カテゴリー

お薦めサイト

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月の8件の記事

2019年5月30日 (木)

こんなところに甲府城お堀跡(その19)深町河岸跡付近からさらに北へ 三の堀跡

 前回紹介した深町河岸跡付近で濁川を東方向に分けた甲府城三の堀跡(*)は、北へ向かう。三日町通りの秋葉神社東の信号をさらに東に進む一方通行の狭い道を斜めに突っ切った三の堀は、さらにさらに北に進み教安寺の西の外れを通り城東通り(国道411号)を横切る。この辺りの三の堀の東側にはこの教安寺、そして尊躰寺がある。この二つのお寺も甲府城に深く関わっているが、詳細は別の機会に。

Imgp56430
<秋葉神社東の信号から50~60m東に進んだところ、一方通行の狭い道から南方向を撮っている。>

Imgp56380
<黒い扉の向こうが三の堀。城東通りへ出るところ。城東通りから南方向を撮っている。>

 三の堀跡は、今は国道411号線(以前は甲州街道、国道20号線)になった城東通りを暗渠で潜り、中銀東支店の駐車場辺りを北に向かい甲斐奈通りに出る。


Imgp56390
<中銀東支店の建物と駐車場の間を結構広い暗渠で三の堀が北に向かっている。>

 ここから先は、写真正面の扉からまっすぐ北へ工場などの西端を進み甲斐奈通りを横切ることになる。さらにその先はおそらく甲斐奈神社の東端を北上し、甲斐奈神社の北側を西に向かうのだろうがその辺りは、もうよくわからない。

 藤川の手前で西側に向かう三の堀は旧富士川小学校の南側をさらに西へ進み、甲府城下町近習町口辺りで一の堀(内堀)へ続く。

 (*)こんなところに甲府城お堀跡(その18)深町河岸跡付近から北へ進む三の堀跡

  <参考文献>「平成甲府城下町絵図」山梨県埋蔵文化財センター

2019年5月27日 (月)

ラジオライトハウス 「盲ろう児教育のあけぼの」

 地元のYBSラジオで”ラジオ ライトハウス”を放送している。視覚障害の人に生活情報などを伝えていて長く続いている番組だが、障害児教育に長く関わっていた私にも大変参考になる内容が多く、時々聞いている。
 今回はスペシャル番組として「成子と忠男~盲ろう児教育のあけぼの」と銘打った番組を放送していた。以前同じYBSラジオで、山梨県の盲学校の卒業式に匿名で毎年オルゴールを送っている人がいるという番組を聞きブログに記事(*)を書いたときに、重複障がい児の教育の先駆的な教育実践がこの山梨県立盲学校でなされたということを付け加えて放送すればいいのにとコメントを書いていたのだが、今回の放送がまさにその内容だった。

 その当時寮母さんをしていたという中島さんの話、先駆的な盲ろう児の教育に取り組んだ当時の先生方のこと、その教育の内容方法などを科学的に指導バックアップした梅津八三のこと、今元気に暮らしている成子さんのこと、そしてその頃の貴重な指導の記録のデジタル保存が今進められていることなどが取り上げられ、奥の深い素晴らしい番組であった。
 ローカル放送では、もったない内容の放送だった。前の記事(*)でも書いたが、全国ネットのどこかのラジオ局で再放送して、日本中の大勢の人が聞いてくれるといいと思ったのだった。

 (*) → ローカルラジオ局のいい番組 

2019年5月21日 (火)

続 薔薇の花園

 我が家の庭で、今年はいつもより薔薇の花が見事に花開き綺麗に咲いています。何よりもこんなに素晴らしい花を咲かせる一本一本の薔薇たちに感謝をしたいと思います。そして、夏の炎天下暑いときも、雪の降る寒い冬の日も、一年中薔薇の世話をせっせとするわが妻にも感謝。

Imgp612100

Imgp613400

Imgp612300

Imgp602900

Imgp604000

Imgp604200

Imgp612200

Imgp612000

Imgp607700

Imgp612500

( 撮影カメラ ; PENTAX K-7  レンズ ; SMCPENTAX-DA 18-55mmAL )

庭の花を撮る 薔薇の花園

 テレビや新聞で、県内あちこち綺麗なバラの花が咲いている様子を報道していますが、我が家の庭でも今バラの花が満開・・・まさに「薔薇の花園」です。道行く人が「綺麗ですね。」と声をかけてくれます。街の人たちとバラ談義がまた楽しいのです。街の美化にも役に立っているかなと思います。
 何よりもこれらの薔薇の花たちを見ていると「どうしてこんなに美しいのだろうか。」とため息が出るほどです。今年もこんなに美しく綺麗に咲いてくれてありがとう。
 今日は雨、無情の雨に花びらを散らされても、明日はまた綺麗な姿を我が家の庭一杯に披露してくれることでしょう。

Imgp614300

Imgp614200

Imgp616800

Imgp616400

Imgp616500

Imgp615900

Imgp615800

Imgp603300

Imgp604400

( 撮影カメラ ; PENTAX K-7  レンズ ; SMCPENTAX-DA 18-55mmAL )

2019年5月13日 (月)

三ガク都松本の街散策

<やまなし勧学院中北教室第27期生OBハイキングクラブ今回は、山登りではなく「鈍行列車の旅 三ガク都松本の街散策」と銘打っての小さな旅となりました。最近めったに乗ったことのない鈍行電車の中でゆっくり語り合い、また雲一つない青空の下信州松本の街をゆっくり散策しました。気がおけない仲間たちとの、何とも気持ちのよい楽しい旅となりました。>

