サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

にほんブログ村ランキング参加中

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月の6件の記事

2019年9月30日 (月)

「こんなところに甲府城お堀跡(その23)」 三の堀跡 山神社付近

 「こんなところに甲府城お堀跡(その22)」をアップしてしばらくして、地元の新聞「山梨新報」に大変興味ある記事(*)が載った。私の書いた内容(< >内)を、まったくフォローしてくれるような記事だった。甲府城二の堀と三の堀に囲まれた場所に、職人が大勢住んでいたことがわかる。

(*) 「小江戸甲府 城下町の昔を訪ねる 6」山梨新報社発行「山梨新報」令和元年9月27日付

<・・・江戸時代に甲州街道宿場本陣があった柳町から今の遊亀通りを南進、レトロな旧商工会議所(*-1)の角を左折すると鍛治町通り(*-2)に入り、更に進むと桶屋町通り(*-3)となる 新月院前の信号を過ぎると開運橋を渡る。Imgp68291 この開運橋の下を南から北に流れているのが三の堀跡(濁川)だ。・・・橋の手前左側には山神社(*-4)があり、その横の三の堀跡の上に建物が建っている。・・・ >

(*-1)この「レトロな旧商工会議所」の建物は、現在は「甲府法人会館」で、大正15年に「甲府商工会議所」ビルとして立てられた山梨県最古の近代ビルだ。
(*-2)鍛冶職人が道路の両側に多く住んでいた町である。鍛冶職人は、主に桑や鎌といった農具を作っていた。
(*-3)桶屋町には桶や樽を作る職人が集まっていた。たらいや醤油、酒の醸造樽、棺桶まで作っていた。
(*ー4)山の神である大山衹命を祀っている。桶職人は材木を扱うため山の神への信仰が篤かったのだろう。桶屋町から出る木屑は製糸工場や銭湯の燃料としてリサイクルされた。

写真)山神社際三の堀跡の上にある建物の北方向を撮る。この先で右(東)にクランクしているのがわかる。

 

2019年9月22日 (日)

こんなところに甲府城お堀跡(その22) 北へ進む三の堀跡 山神社付近

< 日本100名城に数えられる「甲府城(舞鶴城)」には、お堀が鍛冶曲輪の南、遊亀橋両側に残存する。これが内堀の一部で甲府城で残っている唯一のお堀らしいお堀である。P1040573 甲府城には内堀(一の堀)、二の堀、三の堀があったが、そのほとんどが埋め立てられ当時の様子を知ることは出来ない。それでも、甲府市内の普段よく行っている場所、よく通っている道路の脇など思いがけないところに、川になったり、ちょっとした溝、側溝になったり、また暗渠になったりで、甲府城のお堀跡が市内各地に残っている。>

 江戸時代に甲州街道宿場本陣があった柳町から今の遊亀通りを南進、レトロな旧商工会議所の角を左折すると鍛治町通りに入り、更に進むと桶屋町通りとなる。Imgp68261 新月院前の信号を過ぎると開運橋を渡る。この開運橋の下を南から北に流れているのが三の堀跡(濁川)だ。

Imgp68281市内の側溝や川はみんな、北から南に流れているのに、ここは南から北に流れている。人工の工作物であることがわかる。

 橋の手前左側には山神社があり、その横の三の堀跡の上に建物が建っている。Imgp68241 地区の集会場のような感じである。公共の建物故、河川の上に建てることが許されているのだろうか。その建物の下を北に三の堀跡は流れている。その先3回ほどクランクして、以前記述した「深町河岸跡」辺りに至る。

 写真左上)甲府城内堀 遊亀橋南端から西方向を撮る
 写真右上)桶屋町通り開運橋から南方向を撮る
 写真右下)三の堀跡に架かる開運橋と堀の上にある建物
 写真左下)山神社際堀跡の上の建物の北方向を撮る

2019年9月21日 (土)

続々 佐伯泰英「居眠り磐音」を読む  とんでもない展開に

 佐伯泰英の「居眠り磐音 江戸双紙」を読み進めている。先ほど、第32巻「更衣ノ鷹 下」を読み終わったところだ。新装版が発売されていて、ネタバレはうまくないのかも知れないので詳しくは述べないが、磐音を巡る状況が今までになく最悪となってこの巻が終わっている。

 私が見たBSプレミアムで放送がされていたドラマのラストシーン、磐音とおこんが草原の中の一本道を二人で手に手を取り歩き遠ざかって行くシーンが印象的で、小説もこの場面でハッピーエンドで終わりと思っていたが、とんでもない。その後も話は延々と続き、何度も何度も危機場面があったが、今までそれらを見事乗り越えてきた。溜飲が下がる思いで読み進めてきたのだった。

 今までそんな思いで楽しく読み続けてきたのに、ここへ来て西の丸家基の影の援護を続けてきた磐音の周りの状況が、田沼の謀略により最悪となった。

 たかが小説上のことで大げさとも思うが、明るく楽しく過ごしてきたのに実際の生活の上でも気持ちが暗くなり寂しくなった。この最悪の状況から、どう話が展開していくのか、磐音がどう立ち直っていくのか、気持ちを入れ替え期待して続きを読み進めていきたい。 


 それでも・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

  「居眠り磐音 江戸双紙32 更衣ノ鷹 下」 佐伯泰英 著 双葉文庫 2010年1月 第1刷発行

2019年9月10日 (火)

