« 3月2日畑熊のミスミソウ | トップページ | 庭の花を撮る 「クリスマスローズ」 »

2019年3月10日 (日)

甲府城から 華光院の太子堂

 山梨県立考古博物館主催の史跡文化財セミナーに参加した。今回は、こうふ開府500年にちなんで「武田城下町を歩く」だった。甲府城に絡みながら、歩いたところを順次まとめていきたい。まず最初は、華光院(けこういん)の太子堂。Imgp50281_2

 華光院は、武田信虎が荒神山(今愛宕山の仏舎利塔がある辺り)に創建したものを、信玄が現在地に移したものだといわれている。

 境内にある太子堂は、元々甲府城本丸にあった毘沙門堂を、亨保9年(1724年)柳沢吉里が大和郡山Imgp50352に転封された後、亨保17年に移築したものだという。

 太子堂へ上る石段の脇にある説明板には、「・・・甲府城に関係した建物の中で、現存する唯一の建物です。・・・」とあった。

 境内から、甲府武田城下町愛宕町の街並みの向こうに南アルプス甲斐駒鳳凰の眺めが素晴らしかった。いいところに華光院太子堂は建てられているのだ。


<参考資料>
「平成 武田城下町絵図」 山梨県埋蔵文化財センター
華光院からいただいた資料 「華光院略縁起」
フリー百科事典『ウィキペディア』 「甲府城」

|

« 3月2日畑熊のミスミソウ | トップページ | 庭の花を撮る 「クリスマスローズ」 »

甲府城・歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲府城から 華光院の太子堂:

« 3月2日畑熊のミスミソウ | トップページ | 庭の花を撮る 「クリスマスローズ」 »