サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

にほんブログ村ランキング参加中

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月の5件の記事

2020年9月30日 (水)

信州富士見町「入笠山」に登る

<手頃なハイキングコースとして有名な入笠山、麓から1,780m地点まで伸びているゴンドラ乗車賃が地元の人と山梨県民はただという新聞広告を見て、今まで何時かまた登ろうと考えていたので、それでは「今でしょう(^0^)」ということで入笠山に登って来ました。>

 富士見パノラマスキー場には何回か行っており、ゴンドラにも乗ったことがあるのですが、もうずいぶん昔のことで詳しい様子は忘れていました。雪があるときとないときでは、様子がずいぶん違うのです。駐車場からゴンドラの乗り場(山麓駅)までも少しまごついてしまいました。

 ゴンドラは15分ぐらいで、頂上駅。降りてすぐ入笠山の登り口です。ここで、身支度をして出発。ほとんど平な遊歩道を歩くと、まもなく入笠湿原です。湿原の中を木道が続いていました。もちろんもう花の時期は終わっていました。それでもウメバチソウなど若干の花が咲いていました。

Imgp01911

Imgp02271

Imgp02001

 マナスル山荘脇を通過、以前入笠山に登ったときは、ここまで車で来る事ができました。今は自動車交通規制で、車では来られません。登り口あたりにはお花畑、ここも時期には花がいっぱい咲くのだろうな、次回は高原の花がいっぱい咲いている時季に登ろうと思ったのでした。

Imgp02101

Imgp02051

 ここから、本格的な山道となりました。岩場とはいえない(^0^)山道の岩場コースをとり入笠山頂上(1955m)へ。頂上では大勢の人が休んでいました。遠く諏訪湖が眺められました。ほかはちょうど山頂あたりの部分に雲があり、八ヶ岳も中央アルプスも駒ヶ岳も富士山も、山の上の方が雲に隠れ見えませんでした。残念!

Imgp02191

Imgp02201

 山頂でちょっと早めの昼飯。周りの山々がすっきり見えればおにぎりももっとおいしかったのに。

 下山はゆっくり下りました。ゴンドラ頂上駅付近にはさっきよりも更に人がいっぱい。山登りでない人たちもいっぱいなのだろうなと思いました。山を歩いていたときにははずしていたマスクをまたして、ゴンドラに乗り込みました。

 久しぶりの入笠山、半分は散歩、ウオーキングの気分で楽しみました。もちろん山道の部分は気を引き締めて。

  (令和2年9月28日登る)

2020年9月29日 (火)

定年後の暮らしは映画三昧 イタリア映画『道』を観る

<NHKBSプレミアルで、イタリア映画『道』を観た。白黒の映画を見るなんて久しぶりだ。画面だけでなく、中身もどちらかというと暗く悲しい物語・・・だが見終わってさすが名作といわれる映画だと思った。>

 主要場面で流れる寂しい悲しいメロディー、この音楽どこかで聞いたことあるな、どこでだろう、いつのことだろう。ラジオやテレビで流れたのだろうか。

 何の見返りも期待せず裏切られ捨てられても、そうせざるを得ないのかもしれないが、ザンパノに寄り添うジェルソミーナの姿がいじらしい。

 綱渡りの男がジェルソミーナに諭す言葉がいい。”ただの石ころにでもこの世にあるものは何かの役に立つ存在価値があるのだ”

 ラストシーンで、ジェルソミーナが死んだことを知ったザンパノが、波が打ち寄せる暗い浜辺で泣き崩れる姿も悲しいが何かほっとする。

 この映画は、生も死も善も悪も、悲しいけれども人間はこうなのだと肯定する温かさがある性善説の映画だと思った。


 ・・・いい映画はいい。大げさに言うと生きていてよかったと思う一時だ。


『 道 』(1954年)イタリア映画

監督:フェデリコ・フェリーニ
出演:アンソニー・クイン(ザンパノ)/ジェリエッタ・マシーナ(ジェルソミーナ)/リチャード・ベイスハート(イル・マット)
音楽:ニーノ・ロータ 主題歌「ジェルソミーナ」
アカデミー外国語映画賞受賞作品

2020年9月17日 (木)

山梨百名山「要害山」に登る 「要害城」とその支城「熊城」

【山行日】令和2年9月11日(金)
【天候】晴時々曇り
【コースタイム】
 要害山登山口(9:00)~(9:50)要害山(要害城)(10:00)~(10:25)熊城へ分岐点(10:35)~熊城~(11:25)林道へ出る(水道施設・神社)(11:35)~(12:00)要害山登山口
【参考にした資料 】
 「 1:25,000地形図 甲府北部 」 平成2年2月1日 国土地理院
 「新版 アタック山梨百名山 」山梨メープルクラブ編 山梨日日新聞社 平成22年4月28日

<要害山(要害城)へ>
 以前、「要害温泉」だったところの入口の道路脇に駐車。橋を渡ったところが要害山登山口だ。ずいぶん立派な「史跡 要害山」の説明板がある。その説明板では支城「熊城」の事にも触れている。永正17年武田信虎により、要害城は築かれたが、同時期に「熊城」も築かれたという。

Imgp00581

 武田不動尊のある曲輪、その他いくつかの曲輪と門跡を通過すると、主郭への階段、門跡がある。

Imgp00751

 主郭は高く伸びた草で覆われ、武田信公誕生の地の碑も、山梨百名山の標柱もうっかりすると見落とすぐらいだ。

Imgp00771

Imgp00781

 要害城主郭から先、東に進む。裏門跡らしきところ周りには、土塁や石垣も見える。更にその先には、竪堀跡、土橋といった感じのところもあった。要害城への正面入り口の登りより、この裏口の竪堀の方が大きくはっきりしている。

