サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

にほんブログ村ランキング参加中

« 北八ヶ岳紅葉 「高見石」「白駒池」 | トップページ | 草紅葉の霧ヶ峰高原歩き(車山・蝶々深山・八島ヶ原湿原) »

2020年10月 8日 (木)

定年後の暮らしは読書三昧 平岩弓枝「千姫様」「密通」

 「ベトナムの桜」以来、久しぶりに平岩弓枝を読んだ。「千姫様」と「密通」。「千姫様」には最後、甲府藩の綱重と綱豊が出てきて面白さが倍増した。「密通」も8つの話を、面白く楽しく読み終わることができた。

《「千姫様」平岩弓枝 角川書店 平成2年9月30日初版発行 》
 大坂の陣で大阪城が落城、一番目の夫豊臣秀頼と分かれ、逃亡してからの千姫の数奇な運命を描く。千姫は、二代将軍秀忠の子供、家康の孫であり三代将軍家光の姉である。
 千姫の二番目の夫本田忠刻と通じた三帆の娘おなつが家光の息子を産み、その子は千姫の養子として育てられた。そしてその子長松が”綱重”になり、綱重は万治4年17歳で甲府宰相25万石となった。更にこの綱重の子が”綱豊”で、六代将軍家宣になった。
 もちろん平岩弓枝の創作だが、話の大きな流れは史実であろう。血縁関係が複雑なこの時代に翻弄されつつも、千姫として自分の意思を持って生き抜いた姿が、どちらかというと好意的に描かれていたように思う。
 秀頼が生きていたらという設定もなかなか面白い。この時代の恋愛小説といえるかもしれない。

《「密通」平岩弓枝 東京文藝社 昭和52年8月30日発行 》
 8つのお話 「密通」「おこう」「居留地の女」「心中未遂」「夕映え」「江戸は夏」「露のなさけ」「菊散る」

 ・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

« 北八ヶ岳紅葉 「高見石」「白駒池」 | トップページ | 草紅葉の霧ヶ峰高原歩き(車山・蝶々深山・八島ヶ原湿原) »

読書・書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北八ヶ岳紅葉 「高見石」「白駒池」 | トップページ | 草紅葉の霧ヶ峰高原歩き(車山・蝶々深山・八島ヶ原湿原) »

お薦めサイト

大蔵経寺山

  • 10-石和の町並み
     平成16年12月11日、初冬の穏やかな一日、積翠寺岩堂峠から大蔵経寺山へ登ってきました。

桜峠

  • 芦川北陵西端の山々
     平成17年1月29日、芦川北陵西端浅間山から桜峠を歩いてきました。  落ち葉の海を歩き、一面のカヤの原を越えて桜峠に行き着きました。  小さい頃からずっと眺めてきた山々です。

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30