サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

にほんブログ村ランキング参加中

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の7件の記事

2020年5月24日 (日)

こんなところに甲府城お堀跡(その26) ~ 三の堀跡を辿る 近習町口から甲斐奈神社裏あたり ~

< 日本100名城に数えられる「甲府城」には、お堀が鍛冶曲輪の南、遊亀橋両側に残存する。これが内堀の一部で甲府城で残っている唯一のお堀らしいお堀である。往時 甲府城には内堀(一の堀)、二の堀、三の堀があったが、明治以降そのほとんどが埋め立てられ当時の様子を知ることは出来ない。それでも、甲府市内の普段よく行っている場所、よく通っている道路の脇など思いがけないところに、川になったり、ちょっとした溝、側溝になったり、また暗渠になったりで、甲府城のお堀跡が市内各地に残っている。>

 今回は『平成甲府城下町絵図』(*)でいう近習町口から甲斐奈神社裏あたりまで三の堀跡を辿る。

 甲府城跡今の遊亀橋の東側にある庄城稲荷と、甲府市の旧社会教育センターの間の道を東に進み、JR中央線の踏切から南に向かう桜町通りを突っ切る。『甲府城城下町絵図』によると、この辺りに「近習町口」があったという。
 20~30m進むと左側に車20台ほどとめられそうな駐車場があり、その北西隅に小さな石の祠(由緒のあるものか、ここにあったお宅の屋敷神様か?)がある。Imgp90211 ここから駐車場の北隅を巾30㎝ほどの側溝が東方向に向かっている。この側溝が三の堀跡だろうか。

 更に東に進むと境町通りにぶつかり、その向こうに結構大きい駐車場がある。この駐車場の北側を側溝が東に進んでいる。駐車場の北東隅で直角に曲り、南に向かう。この曲がり角駐車場北東隅に石の祠が2棟ある。二つとも結構大きい石の上にのっている。Imgp90081 駐車場の東側を南進した側溝は、駐車場の南東隅で直角に曲り東に向かう。
 東に向かう側溝は、ちょうど横近習大神宮の東側にある大きな駐車場とカトリック甲府教会の北側に当たる。この側溝が三の堀跡だろうか。今回確認できたのはここまでで、この後は三の堀跡側溝も暗渠も確認できていない。
 途中で一度クランクして立川ケースの建物の一軒おいて南側に至る。

 三の堀跡は、長禅寺ガードから南進してくる通りを突っ切って旧富士川小学校の敷地の南側を東進しているはずであるが、個人住宅が並んであり側溝も暗渠も確認は出来なかった。

 旧富士川小学校校地に沿って南側を東進した三の堀跡は、ちょうど校庭の真ん中あたりで曲がり、南進することになる。そして東進してきた横近習通りが終わりになるあたりにある松田菓子店一軒おいた東側で通りを突っ切り、Imgp90151 住宅街の中で向きを変えて東に向かう。そしてようやく瑞泉寺、甲斐奈神社の北側に至る。この辺りの三の堀跡は残念ながら側溝も暗渠も確認できていない。そもそも側溝暗渠も見当たらない。

 写真右上;近習町口があったというあたりから20~30m東にある駐車場北西隅にある石の祠
 写真左上;境町通りの東にある大きい駐車場 左塀沿いの側溝が三の堀跡だろうか 向こうに大きい石の上に乗っかっている石の祠二つが見える
 写真右下;写真中央、松田菓子店の向こうに見える黄色い柵のところで三の堀跡が右に突っ切る?

(*)『平成甲府城下町絵図』作成;山梨県埋蔵文化財センター 協力;甲府市教育委員会

2020年5月19日 (火)

定年後の暮らしは読書三昧 湊かなえ「絶唱」を読む

 湊かなえ「絶唱」を読んだ。「花の鎖」「山女日記」「告白」に続く4冊目。

 トンガ王国、その国に住むゲストハウス経営の女尚美、そして阪神淡路大震災、この三つが「楽園」「約束」「太陽」「絶唱」の4つの章からなる話にみんな結びついてこの小説は展開する。
 
 特に印象に残ったところ、「太陽」の章で作者は、テレビで阪神大震災の様子を見ていてもたってもいられなくなって被災地にボランティアに行ったセシミにこういわせている。
・・・
 子どもは太陽だ。子どもたちが輝かない場所に、作物は実らない、人は集まらない、町はできない。だけど、どんなに絶望的な出来事が起きても、子どもたちが輝いている限り、そこに未来は必ず訪れる。
・・・
 そして、杏子が今まで若干虐待気味な花恋を、セシミのいうように輝くように育てていくかなということを匂わせ、この章は終わっている。

