カテゴリー

お薦めサイト

カテゴリー「教育・学校」の46件の記事

人々の営みがあるところに学校はある・・・ 教育へのささやかな提言

2019年5月13日 (月)

三ガク都松本の街散策

<やまなし勧学院中北教室第27期生OBハイキングクラブ今回は、山登りではなく「鈍行列車の旅 三ガク都松本の街散策」と銘打っての小さな旅となりました。最近めったに乗ったことのない鈍行電車の中でゆっくり語り合い、また雲一つない青空の下信州松本の街をゆっくり散策しました。気がおけない仲間たちとの、何とも気持ちのよい楽しい旅となりました。>

 松本駅前から、あがたの森通りを歩き、途中左折して女鳥羽川を千歳橋で渡るとすぐ松本城でした。30分ぐらいだったでしょうか。松本城黒門前では、きれいに雪を被った北アルプスを背景に素晴らしい松本城天守を眺めることが出来ました。

Imgp59600 

 日本で国宝に指定されている城が、五つ(姫路城、彦根城、犬山城、松本城、松江城)あるそうですが、その一つがこの松本城です。天守最上階まで登りましたが、階段が狭く急で大変でした。天守は楽をしては攻略できない (^_^)。
 お城を出て出てすぐのお店「川舟」で天ぷら信州そばで昼食、美味しかった。その後、お城のすぐ後ろの開智学校へ。懐かしい学校の雰囲気にみんな大喜びでした。個人的には、特殊学級に関わる説明に大いに興味を持ちました。担任には優秀な先生を配置したという説明に納得。

Imgp60040

 その後、SNS等で有名な塩川喫茶部でクリームあんみつを食べ、小さな店の並ぶ風情ある縄手通りをゆっくり歩き松本駅に向かったのでした。

Imgp60100
 (私のブログで、食べ物をこんなにアップ撮影、載せるのは初めてです(^_^)。)

Imgp60230_1

 ほんのさわりなのかも知れませんが、「三ガク都松本」を実感した松本の街歩きでした。


 (令和元年5月10日歩く)  

2019年2月11日 (月)

「甲府学問所徽典館」で学んだ

 私は、「甲府学問所徽典館」で学んだ。もちろん江戸時代ではなく平成時代に。

 平成28年7月からこの「甲府学問所徽典館」が山梨県埋蔵文化財センターの主催で開講され、私は学生になった。一ヶ月に一回、3月まで全部で10回ほどの講義(概説、演習、特論、卒業レポート)があった。夜学であった。毎回、今回はどんな話が聞けるのかとわくわくしながらに通ったのだった。

 平成の「徽典館」は、今の県防災新館の平和通りを挟んで反対側のビル5階の一室で開講された(*)。暗い階段を登って教室に行くと、明るい電気がついていて既に大勢の同期生がいて甲府城や甲府城下町の色々な話がされていて活気に満ちていた。

*当初「甲府学問所」は甲府勤番支配役宅に開設されたが、その後甲府城大手門南三丁(今の甲府市中央公園のあたり)に新学舎が完成、その翌年「徽典館」と命名されたという。

 同期生は、中には既に知っている方もいたが、ほとんどが知らない方たちだった。いずれも前向きで学ぶ姿勢いっぱいの方たちだった。
 「徽典館」の講師教授陣も一流の方々で、ごく新しい情報も含めて、興味ある内容の濃いかなり専門的な話が聞けてうれしかった。学んでいるという充実感があった。
 江戸時代の「甲府学問所」そして「徽典館」で学んだ学生たち(*)も、こんな気持ちで講義を受けていたのではないかと思ったのだった。

(*)勤番士の子息だけでなく、学ぶ姿勢のあるものは庶民でも受け入れたとのことだ。江戸時代末期、徽典館の教授(学頭)や教えを受けた学生が、日本山梨の動き発展に大きく関わったという。

 私は昭和の徽典館(梨大)で学び、そして平成の徽典館この「甲府学問所徽典館」で学ぶことが出来て本当に幸せだと思った。
 この平成「徽典館」で学んだことを、ささやかではあるが社会に還元していこうと思っている昨今だ。

2019年1月24日 (木)

