた。今まで何度か訪れているが、今回が最高、まさにセツブンソウの群生だ。夕方の弱い光の中で写真を撮った。
 畑熊のミスミソウの写真を撮った時よりは、落ち着いてじっくりセツブンソウの花の撮影が出来た様に思う。

Setubunso010

Setubunso020

Setubunso030

Setubunso040

Setubunso060

Setubunso080

Setubunso070

Seyubunso050

 (平成30年2月26日撮影)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年2月26日 (月)

「ミスミソウ」密かに咲く 畑熊2月26日

 畑熊の「ミスミソウ」を撮りに行ってきました。芦川を渡り、上の集落に向かって登るアスファルトの道を10分、畑に下る道を50mも行くと、山梨県が建てた「自然記念物 畑熊のミスミソウ」の看板があります。

 ・・・葉は平たい三角形で三つに切れ込み、各裂扁も三角形のためこの名があります。春先に白色の可憐な花をつけることから、ユキワリソウの別名もあります。・・・

 看板のあったところから崩れそうな山道を稲妻形に50mも登ったところがミスミソウの群生地です。時季が少し早く、残念ながらまだ数輪しか咲いていませんでした。山林の中に、まさに密かにミスミソウが咲いていたのです。

Misumiso010

Misumiso030

Misumiso020

Misumiso040

Misumiso050

Misumiso060

 写真は、恥ずかしいぐらい全く上手く撮れませんでした・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月11日 (日)

庭の花を撮る 福寿草が咲いた

 例年に比べ寒い日が続いているように思う。それでも立春が過ぎ日が長くなり、日差しが大分強くなってきた。今日は、朝のうちは雲があり薄ら寒い感じだったが、次第に雲がとれ大分暖かくなった。

 庭を眺めていたら、ハナニラの葉っぱが折り重なっている間から福寿草の黄色い花びらが覗いていた。ハナニラの葉っぱを少し除けてみたらこんな感じ。知らない間に芽を出し、蕾を付けていたのだ。

Fukujyuso010

 まだ一輪だが、その隣では蕾が開きもうすぐ咲きそう。今日中にはもう一輪咲くかな。

 2014年2月26日の「福寿草」 → 大雪にめげず・・・福寿草が咲いた

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年2月 7日 (水)

敷島梅の里 開花情報 平成30年2月6日

 2月に入って早速、甲府の不老園の梅の花が咲き始めたとニュースで伝えていました。今年ももうそういう時季になったんだと思い、今日はいつものウオーキングコースを甲斐市敷島総合公園に切替え、梅の里の梅の花の様子を見に出かけました。今年の敷島梅の里の梅の花開花情報の第一号です。

 敷島総合公園の広い駐車場から南側の梅畑を見下ろしましたが、咲いているようには見えませんでした。それでもと思い坂道を下ると・・・ああ、咲いていた!木の階段を下りてすぐのところにある枝垂れ白梅の枝の先の数輪が咲いていました。うれしくなってしまいました。周りを見回すと、近くの白梅の木の2~3本の枝先で結構沢山の花が咲いていました。

Sikisima020

Sikisima010

 更に下るとその先梅畑の下の方、東屋がある辺りの紅梅が一本の木は満開に近いほど咲いていてビックリしてしまいました。ああこれはすごいと思い周りを見渡すと、やはり2~3本の木はかなり咲いていて更にビックリでした。

Sikisima030

Sikisima040

 その後、駐車場南西側の梅畑を見に行きましたが、そちらは白梅も紅梅も花は開いていませんでした。総体的に梅の里の梅の花は一分咲きというところでしょうか。

  撮影カメラ ;  PENTAX K-7  レンズ ;  SMCPENTAX-DA 18-55mmAL

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月 2日 (金)

映画「祈りの幕の下りる時」

 韮崎の市長さんがいい映画だとフェイスブックに書かれたこともあって、映画「祈りの幕の下りる時」を見に出かけた。なるほど、ミステリーというよりヒューマンドラマだ。いい映画だった。去年見た「追憶」と同じような感じ。

 阿部寛、松嶋菜々子の他、そうそうたるメンバーがいっぱい出ている。烏丸せつ子、伊藤蘭、山崎努、相棒の及川光博、それになんと笑点の春風亭昇太までが出ていたりして。   
 監督の福澤克雄は、去年暮れ日曜劇場で「陸王」を手掛けたディレクターだそうだ。

 小日向文世演ずる福島の原発で働いていたという浅居博美の父親が死んでいく場面が涙を誘う。加賀の母親とこの父親が心を通わせていたことが救いでうれしい。

 映画を観て何故か、優しくまじめに誠実に生きる人に、幸せが沢山訪れるように祈らずにはおれない・・・。

 ・・・いい映画はいい。大げさにいうと生きていてよかったと思う一時だ。


<データ>
製作年;2018年/配給;東宝/上映時間;119分
<スタッフ>
監督;福澤克雄/原作;東野圭吾/脚本;李正美/エグゼクティブプロデューサー;那須田淳 平野隆
<キャスト>
阿部寛;加賀恭一郎/松嶋菜々子;浅居博美/溝端淳平;松宮脩平/田中麗奈;金森登紀子/キムラ緑子;浅居厚子 他

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月 1日 (木)

「こんなところに甲府城お堀跡」(号外) お堀で魚釣り

 老舗シマヤ釣具店が閉店したと、昨日の地元新聞山梨日日新聞に載っていた。先頃のスーパーヤマトといい、地域で馴染みの店がどんどんなくなっていくのが何とも寂しい。何とかならないものかと思う。

 その記事に私に興味あることが載っていた。「・・・シマヤ釣具店は戦国時代末期に雑貨、両替商として創業。甲府城の外堀に放流していた魚を釣る人向けに商売をしていたとされている。明治期に釣り具販売に特化した。・・・」

P1040571 甲府城が出来て、内堀はともかく外堀では釣りも、可能だったろうか。まだ周りには畑や田んぼなども多かったお堀の畔の土手から釣り糸を垂れている人々を想像すると、何か楽しくなる。
 明治以降はもしかしたら内堀なども含めて、あちこちのお堀で庶民が釣りを楽しんだのではないだろうか。今も残る内堀でボート遊びが可能だった時だってあったというから。

 現在も内堀で、大きい鯉が悠々と泳いでいる。(今は真冬で、姿がなかなか見えないが)

 写真;お堀に映る石垣と白壁 県庁公用車駐車場側から東を見る 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »