« 山への思い テレビ 「南アルプス大縦走」を観る | トップページ | 定年後の暮らしは読書三昧 平岩弓枝「御宿かわせみ」を読む(その三) »

2018年7月17日 (火)

定年後の暮らしは読書三昧 平岩弓枝「御宿かわせみ」を読む (その二)

 壮大なシリーズ時代小説、お話である。「御宿かわせみ」が「浮かれ黄蝶」まで34巻、「新・御宿かわせみ」が「蘭陵王の恋」まで4巻(私が確認している範囲で)合計38巻の長編だ。幕末から明治時代に移り変わる世の中を背景に小説は進展していく。歴史をよく調べ承知してでの小説、平岩弓枝さすがである。

 主人公の次男坊冷や飯食いの神林東吾と旅籠の女主人るいのどちらかというと隠れた関係の恋愛模様から話が始まる。以前テレビでやっていて私が観たのは、この頃のことではないだろうか。やがて話は進展し与力で真面目で真っ正直の兄(通之進)にも正式に認められ、るいと結ばれる。かわせみで生活することになったのだから婿さんみたいなものかな。

 東吾のところに女の子(千春)が生まれ、兄のところに養子に来た男の子(麻太郎)が異母兄妹ではないかという関係も、いつの間にか周りにも本人たちにもわかっていったようだ。そのあたりの話の展開も面白い。

 やがて「新・御宿かわせみ」になると、東吾は仕事の軍艦操作所の船の事故で行方不明という展開になる。そして東吾の息子の麻太郎の時代の話に移っていく。流動する社会、いわゆる明治維新の社会も描かれる。外人さんが話に大勢出て来たりして。

 そして今私が読んでいるのが「新・御宿かわせみ 花世の立春」だ。「御宿かわせみ」ではどちらかというと藤沢周平の下町ものと同じ「人情話」に近いものが多かったが、「新・御宿かわせみ」になって、なんか様々な事件の犯人捜の話が中心になってしまったような気がする。よくテレビでやっている一部屋で話し合い犯人を特定するといったようにやっている番組があるではないか、なんかあんな感じになってしまった。余り面白くない。
 また一話の話が長くなってしまったような気がする。「御宿かわせみ」では、ちょっと時間があるときに一話が読み切れる量であったが、「新・御宿かわせみ」では長過ぎてちょっとほっとした時間に読みきるには長すぎるのである。

 結論でいうと御宿かわせみは、「御宿かわせみ」で終わっていた方がよかったのではないかと思う。あるいは、「御宿かわせみ」と「新・御宿かわせみ」は違う小説だと考えた方がいいかも。
 が・・・、もうすぐ私は「新・御宿かわせみ」も読み切ってしまう。一年以上順次愛読し読み進めてきた小説が終わりになるというと、何かさみしくなってしまう私なのだ。

 ・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

   去年の2月24日の記事
  → 定年後の暮らしは読書三昧 平岩弓枝「御宿かわせみ」を読む 

 「新・御宿かわせみ 花世の立春」 平岩弓枝 文藝春秋 平成22年1月10日第1刷

|
|

« 山への思い テレビ 「南アルプス大縦走」を観る | トップページ | 定年後の暮らしは読書三昧 平岩弓枝「御宿かわせみ」を読む(その三) »

読書・書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87746/66944228

この記事へのトラックバック一覧です: 定年後の暮らしは読書三昧 平岩弓枝「御宿かわせみ」を読む (その二):

« 山への思い テレビ 「南アルプス大縦走」を観る | トップページ | 定年後の暮らしは読書三昧 平岩弓枝「御宿かわせみ」を読む(その三) »