芦川南陵「栂の峠(地蔵峠)」「大平山」に登る

 <甲府盆地のまん真ん中”中郡(なかごおり)”の私の生家に行く時に南方に見える芦川北陵南陵の山々、その南陵の中央部大平山の東の弛みにある栂の峠(地蔵峠)に見えるはずの”栂の大木”が最近見えなくなって、気になっていた。それを確かめるべく、久しぶりに「栂の峠」とその近くにある「大平山」に登った。この辺り折八地区は10年ぶりの訪問であった。>

【山行日】 平成31年1月22日(火)
【 天 候 】 晴れ
【コースタイム】
 甲府=中部横断道六郷IC=久那土=林道折八古関線=古関小中学校折八分校跡10:00-10:25山神峠-11:00折門峠-11:15栂の峠11:25-11:40折門峠-11:50大平山12:20-山神峠-13:10古関小中学校折八分校跡=甲府    ( =~車 -~歩行 )
【 主に参考にした資料 】
 「 1:25,000地形図 市川大門」 平成18年11月 国土地理院
 「 甲斐の山山 」 小林経雄 平成4年3月 新ハイキング社
 ホームページ「峠のむこうへ」 (現在は閉鎖)

<浜集落から古関小中学校折八分校跡へ>
 浜集落から林道折八古関線に入る。すぐ「師道の鑑」の碑がある。(今から行く山の中腹御弟子の集落の林道沿いにあった古関小中学校折八分校に長い年月お勤めした今福清輝先生の顕彰碑である。)

Dsc_00311

 これから先は、一本道の林道で迷うことなく道なりに進む。道は山の中腹を曲がりくねって進む。左側には峰山の天狗岩が大きく見える。これから進む林道が、遙か向こうに見渡せる場所がある。富士山が大きく見える場所も。

002_2

Fujisan002

 まもなく古関小中学校折八分校跡だ。林道を挟んで反対側に車5~6台は駐められる駐車場がある。分校があったころ、先生方や来校者が車を駐めたのだろう。(もしかしたら分校閉校後に林道は開通し、駐車場が出来たのかもしれない。)

<分校跡から山神峠へ>
 林道のすぐ上にある双体道祖神の脇を通り、山神峠に向けて登り始める。ジグザグの登り易い峠道のはずだが、以前より更に荒れて登りにくくなっている。沢山の枯れ葉に埋まった山道は登り難いことこの上なく、脇の方を登った方が登り易いところもあった。
 程なく、山神峠だ。以前と余り変わらず二棟の神社らしきものの間を折門集落への道が通っている。峠から今回は折門集落跡の方へはいかず、直接折門峠に向かう。

<折門峠>
 尾根伝いに所々ピークを迂回しながら30分余り登ると折門峠だ。折門峠に10年前にはまだあった木のベンチは、朽ち果てたのか既になかった。折門や御弟子集落から登ってきてほっとする場所だ。峠を示す看板を見て、ここからまず栂の峠へ向かう。

Imgp46891

<栂の峠の大栂の木が・・・>
 10分ほど下って栂の峠(1,095m)。峠のかなり手前から、栂の木が見えた。ああよかった、まだ栂の大木は健在だと一瞬思った。ところが近づくと大変なことになっていた。
 栂の木の幹の半分ぐらいから上が折れて、近くに転がっていた。ああ、やっぱり昨夏の台風で折れておれてしまったのだ。近くの看板には、樹高16.3mだったとあるのだが、おれて樹の高さは、6~7mになってしまったのだ。これで盆地の方からは見えなくなっていたのだ。痛々しい栂の木をしばらく眺め続けた。

Imgp47001_2

Imgp47011

 幹の半分位が残っているので、またいつ時の日か盆地からも見えるぐらいに大きく伸びて、前と同じように大栂の木になっていくだろうと思いながら峠を後にした。

<大平山>
 折門峠まで戻り、今度は大平山へ登る。尾根伝いに直登、10分ほどで頂上(1188.3m)に着いた。以前に比べ南側の木々が切り払われたようで、富士山が真ん前にビックリするほど大きくよく見えていた。
 ずっと以前この大平山登り口に、大平山の富士山の眺めを絶賛していた手作りの板の看板があったが、その人が眺めた富士山はこんな感じだったのだろうと思ったのだった。

