« 武田勝頼悲劇の城 新府城本丸北側虎口発掘現場説明会に参加 | トップページ | 甲府城四季巡り 深まる秋 »

2020年11月17日 (火)

日本遺産認定 御嶽昇仙峡の紅葉

 日本遺産に認定されて初めての紅葉の時季を迎えた特別名勝昇仙峡、今年はとりわけ紅葉がみごとだ、日本遺産認定を祝っているように。

 コロナ禍で観光客の減少が心配されたが、gotoキャンペーンのおかげかいくつかある広い無料の駐車場が平日でもいっぱいになるなど観光客で賑わっている。長瀞橋から仙娥滝まで4㎞程、軽いハイキング気分で渓谷の紅葉を楽しみながら歩く人もいっぱいだ。滝上のお土産屋さん街、影絵の森美術館なども賑わい、昇仙峡ロープウエイでパノラマ台まで上る人も多い。 

 昇仙峡の入り口長瀞橋は、今新しい橋の工事中。昇仙峡紹介の定番の長瀞橋の紅葉のきれいな写真は撮れなくなってしまった。新しい橋のコンクリートの橋脚が映り込んでしまい残念だが、今日の紅葉の長瀞橋を撮った。

Imgp09542

 巨岩、奇岩の間を流れる清流と紅葉した木々を撮る。

Imgp10421

Imgp10121

 天鼓林の辺りの紅葉は素晴らしい。昇仙峡一かもしれない。景色に馴染んだ古い休憩小屋の屋根に赤い紅葉の葉っぱが積もっていた。

Imgp10271

Imgp09742

Imgp09752

Imgp10351

 定番の仙娥滝、普段余り見られない虹が架かっていてラッキー。

Imgp10621

Imgp10601

 滝上のお土産屋さんが設置した休憩所の赤い傘とマッチした紅葉。

Imgp11041

| |

« 武田勝頼悲劇の城 新府城本丸北側虎口発掘現場説明会に参加 | トップページ | 甲府城四季巡り 深まる秋 »

あちこち風景」カテゴリの記事

古道を行く」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 武田勝頼悲劇の城 新府城本丸北側虎口発掘現場説明会に参加 | トップページ | 甲府城四季巡り 深まる秋 »