サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

にほんブログ村ランキング参加中

« こんなところに甲府城お堀跡(その19)深町河岸跡付近からさらに北へ 三の堀跡 | トップページ | 庭の花を撮る「紫陽花の花園」 »

2019年6月 1日 (土)

甲府城二の堀跡に新青沼橋架かる こんなところに甲府城お堀跡(その20)

<日本百名城に数えられる「甲府城(舞鶴城)」には、お堀が鍛冶曲輪の南、遊亀橋両側に残存する。これが内堀の一部で甲府城で残っている唯一のお堀らしいお堀である。 甲府城には一の堀(内堀)、二の堀、三の堀があったが、そのほとんどが埋め立てられ当時の様子を知ることは出来ない。それでも、普段よく行っている場所、よく通っている道路の脇など思いがけないところに、川になったり、ちょっとした溝、側溝になったり、また暗渠になったりで、甲府城のお堀跡が市内各地に残っている。>

 以前、甲府城二の堀跡で紹介した堀(*)に新しい橋が架かっている。甲府駅脇の信玄公像前の道路を300mばかり西方向に進むと突き当たりに広い駐車場がある。Imgp56240 今その駐車場を斜め左に突っ切り、横沢通り方面に向けて新しい道路がつくられている。この道路が出来上がると、横沢通りから甲府駅に行くのにずいぶん便利になるだろう。(もっとも横沢通りのJR中央線ガードは長い間、工事で交通止めになっていて開通が何時になることやら。)

Imgp56250  その新しい道路が二の堀跡を越える橋が「新青沼橋」だ。もう真新しい銘板が取り付けられている。この工事で、この辺りの二の堀跡は、前に紹介したときとは(*)ずいぶん変わってしまっている。

 これまでの時代の流れの中で、残っていた甲府城のお堀跡も姿を変えて来たのだろうし、これからもさらに変わっていくだろう。仕方がないという気持ちもあるが、何か寂しい気持ちがする。せめて甲府城お堀跡とかの説明板でも設置されるとうれしいのだが。

 

写真右上;西側横沢通り側から撮っている。手前から伸びている道路が写真中央で二の堀跡を渡る。そこに新青沼橋。左に見える茶色の大きな建物は最近出来た大原学園の建物。公務員志望の大勢の学生さんが勉強している。

写真左下;二の堀跡がここでクランクし北に向かう。側壁も以前とは違い新しくなっている。JR中央線の線路を潜って北へ続いている。 

(*) 「こんなところに甲府城お堀跡」(その7) 共立病院北側 二の堀跡

« こんなところに甲府城お堀跡(その19)深町河岸跡付近からさらに北へ 三の堀跡 | トップページ | 庭の花を撮る「紫陽花の花園」 »

甲府城・歴史」カテゴリの記事

コメント

 コメントありがとうございます。
 そうそうレンタカー屋さんありました。甲府駅に北口がないころ、梨大の学生さんはここを右に曲がって朝日町のガードをくぐって学校へ通っていたそうです。

この写真の風景分かります!
確か大原学園?という専門学校のところですね。
この近くの「タイムス」というレンタカー屋さんでいつも車を借りるので、なんだか懐かしい風景です。
この近くにもお堀があったのですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こんなところに甲府城お堀跡(その19)深町河岸跡付近からさらに北へ 三の堀跡 | トップページ | 庭の花を撮る「紫陽花の花園」 »

お薦めサイト

大蔵経寺山

  • 10-石和の町並み
     平成16年12月11日、初冬の穏やかな一日、積翠寺岩堂峠から大蔵経寺山へ登ってきました。

桜峠

  • 芦川北陵西端の山々
     平成17年1月29日、芦川北陵西端浅間山から桜峠を歩いてきました。  落ち葉の海を歩き、一面のカヤの原を越えて桜峠に行き着きました。  小さい頃からずっと眺めてきた山々です。

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30