Imgp47017

Imgp47041

 真冬にもかかわらず、快晴で穏やかな天気・・・頂上で富士山を眺めながらの昼食・・・久しぶりに歩いた山での至福の時・・・。

<子供たちが通った道>
 下りは折門峠をあっという間に通り過ごし、尾根を走るように山神峠まで下った。そして峠からは、折門の子供たちが学校に向かった道をゆっくり下った。木々の間から富士山を眺めながら、元気に学校へ通う子供たちの姿が動画のように脳裏に浮かんだ・・・。
 校舎のあった台地は、大きく伸びた枯れ草で埋まっていた。もう山に戻ったといってもいいかもしれない。

Imgp46821

 道路際に新旧二つの学校跡の碑が建っていた。新しい碑には、かってこの場所にあった校舎の写真が刻んであった。この新しい碑が、あったかく差し込む陽に寂しく輝いていた。

Imgp47221

*是非お読みください
  栂の老大樹(平成16年8月15日の記事)

  遠い山の向こうの知らない町よ(平成18年1月4日の記事)

 こちらも
      ブログ;「山梨の山歩き峠歩き古道歩き」
           → カテゴリー ;
八坂峠・折門峠・山神峠をめぐって
            古関小学校折八分校へ子どもたちが通った峠道・・・

2019年1月11日 (金)

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を観る

 障害者を扱っているという程度の情報、題名もなんだこれはと思いながら観に行った映画だった。映画館には平日にもかかわらず結構大勢の人が入っていた。

 映画の最初のあたりの場面では、題名と同じで「なんだこれは・・・、やっぱり観るのはやめようかな」と思ったのだった。だが、映画が進むに従って、これは結構重い難しいテーマを扱っているんだとわかり、だんだん真剣に見入るようになった。

 映画を観ながら、はらはらし、思わず涙を流す場面もあったが、一方なんか楽しく安心して観ることの出来た映画だったと思う。

 障害そのもののこと、障害を持つ人の医療に関わること、親のこと、ボランティアのこと等、改めて考えさせられた。

 ・・・私がかって仕事で関わった子どもたちの中にも、同じ病気の子がいた。一言では語れない様々な困難の中で、けなげに生きる子どもたちに私に出来るだけの支援はしたつもりだ。・・・ 

 大泉洋演ずる主人公鹿野の障害があっても夢を持ち、困難に立ち向かい明るく精力的に生きる姿に感動した。また、鹿野のボランティアに関わりながら、関わる自分たちが悩み成長していく姿を描いたのはいい。高畑充希と三浦春馬がそういう姿を好演した。二人の初々しい若者らしい名演技で安心してみることの出来たとてもいい映画だった。

 ・・・いい映画はいい。大げさにいうと生きていてよかったと思う一時だ。


「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」
制作年;2018年/上映時間;120分/配給;松竹
<スタッフ>
監督;前田哲/脚本;橋本裕志/原作;渡辺一史/主題歌挿入歌;ポルノグラフィティ
<キャスト>
鹿野;大泉洋/美咲;高畑充希/田中;三浦春馬/高村;萩原聖人/前木;渡辺真起子/父;竜雷太/母;綾戸智恵/田中の父;佐藤浩市/主治医;原田美枝子

2017年11月15日 (水)

「漫画 君たちはどう生きるか」を見る読む

 少年の頃、経済的にも精神的にも我が家は落ち着いておらず、私は不安定な気持ちで日々過ごしていた。年代的にも、心の不安定な頃であったかも知れない。
 そんな中、社会や人間のありよう、人の心のありよう、愛すること、友人について等々、いろいろな意味で私に強い影響を与えた本があった。

 下村湖人の「次郎物語」、井上靖の「あすなろ物語」 ジョルジュ・サンドの「愛の妖精」、ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」など。(少年雑誌、学年雑誌に載っていた概略小説、粗筋物語もあったかも知れない。)
 その中の一冊に、吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」があった。今もどこか我が家の物置の本箱の隅に残っているかも知れない。

 今回この「君たちはどう生きるか」が、漫画化発売されたと聞いて、これは中学生の孫に読ませなければと思って早速買おうとした。ところがあちこちの本屋さんに行って探し聞いてみたが、どこも売り切れ品切れだという。残念というより、こんなに売れているんだ読まれているんだと何かうれしくなってしまった。結局インターネットで、注文取り寄せ、手に入れることができた。

