« 奥昇仙峡 板敷渓谷の紅葉 | トップページ | 武田勝頼悲劇の城 新府城本丸北側虎口発掘現場説明会に参加 »

2020年11月14日 (土)

晩秋の入笠山に登る

<いつもの気のおけない勧学院OB会ハイキングクラブの仲間との楽しい山歩き、今回はクラブとしては3回目になる信州富士見「入笠山」への山歩きでした。>

【 歩 い た 日 】 令和2年11月12日(木)
【コースと時間】 富士見パノラマゴンドラ山頂駅入笠山ハイキングコース入口9:40-9:50入笠湿原-10:00お花畑-10:40入笠山山頂11:10-11:30マナスル山荘-11:50富士見パノラマゴンドラ山頂駅

Imgp08111  JR中央線鈍行列車で富士見駅着、なかなか趣がある駅舎でした。駅からタクシーで富士見パノラリゾートへ、冬はスキー場になるところです。ゴンドラリフトで山頂駅(1,780m)へ、10分ぐらい乗ったでしょうか。山頂駅すぐに入笠山ハイキングコースの入口がありました。しばらくは平坦な落葉松林を歩きました。Imgp08411

 10分ほどで、入笠湿原、さすが高山植物は咲いていませんでした。さらにその先お花畑の中の散策路を通り、いよいよ山道へ入りました。 二つあるコースのうち、岩場迂回コースを山頂を目指します。

 入笠山山頂(1,950m)は、今日は本当に眺めがよく富士山、甲斐駒ヶ岳、御嶽山、北アルプス、八ヶ岳、金峰山等々360度の展望、「わーすごい!」とみんなで叫んでしまいました。Imgp08251

 少し早いお弁当、みんなで山頂での記念写真を撮って下山。ゴンドラ山頂駅まで戻り、割引のソフトクリームを食べ皆さんご機嫌でした。

| |

« 奥昇仙峡 板敷渓谷の紅葉 | トップページ | 武田勝頼悲劇の城 新府城本丸北側虎口発掘現場説明会に参加 »

山を行く」カテゴリの記事

勧学院・生涯学習」カテゴリの記事

勧学院OB会ハイキングクラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奥昇仙峡 板敷渓谷の紅葉 | トップページ | 武田勝頼悲劇の城 新府城本丸北側虎口発掘現場説明会に参加 »