 この小説は全て、湊かなえの「国際ボランティア」「阪神淡路大震災」という実体験がベースで書かれているのではないだろうかと思った。 
 最後の章「絶唱」で、
・・・
 最後に、もう一つ。
 あなたが旅立ったあと、日本ではあの時よりもさらに大きな震災が起こりました。
 内側も外側も境界線も意味をなさない、安全なところにいたわたしはやはり微力で、多くの人の役に立てるようなことは何もできなかったけれど、大切な人のもとにかけつけて、一六年前にその人がしてくれたように、何も言わずに傘を差し出すことができました。
 小説など何の役に立つのだろうと、ふがいなさに唇をかみしめる日々が続いたけれど、書く手を決して止めることだけはしませんでした。あの時の郵便屋さんのように。
 そして、今も物語を書き続けています。ただそれを、ありがとうと言いたくてー。
 尚美さん、もうすぐあの震災から二〇年です。
・・・
と書いて「絶唱」を閉じている。これは、湊かなえ自身の気持ち、覚悟だろう。

 爽やかな気持ちで湊かなえ4冊目、「絶唱」を読み終わった。

・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。


 「絶唱」 湊かなえ著 新潮社 2015年1月17日

2020年5月15日 (金)

切差の里山にニリンソウ咲く

 山梨市切差の小さな沢を登る山道の脇にニリンソウがいっぱい咲いていた。山道下の沢の岸辺にも群生、小さな流れの向こうの岸辺にも何輪か咲いていた。ただ小さい花で、気を付けて見ないと見逃すかもしれない。

 花はイチリンソウより少し小さめ、茎葉の間から2本の柄を出し2輪を付けることからニリンソウ(二輪草)という。二輪は咲く時期が少しずれるそうだ。受粉の可能性を少しだけでも高めるため。

Imgp90891

Imgp91571

Imgp91311

Imgp88371

Imgp91531

Imgp91511

Imgp91521

2020年5月14日 (木)

甲斐百山「 塩ノ山 」に登る

【山行日】2020年5月13日(水)Bonchi002
【天候】晴(黄砂)
【コースタイム】
 塩山温泉登口(9:10)~第一休憩所(9:25-9:35)~第2休憩所~ 頂上(9:55-10:15)~ 登り口(10:40)
【参考にした資料 】
 「 1:25,000地形図 塩山 」 平成11年1月 国土地理院
 「『甲斐山岳』第11号別冊 甲斐百山」 日本山岳会山梨支部 令和元年12月15日

Imgp90541  塩ノ山は以前からずっと一度は登りたかった山だ。若い頃、この山の麓の青梅街道を一週間に一度通り、柳沢峠を越えて小管村にある職場に通っていた。また、よく写真を撮りに行くザゼンソウの群生地から登る小倉山の頂上から、この塩ノ山が麓に小さく見下ろせるのだ。東京に用事で行くときに乗る中央線の電車の車窓からよく見える。Imgp90571

  塩山温泉の中に登口があるのは承知していたが、いつも通っていた車道は温泉街の通りではなく、その裏に温泉街の通りがあったのだ。その温泉街の、温泉旅館の間に登口があった。

Imgp90711  登口の階段を登るともうそこから塩ノ山の登山道が始まる。登山道というか、やはりこれは「遊歩道」だ。稲妻形に三四回ジグザグに登ると、30分ほどで頂上だ。途中二棟の東屋があった。更に途中の道の脇にはベンチがあった。

 頂上からは、塩山駅前から西の街並みが手にとるように眺められた。その向こうの御坂の山々は、黄砂のモヤで全く見えなかった。こんなに濃い黄砂も始めてという感じだ。Imgp90731
「御坂の山の向こうに富士山が見えるんだ。南アルプスの方向も以前はよく見えたのだが、今はそちら方向の木が大きくなり見えなくなってしまった。」と頂上にいた掃除のボランティアをしているらしき人が呟いていた。

 三角点を確認、念願の塩ノ山に登り、明るい気持ちで麓の塩山市街に向けて下り始めたのだった。

2020年5月11日 (月)

定年後の暮らしは読書三昧 湊かなえ「告白」を読む

 湊かなえ「告白」を読む。「花の鎖」「山女日記」の続きで読んだ本だ。三冊とも、立場を変えながら話を進めていくという手法。他のこの人の小説もみんなこんな感じなのだろうか。湊さんの得意の手法なのか。

 以前話題になり、映画にまでなった作品のようだが、私は全く知らなかった。もともと、話題になった本とか、何々賞をもらったとかいう本は私は余り好きでなく読んでいないのだが。

 内容は学校、離婚、引きこもりなど当時の社会情勢を反映したような何かおどろおどろしい話で、私は余り好きな中身ではないが、続きを読みたくて結構早く読み終わった(笑い)

