カテゴリー

お薦めサイト

« 武田勝頼終焉の地を訪ねる | トップページ | NHKテレビ日曜美術館「微笑む仏」を観る »

2018年9月21日 (金)

懐かしい映画「シェルブールの雨傘」を観る

 録画してあったNHKプレミアムシネマ「シェルブールの雨傘」を観た。この映画を観るのは、もう何度目になるだろうか。

 冒頭のシーン、真上からの雨傘の撮影アングルで、一つ一つの傘の動きが実に面白い。この後の映画への予感、興味を増しているように思う。映画全編を通しての明るい色調もよい。ミュージカルということもあるのか楽しささえ感じる。

 カトリーヌ・ドヌーブの美しさにため息が出る。後年封切りの「幸せはパリで」も観たが、この「シェルブールの雨傘」の頃のカトリーヌ・ドヌーブには初々しさが感じられ可愛く美しい。

 ソフィア・ローレン主演の映画『ひまわり』と同様、戦争で引き裂かれた男と女の運命の映画だが、この「シェルブールの雨傘」は寂しいけれども、結果的にはどちらかというとハッピーエンドで、これでいいのではと思ったのだった。
 それにしてもギイは、自分で名前をつけた女の娘に一言声を掛ければ更にハッピーエンドで終わったのに(^_^)。

 ・・・いい映画はいい。大げさにいうと生きていてよかったと思う一時だ。

「シェルブールの雨傘」
製作年;1964/製作国;フランス/配給;東和/上映時間;91分
<スタッフ>
監督脚本;ジャック・ドゥミ/音楽;ミシェル・ルグラン
<キャスト>
ジェヌビエーブ;カトリーヌ・ドヌーブ/ギイ;ニーノ・カステルヌオーボ/エムリー夫人;アンヌ・ベルノン/カサール;マルク・ミシェル

« 武田勝頼終焉の地を訪ねる | トップページ | NHKテレビ日曜美術館「微笑む仏」を観る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

自分史」カテゴリの記事

コメント

 何かせわしい毎日で、ブログを書いたりホームページを更新したりすることも怠りがちです。
 台風が心配です。山梨は比較的台風の被害も少ない県ですが、今回はどうでしょう。ブドウの出荷時期、稲刈りの時期ですので心配です。被害が出ないよう祈るばかりです。
 教生の指導ご苦労様です。次代の子どもたちを教育するいい先生を育ててくださるようお願いします。

Tsukaさま、お元気ですか。
熊本は、台風の影響で雨の週末となっております。
山梨も明日上陸しそうですね。
何もないことを祈っています。

教育実習生が来ています。年配になり、毎年のようにこの時期実習生を担当するのですが、年々気を遣う度合いが大きくなっています。なぜでしょう。
休みの日には、ぐったりとしてしまいます。

今、来ている実習生は甲府にいる息子と同じ年のお嬢さん。息子より遙かにしっかりしています。(*^_^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい映画「シェルブールの雨傘」を観る:

« 武田勝頼終焉の地を訪ねる | トップページ | NHKテレビ日曜美術館「微笑む仏」を観る »

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村ランキング参加中