 松本駅前から、あがたの森通りを歩き、途中左折して女鳥羽川を千歳橋で渡るとすぐ松本城でした。30分ぐらいだったでしょうか。松本城黒門前では、きれいに雪を被った北アルプスを背景に素晴らしい松本城天守を眺めることが出来ました。

Imgp59600 

 日本で国宝に指定されている城が、五つ(姫路城、彦根城、犬山城、松本城、松江城)あるそうですが、その一つがこの松本城です。天守最上階まで登りましたが、階段が狭く急で大変でした。天守は楽をしては攻略できない (^_^)。
 お城を出て出てすぐのお店「川舟」で天ぷら信州そばで昼食、美味しかった。その後、お城のすぐ後ろの開智学校へ。懐かしい学校の雰囲気にみんな大喜びでした。個人的には、特殊学級に関わる説明に大いに興味を持ちました。担任には優秀な先生を配置したという説明に納得。

Imgp60040

 その後、SNS等で有名な塩川喫茶部でクリームあんみつを食べ、小さな店の並ぶ風情ある縄手通りをゆっくり歩き松本駅に向かったのでした。

Imgp60100
 (私のブログで、食べ物をこんなにアップ撮影、載せるのは初めてです(^_^)。)

Imgp60230_1

 ほんのさわりなのかも知れませんが、「三ガク都松本」を実感した松本の街歩きでした。


 (令和元年5月10日歩く)  

2019年5月 9日 (木)

山梨百名山79座目「毛無山」

<鶏冠山などいくつかの山はとても無理だと思って、山梨100名山全部踏破はもともとあきらめていた。それでもと思いながら、登り続けてきて、今回の「毛無山」で山梨百名山79座目となった。>

【 登った山 】 山梨百名山「毛無山(1,946m)」
【 登った日 】 令和元年5月6日(月)
【 コースと時間】
 甲府5:40=中央道双葉スマートIC=中部横断道下部早川IC=下部温泉街=6:40毛無山登山口7:10-8:30山の神8:40-9:00中山金山跡-9:30第二地蔵峠9:40-11:10毛無山山頂11:20-12:30第二地蔵峠-13:00山の神13:10-14:10登山口
【 参考にした資料 】
 「 新版 アタック 山梨百名山 」 監修 山梨メーブルクラブ 平成22年4月 山梨日々新聞社 
 「 甲斐の山山 」 小林経雄 平成4年3月 新ハイキング社

Imgp58080  先頃供用開始になった下部早川ICで中部横断道を下り、狭い下部温泉街の道、湯之奥の集落を通り、毛無山登山口に着いた。ここには車5~6台駐められる駐車場がある。中山金山と毛無山の説明板を見て、登山道に入った。

 ひたすら登りの登山道を登る。去年の台風の影響か倒木が結構あり、登山道を塞いでいるところもあったが、一応通れるようにはなっていた。中山金山跡を眺めながら、第二地蔵峠に着いた。ここまでは、一度湯之奥金山博物館が主催した中山金山見学会で登ってきたことがあった。

Imgp58400_1  霧が出ていて、楽しみにしていた富士山はまったく見えなかった。ここから頂上をめざす。アップダウンが結構あり、時間がコースタイムよりも大分かかってしまった。頂上でも眺めは全くなかった。それどころか雨も少し降ってきたので、一等三角点と山頂の標柱を写真に収め早めに頂上を退散した。

*山梨百名山木標のあるここにある一等三角点は、標高1945.5mだ。毛無山には三つのピークがあって一番高いところが1,946mだそうだ。ちなみに山梨県には一等三角点は二つだそうだ。(もう一つは甲斐駒ヶ岳。)Imgp58440

 楽しみにしていた峠からの富士山、麓の朝霧高原、山頂から見えるという駿河湾や伊豆半島は、辺り一面の霧で見ることは出来なかったが、27,000歩の今までの最高歩数、静かな山歩きと山梨百名山1座ゲットで満足、満足の山行きだった。

2019年5月 3日 (金)

令和元年5月 我が家の庭で春の花が一杯

 毎年この時季、「我が家の庭で春の花が一杯」の記事を書き、写真をアップしています。「令和元年 我が家の庭で春の花が一杯」は、スズラン、オダマキ、サクラソウ、クリスマスローズ・・・。

 撮影カメラ ; PENTAX K-7  レンズ ; SMCPENTAX-DA 18-55mmAL

Imgp58041

Imgp55811

Imgp57251

Imgp57291

Imgp57951

Imgp55891

Imgp57561

Imgp57601

Imgp57460

Imgp56091 

2019年5月 2日 (木)

庭の花を撮る オダマキの花園

 わが家の庭に、オダマキのが花いっぱい咲いている。

 毎年、オダマキの花が咲き、実から種になった時、あちこち種を振りまいている。それが何となく楽しい。そんなこともあって、我が家の庭あちこちで咲いている。色々な色で、色々な形で花が咲いている。もしかしたらあちこちで交配が進んでいるのかも知れない。

 どの色も趣があっていい。♪ 一つとして同じものはないからNo.1にならなくてもいい もともと特別なonly one ♪ 

   撮影カメラ ; PENTAX K-7  レンズ ; SMCPENTAX-DA 18-55mmAL

Imgp57460

Imgp57740

Imgp57420

Imgp57911

Imgp57900

Imgp56210

Imgp55881

Imgp56181

Imgp57341

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村ランキング参加中