サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

にほんブログ村ランキング参加中

« 新山梨環状道路東部区間 西下条ランプと落合西ランプ間の工事現場の見学 | トップページ | 甲府城17mの石垣脇 歩道整備 »

2019年11月25日 (月)

こんなところに甲府城お堀跡(その24) 藤川河道が二の堀に!

 甲府市で出している「甲府歴史ものがたり」に、甲府城二の堀について興味ある面白い記事が載っていた。

 藤川が甲府城(一条小山)の東側を北から真っ直ぐ南に流れていたということは、以前何かの資料文献を読んで知っていたが、その藤川の河道が二の堀になったということはこの記事を読んで初めて知った。考えてみれば、お城東側から真っ直ぐ南に行けばちょうど二の堀に重なるのだ。なるほどと思う。

 そして私は想像し考える。<河道(跡)を深く拡げ堀った土を、西側脇に積み上げて土塁とした。そこにいつの時代か桜が植えられ、そして桜が見事に咲くようになった。武士が西側から、町人等が堀を隔てて東側からそぞろ歩いてお花見を楽しんだ。更に時代が進み、堀は埋められ、土塁跡が今の桜町通りになった。>

 二の堀跡が桜町通りの4~5m東側に一部せぎ側溝となって残っているいることは、既にこの「こんなところに甲府城お堀跡」で記述した。

  → こんなところに甲府城お堀跡(その9) 中央二丁目地内岡島第二駐車場脇 二の堀跡

P1050290


「こうふ開府500年誌『甲府歴史ものがたり』」
 編集;こうふ開府500年記念誌編集委員会 発行;平成31年4月1日
P236 計画的につくられた道と町割
・・・藤川は、一条小山の北東で直角に東に流路を変えていますが、甲府城下町建設以前は真っ直ぐ南に流れており、その河道は甲府城の二の堀の一部に利用されたことがわかっています。・・・

 

« 新山梨環状道路東部区間 西下条ランプと落合西ランプ間の工事現場の見学 | トップページ | 甲府城17mの石垣脇 歩道整備 »

甲府城・歴史」カテゴリの記事

コメント

ぜひぜひ熊本においでください。
お待ちしています。

 四五日前に盆地の囲む山々(甲斐駒ヶ岳、鳳凰三山、白根山、櫛形山、大菩薩峠、もちろん富士山にも)に雪が降り、青空に映え素晴らしい眺めでした。(盆地には降りませんでした。)

 甲府城のお堀跡巡りも、大体終わったのですが、お堀を巡る情報が次から次へ出てくるので、まだまだシリーズは終わりになりそうもありません。

 全部を目指しているわけではありませんが日本100名城巡りで、熊本城にも是非行きたいと思っています。

Tsukaさま、こんにちは。お元気でしょうか。
山梨に雪が降ったとニュースで耳にしました。(確か山梨だったような・・・・)お城の案内ボランティアも、寒くてたいへんではありませんか?
「こんなところにお堀跡シリーズ」楽しく拝見させていただいています。

熊本城も少しずつ修復が進んできています。
先日、お城にシャチホコが付けられたというニュースがありました。
お城のシャチホコを代々作っているのは、私の町の瓦屋さんです。鬼師といわれる鬼瓦を作る人です。そんなニュースを見ると、何だか嬉しくなってきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新山梨環状道路東部区間 西下条ランプと落合西ランプ間の工事現場の見学 | トップページ | 甲府城17mの石垣脇 歩道整備 »

お薦めサイト

大蔵経寺山

  • 10-石和の町並み
     平成16年12月11日、初冬の穏やかな一日、積翠寺岩堂峠から大蔵経寺山へ登ってきました。

桜峠

  • 芦川北陵西端の山々
     平成17年1月29日、芦川北陵西端浅間山から桜峠を歩いてきました。  落ち葉の海を歩き、一面のカヤの原を越えて桜峠に行き着きました。  小さい頃からずっと眺めてきた山々です。

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31