« 甲府城17mの石垣脇 歩道整備 | トップページ | 定年後の暮らしは読書三昧 佐伯泰英「居眠り磐音」を読む(その5) あと一巻で読了 »

2019年12月15日 (日)

緑ヶ丘公園から八王子山へ登る

 いつものように、緑ヶ丘スポーツ公園体育館前の駐車場に車を駐める。これら歩く湯村山から八王子山へ向けての尾根を眺める。今年は紅葉がいつもの年より遅くまで残り、12月だというのに朝日が当たり、紅葉が映えていた。

Imgp73411

 緑ヶ丘公園から湯村山乗越(以前狼煙台があったところ)までは、アスファルトの車道だ。その道は沢山の落葉で隠れていた。落葉の絨毯を踏みしめ気持ちよく登った。仲間と談笑しながら歩ける軽い登りだ。

 湯村山乗越からは、山道へ入る。いつもそうだが、今朝も、散歩、ウオーキングやトレールランニングの大勢の人たちとすれ違った。「こんにちわ」「気をつけて」「頑張って」と交わす挨拶が気持ちいい。

 途中の山道では、木々の向こうに、甲斐駒ヶ岳がよく見えていた。いつも休憩する八王子山頂上手前にある東屋から、盆地がよく見えた。甲斐駒辺り以外、周りの高い山々はあいにく雲に隠れて見えず残念。

Imgp73681

Imgp73571

 東屋から10分もかからず、八王子山頂上。頂上では、地元の人でいつもこの辺りを歩いているという方と会話を交わし楽しかった。私は以前、この山頂で初日の出を地元の人と眺めたのを思い出した。来年の初日の出をまたここで眺めようか。

 厚く積もった落葉を踏み散らしながら山を下りた。風もなく穏やかな天気で、手頃な楽しい山歩きだった。

Imgp73771

  (令和元年12月13日歩く)

| |

« 甲府城17mの石垣脇 歩道整備 | トップページ | 定年後の暮らしは読書三昧 佐伯泰英「居眠り磐音」を読む(その5) あと一巻で読了 »

山を行く」カテゴリの記事

里山のこと」カテゴリの記事

勧学院・生涯学習」カテゴリの記事

勧学院OB会ハイキングクラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 甲府城17mの石垣脇 歩道整備 | トップページ | 定年後の暮らしは読書三昧 佐伯泰英「居眠り磐音」を読む(その5) あと一巻で読了 »