<要害城から熊城へ>
 要害城をそのまま東に更に進むと、案内看板がありそこを右に。しばらくトラバース気味に進む。吸い殻入れらしき土管のあるところの尾根を下るのが熊城に行く山道だ。要害城とは谷を挟んで南側の尾根筋に当たる。

Imgp00961

<いよいよ熊城>
 わずかの踏み跡を辿り、尾根を下る。一カ所ちょっとしたピークで右か左かと迷うところがあったが、右の道を進み正解、間違いはなかった。尾根上に残る最初の大きな堀切は、かなり深い。私自身何とか堀切を越えられたという感じだ。
 背後からの敵の侵入を防ぐに十分だ。大勢で攻めたら、多くの兵士が両側の谷にすべり落ちてしまうだろう。

Imgp00971

 小さな曲輪と思われる場所もある。いくつかの堀切を越えると、主郭らしきところになる。周りには土塁や石垣も見える。左側、畝状竪堀があると思われる場所あちこちを覗いたがはっきり確認できなかった。

Imgp01021

<これは畑の跡か>
 かなり下り、間もなく林道に出るというところに平らな場所、石垣もあるが、これは、熊城とは関係ないようだ。後の時代、畑だったか、石を採ったのではないかと思われる。
 深草観音へ行くコンクリート道に降り立ってほっとする。結局1時間ばかりかけて土管のあったところから熊城を見ながら下ってきたことになる。

<要害城裾野を歩く>
 コンクリート道に出たところから、林道を50mばかり下ったところ(途中に神社や水道施設がある)から、右の山道に入る。最初は急なコンクリートの登りの道で、尾根をずっと下ってきた身には応える。しばらくすると平らな道になり、先ほど登った要害城へ向かう山道に出てやれやれ。要害城の西側の裾をトラバースするように歩いたことになる。

<見応えがあった熊城>
 要害城も曲輪、竪堀、石垣などがあったが、むしろ熊城の方が堀切、曲輪、石垣など往時が忍ばれ、見応えがあった。急な尾根を苦労して下りつつ、見つけた城跡だったからかもしれない(^0^)
 畝状竪堀がはっきり確認できなかったのは残念。

 *曲輪や石垣もそうだが、竪堀、堀切は写真に撮るが難しく、よくわかるように撮れなかった。

2020年9月 9日 (水)

定年後の暮らしは読書三昧 馳星周「少年と犬」を読む

 第163回直木賞受賞作品 馳星周の「少年と犬」を読んだ。まだ新しい本なので出来るだけネタバレなしで、読後感ほんの少々。

 「タモン」という1匹の犬が、釜石からいろんな人生を垣間見ながら熊本に行き着き、そこで待っていた緘黙の少年と邂逅(再会)する。最後、少年を守るシーンでは、思わず涙してしまった。最近涙もろくなった。

 人間は、悪いことをする人、自分勝手な人、妻を顧みないような人もみんなみんな最終的にはいい人なんだという性善説のお話で、読みやすく安心して読めた。

 〇〇賞受賞作品は余り読まないという天邪鬼の私だが、この本はなかなかいいではないかと思ったのだった。私が出版業界に貢献した一冊(^0^)

・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。


 『少年と犬』馳星周 文藝春秋社 2020年8月25日第7刷発行 1,600円

2020年9月 7日 (月)

定年後の暮らしは読書三昧 『 空也十番勝負 青春篇 声なき蟬 (上) (下) 』を読む

 居眠り磐音の息子”空也”の読みやすく楽しい物語である。若者(空也)が思い決めた剣術修行で薩摩に向かい、様々な苦難を乗り越えて薩摩に入り、剣術の修行をし恋をし何年か過ごし、最後にまた薩摩を去って行くというお話。青春物語で読んでいて何か明るく楽しい気持ちになった。”十番勝負”とあるからこの後、続きがあるのかなと思ったが、どうもないらしい、残念。

 ところで、(下)のあとがきで、作者佐伯泰英がこう書いている。
・・・出版不況がうんぬんされ始めたのは、二十年余り前のことか。・・・だが、どんな状況下でも小説家は小説を書くしか能はない。 書店が近くにある読者諸氏にお願い申します。書店さんが近くにない方は、大きな町を訪ねた折りにふらりと本屋の書棚を覗いてください。そして、誰の本でもいい、手にとって紙の本の感触を改めて確かめてください。・・・

 出版不況については、今の社会状況の中でわかってはいたが、改めてそうなのだと思った。いつも図書館で本は借りているのだが、それでは少しは社会貢献と、本屋に行くことにした。いつも利用している駐車場からわずか5分、老舗のデパートの中にある大きな本屋さん。(いつかゆっくり行ってみたいと思っていた。)
 そして手にし買ったのが、いつも見ているブログ「はりねずみが眠るとき」で紹介されていた直木賞作家馳星周(はせせいしゅう)の『少年と犬』。いつも何々賞を取ったとかいう本は余り読まないと言っていたのにね。出版業界本屋さんにほんのわずかだけれども貢献しようと思って。
 次の私のブログのレポートは、この「少年と犬」についてかな。

・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

 『 空也十番勝負 青春篇 声なき蟬(上)(下)』 佐伯泰英 双葉文庫 2017年1月11日第一刷

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

お薦めサイト

大蔵経寺山

  • 10-石和の町並み
     平成16年12月11日、初冬の穏やかな一日、積翠寺岩堂峠から大蔵経寺山へ登ってきました。

桜峠

  • 芦川北陵西端の山々
     平成17年1月29日、芦川北陵西端浅間山から桜峠を歩いてきました。  落ち葉の海を歩き、一面のカヤの原を越えて桜峠に行き着きました。  小さい頃からずっと眺めてきた山々です。

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31