カテゴリー

お薦めサイト

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 信玄終焉の地 勝頼大敗の地を訪ねる | トップページ | 懐かしい映画「シェルブールの雨傘」を観る »

2018年9月13日 (木)

武田勝頼終焉の地を訪ねる

Sanmon001 山梨ことぶき勧学院中巨摩学園第25期生同窓会「輝きの会」の今回の活動は、「武田氏の文化遺産 3」で、甲斐市教育委員会の大嶌先生を講師に、甲州市旧大和村方面のフィールドワークとなりました。

 

Keitokuin005
 午前中、甲斐市敷島総合文化会館小講堂で大嶌先生の講義を聞き、午後が現地見学となりました。

 

 最初に訪れたのが天童山景徳院。景徳院は、いうまでもなく武田家終焉の地であり、家康により勝頼主従の死を弔うために創建された曹洞宗のお寺。
 県指定有形文化財に指定されている山門(三門)を見、そこから右に10mほど行ったところに、勝頼のお墓がありました。勝頼のお墓の右には北條夫人、左には息子信勝のお墓がありました。Seiunji001_2
 ここで自害亡くなった勝頼親子は勿論、多くの家臣が逃亡し背いたなかで最後まで勝頼に従って亡くなった一族家来たちの気持ちを思うと胸が詰まります。

 

 その後更に奥の栖雲寺へ。ここは武田家10代当主武田信満の開基、勝頼は岩殿山をめざしたのに小山田信茂に裏切られ、この武田家由縁の栖雲寺に逃れようとしたともいわれています。
 奥にある石園は見るための庭ではなく、修行僧が座禅を組んだ禅庭ということです。
 また、この栖運寺がある木賊地区が「蕎麦切り」の発祥の地ということで境内に碑がありました。

 

      (平成30年9月11日)

« 信玄終焉の地 勝頼大敗の地を訪ねる | トップページ | 懐かしい映画「シェルブールの雨傘」を観る »

甲府城・歴史」カテゴリの記事

勧学院・生涯学習」カテゴリの記事

コメント

Tsukaさま、「旧下部町丸畑 木喰の里微笑館」のブログ、拝見させていただきました。人里離れたところにあるようですね。いつかぜひ訪れたいと思います。
なかとみ現代工芸美術館で開催されている木喰展も行ってみたい!

全国を旅した木喰の作品が熊本に残ってないか調べてみたところ、阿蘇に仏像が残っているようです。

山梨って、興味を持てるものがたくさんあります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武田勝頼終焉の地を訪ねる:

« 信玄終焉の地 勝頼大敗の地を訪ねる | トップページ | 懐かしい映画「シェルブールの雨傘」を観る »

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

にほんブログ村ランキング参加中