 「山女日記」はともかく、あの山の番組に出ていた湊さんと、この二つの小説の作者というギャップがすごい。

・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

 「告白」 湊かなえ 双葉文庫 2018年4月27日第89刷

2020年5月 7日 (木)

梨の木峠から甲斐百山甲府名山「八王子山」に登り和田峠に下る

<甲斐百山は日本山岳会山梨支部が、甲府名山は甲府市が、ごく最近選定した山梨県、甲府市の山々である。「八王子山」は、この両方に選ばれている。私の山歩きのホームグラウンドともいえる山で、もう数え切れないほど何回も登っている。山登りというより山歩き山散歩という感じなのだが、今回またまた登ったのでレポートしたい。>

【 歩 い た 日 】 令和2年5月4月(月)
【 コースと時間 】 梨の木峠14:30-14:50展望のいい岩場-15:00八王子山15:10-15:30白山15:40-16:00和田峠16:10-16:30梨の木峠
【参考にした資料 】
 「 1:25,000地形図 甲府北部 」 国土地理院 平成2年4月
 「 甲斐の山山 」 小林経雄 平成4年3月 新ハイキング社
 「『甲斐山岳』第11号別冊 甲斐百山」日本山岳会山梨支部 令和元年12月15日
 「甲府名山手帳」甲府市 令和元年8月

 梨の木峠(555m)は、甲府山宮羽黒から千代田湖、下帯那方面へ越える峠で、車道が通じている。Imgp89441 峠の10mほど手前に車数台駐められる場所がある。ここが今日の八王子山への登り口だ。以前ここに旧田富町の保養施設があったと聞いている。それらの施設ももうほとんどが朽ち果てていて、一棟が何かに利用されているのだろうか、まだ建物が残っている。

 軽い登りで、いつの間にか山道に白い土が混じり始める。花崗岩が崩れたものだ。展望のいい岩場になる。この岩も花崗岩だろう。ここは、周りの山々、盆地の眺めが八王子山頂上よりもいい。今日は曇っていて見えないが、いつもは甲府盆地の向こうに富士山、南アルプスが眺められる。カメラの望遠レンズで眺めると我が家を発見できる(^0^)Imgp89071

 そこから更に5分で八王子山山頂だ。大きな八王子神社の石の祠の裏に「白山 620m」という新しい看板が出来ていた。もともとこの山を「白山」と呼ぶ人もいた。どなたがこの看板を付けたかわからないが、この人は「白山」とした。ただ「甲斐百山」でも「甲府名山」でも「八王子山」としており、私も以前から「八王子山」でいいのではないかと思っている。「甲斐百山」を読むと、「堂ノ山」という別名もあるらしい。Imgp89081

 八王子山から、急な山道を20mばかり下ると、後はちょっとしたアップダウンはあるが、ほとんど平らな山道になる。遊歩道といってもいいかもしれない。新緑の林の中の山道で本当に気持ちがいい。20分ほどで東屋のある眺めのいい花崗岩の頂きに着く。むしろここの方が「白山」と呼ぶにふさわしいと私は思っている。しばらく千代田湖を見下ろし、その向こうに見える南アルプスの眺めを楽しんだ。Imgp89121 千代田湖畔の登口から登ってきたのだろうお母さんが赤ちゃんを抱っこし、お父さんが4~5才の男の子を連れて若い親子が登ってきたのを微笑んで迎えて、私は和田峠方面へ向けて出発。峠の県道に下りる直前の山の斜面には、まだ白いカイイワカガミの咲き残りがあった。Imgp89201

 千代田湖畔道路脇の空き地には山梨ナンバーの車が駐車、釣り客、家族連れが(三密にはなっていない)楽しそう。千代田湖畔を20分ほど歩き、梨の木峠へ戻った。軽い里山歩き、いい運動ウオーキング、いい気晴らしになった。

2020年5月 5日 (火)

湊かなえ「山女日記」を読む

 湊かなえの本、2冊目は「山女日記」。読み進める中で、ああこれは「花の鎖」と同じ、湊かなえの文章だと思った。もしかしたら、作者がわからないで文章を読んでも、ああこれは湊かなえだとわかるかもしれない。

 7編とも山登りのお話、いずれもハッピーエンドをにごわせ終わっている。大げさではなく、登山のよさ楽しさを淡々と書いている。そしてその人の心持ちで(置かれた環境で)楽しさ喜びも当然違うのだと思った。

 山の知識、よさがいっぱい詰まっている。楽しく読み進めることが出来た。

・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

 『山女日記』湊かなえ 幻冬舎文庫 平成31年4月10版

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

お薦めサイト

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