こんなところに甲府城お堀跡(その21) 二の堀跡から三の堀跡(濁川)へ

 甲府市街桜町南交差点の南東、中銀柳町支店と小宮山印店の間に、 甲府の繁華街桜通り東側を下ってきた二の堀跡がここで顔を出す。Imgp68441ここからは三の堀跡となる。巾3~4m、深さも4~5mあり、両側と底が石垣、コンクリートで固められている。繁華街に一部残っている二の堀跡とは違い、川といっていいようなものだ。濁川がここから始まるといってもいいのだろうか。堀跡らしくなっている。この先川幅はだんだん広がっていく。

Imgp68142  中銀柳町支店と小宮山印店の間を出発点に100mばかり南進した三の堀跡は、老舗「鰻 松月」の所で 、東側にクランクし50m程進み遊亀通り緑橋をくぐって行く。確かここ緑橋の所には、以前歩道橋があり、道案内の目印になったものだ。緑橋を潜った三の堀跡は、更に東に進む。

写真右上)中銀柳町支店東側の三の堀跡。金網の間から南方向を撮っている。
写真左下)クランクした三の堀跡。東方向を撮っている。遊亀通り緑橋が見える。

2019年9月 8日 (日)

展望抜群 八子ヶ峰を歩く

<勧学院OBの仲間と、八子ヶ峰を歩きました。蓼科山とビーナスラインを挟んで反対側(南側)にある小高い丘のような山です。眺めが抜群、御嶽山や槍ヶ岳まで眺められました。>

【 歩 い た 日 】 令和元年9月7日(土)
【コースと時間】 ビーナスラインすずらん峠駐車場登山口8:45-9:05ヒュッテアルビレオ9:15-八子ヶ峰東峰-9:50八子ヶ峰中峰10:20-八子ヶ峰東峰-11:30すずらん峠駐車場

Imgp67491 登山口を出発、20分ほど急坂を登る。登りきったところに三角屋根の山荘ヒュッテアルビレオがある。小屋は開いていなかった。小屋前は、眺め抜群で八ヶ岳、霧ヶ峰はもちろん南アルプス、御嶽山、北アルプス穂高、槍ヶ岳まで見渡せた。

Imgp67481  その先は若干のアップダウンはあるが、快適な高原歩きだ。ウメバチソウ、ワレモコウ、トリカブトなどの山の花も所々に咲いていた。八子ヶ峰東峰を過ぎたあたり蓼科山が大きく見え、見下ろすと女神湖も見えた。女神湖は昔は湖面が凍ってサーキット場になっていたんだよとという仲間の話を聞きながら、展望抜群の高原を歩いた。

Imgp67561 眺めのいい八子ヶ峰中峰(1850m)で写真を撮り、近くの日陰で昼食とした。中峰からは、その先西峰までの尾根道が見渡せた。Imgp67871 西峰が八子ヶ峰の本峰のようだが、もう十分眺めを堪能したし、八子ヶ峰の一番高いところは東峰(1869m)で登ったしということで、今日はここから引き返すことにした。

 爽やかな気持ちよい風に吹かれ、抜群の展望を堪能し、満足満足の八子ヶ峰の高原歩きだった。

2019年9月 5日 (木)

定年後の暮らしは読書三昧 続 佐伯泰英「居眠り磐音」を読む

 佐伯泰英の「居眠り磐音 江戸双紙」を読み進めている。今、28巻「照葉ノ露」だ。この先51巻 まであるようで、まだまだ楽しめるということでうれしい限りだ。

 私がこんなに次を読むのが待ち遠しいと思うほど楽しく小説本を読み続けるのは、私の読書遍歴で初めてかも知れない。一冊一冊読み終わった後の満足感、楽しく読み終わった充実感、そしてこれから先の話の展開を想像することの楽しさはこの上ない。

 テレビで先日までBSプレミアムで再放送がされていて、ドラマの最後で、磐音とおこんが江戸に向かって草原の中の一本道を二人で手に手を取り歩き遠ざかって行くシーンが印象的で、小説もこの場面でハッピーエンドで終わりと思っていたが、とんでもない。この場面は小説半分にも行かない場面だ。この後も延々と51巻 まで小説は進むのだ。51巻で終わった後も、磐音とおこんの息子の話のシリーズもあるようで、これから先、楽しみがいつまでも続く。

 定年後の暮らしにも心を悩ますことは多々ある。どうしても解決できないこと、時を待たねば解決できないこともあり、心が落ち着かないことがあるが、この本を読んでいると不思議と心が落ち着く。心の安定剤になっている。楽しく読み終わった後は、心を悩ます雑事にも落ち着いて取り組もうとする気持ちが沸くのだ。

・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

 「居眠り磐音 江戸双紙28 照葉ノ露」 佐伯泰英 著 双葉文庫 2011年8月 第10刷発行

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

お薦めサイト

大蔵経寺山

  • 10-石和の町並み
     平成16年12月11日、初冬の穏やかな一日、積翠寺岩堂峠から大蔵経寺山へ登ってきました。

桜峠

  • 芦川北陵西端の山々
     平成17年1月29日、芦川北陵西端浅間山から桜峠を歩いてきました。  落ち葉の海を歩き、一面のカヤの原を越えて桜峠に行き着きました。  小さい頃からずっと眺めてきた山々です。

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30