サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

« 定年後の暮らしは読書三昧 池波正太郎「剣客商売」を読む | トップページ | 甲府城四季巡り 梅花咲く 令和3年2月1日 »

2021年2月 1日 (月)

日本遺産 御嶽昇仙峡を訪ねて 長田円右衛門顕彰碑

 昇仙峡滝上から仙娥滝を見て、昇仙橋、石門を少し下ったところの右谷側に東屋がある。Imgp69441この東屋脇に日本遺産御嶽昇仙峡のストーリー構成文化財の一つである長田円右衛門の顕彰碑がある。長田円右衛門はこの御嶽昇仙峡に新道を開削し、昇仙峡を世に知らしめた人物である。

 この碑文の最後に『鶴梁学人賛』とある。”鶴梁”とは、長田円右衛門と格別の親交があったこの時代の甲府学問所徽典館(現在の山梨大学教育学部の前身)の学頭「林鶴梁」である。Imgp69451_20210201204301 鶴梁は、この昇仙峡をよく訪れ、円右衛門と深い交流があったという。円右衛門の功績を讃えて、この碑にある円右衛門の姿を柳渓(りゅうけい)という絵師が描き、”手足にヒビ、アカギレを切らしながら山を切り、谷を割るなど苦難の末始めて道を開いた顔は醜く鬼のようであるが心は菩薩のようである”と鶴梁が賞賛したのだ。

【参考資料】
・甲府文芸講座マガジン「 昇仙峡に魅せられた人たち 」 平成10年3月 甲府市教育委員会発行

« 定年後の暮らしは読書三昧 池波正太郎「剣客商売」を読む | トップページ | 甲府城四季巡り 梅花咲く 令和3年2月1日 »

甲府城・歴史」カテゴリの記事

日本遺産 御嶽昇仙峡」カテゴリの記事

甲府学問所徽典館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 定年後の暮らしは読書三昧 池波正太郎「剣客商売」を読む | トップページ | 甲府城四季巡り 梅花咲く 令和3年2月1日 »

お薦めサイト

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村ランキング参加中