 私が少年の頃、この「君たちはどう生きるか」を読もうとした経緯(いきさつ)や、本の中身は詳しく覚えていないが、上に書いたようにものすごいカルチャーショックであったことは覚えている。
 その頃、どういう気持ちでこれを読んだのだろうか。どんな感想を持ったのだろうか。不安定な私の気持ちを落ち着かせてくれたもの、その後の私の生き方を方向付けてくれたものだったに違いない。

 今回改めて読んでみて、社会の中の自分、友達関係のこと、ものの見方、労働など、ちょうど中学生に読ませたい中身だと思った。私が生まれた10年前1937年に出された本とは思えない、いじめ、貧困など現在に通じる話題もある。いや、本の中身全部が、今の子供たちに伝えたいこと、考えてもらいたいことである。
 大筋は漫画であるが、叔父さんがコペル君に宛てたノートの部分は文章で、3~5ページにわたり文章の部分もある。

 孫がどういう反応を示すか、全部読み切るかどうか、どんな感想を持つかわからないが、「私がおまえと同じ頃、ものすごく感銘を受けた本だよ。」といいながら渡そうと思っている。

  ・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

 「漫画 君たちはどう生きるか」
   原作:吉野源三郎 漫画:羽賀翔一 マガジンハウス 2017年10月第5刷

2017年3月23日 (木)

定年後の暮らしは読書三昧 宮部みゆき「孤宿の人」を読む

 発売されてもう結構日にちが経っている小説のようだが、宮部みゆき「孤宿の人」を読んだ。私の読書ノートをめくってみると最近では、宮部みゆきの本は「かまいたち」「本所深川ふしぎ草紙」「幻色江戸ごよみ」「堪忍箱」など主に時代小説を読んでいる。

 「孤宿の人」は、上・下に渡るかなりの長編で、さらに宮部さん特有の場面場面の記述が特に詳しく長く、読み続けるのに苦労したが、それでも毎日少しずつ上・下を一ヶ月ほどかけて読み終わった。本を開く度に、わくわくしながら読む本がある喜びを感じながら・・・。

 主人公の一人ほうの、純真なまっすぐな心、自然体が、加賀様の心をとらえたのだろう。やがて、心を開いた加賀様がほうに文字や数字を教える下りでは思わず叫んでしまった、この人は今でいう障害児教育の指導の方法を知っている。ほうに文字を教え、ものの見方を考え方を教える加賀様は障害児教育の教師だ。

 「保(ほう)」から「方(ほう)」へ、そして最後には、「宝(ほう)」という名前を与える場面ではさらに思った、この人加賀様=宮部みゆきは、障害児教育いやもっと広く教育の本質を心得ている。

 最後クライマックスでは、まったく涙が止まらなかった。藤沢周平のせみしぐれに匹敵する素晴らしい作品であった。

 ・・・読書はいい。大げさにいうと生きている喜びを感じるときだ。

  「孤宿の人(上・下)」 宮部みゆき 新潮文庫 平成21年12月1日発行

2017年3月20日 (月)

映画「アラヤシキの住人たち」を観る

 ずっと前から観たかった映画だ。普通の映画館では絶対観られない映画だと諦めていたが、先日新聞の小さなお知らせ欄で県立美術館を会場に映写会が実施されるということを知り、出かけた。

 自由学園の教師だった故宮嶋眞一郎さんが創設し、息子の宮嶋信さんが後を継ぎ続けている小谷共働学舎の一年間の記録ドキュメンタリーだ。

 何よりも風景映像が美しい。歩いて1時間半もかかるところにあるアラヤシキ、冬は厳しいのだろうけれども、このありのままの自然の下でみんなで共働することが、ここに暮らす人々を心豊かにしている。
 ヤギの赤ちゃんが生まれるのを見守るみんな、生まれて手をたたいて喜ぶるシーンもいい。そして、ここを出て行っても、戻ってきてもいい、決して雄弁ではない人たちが仲間のことを考え本音で話す姿など、まさにこの共働学舎の有り様を示している。

 この映画、もし機会があったら、是非観て欲しい。今の社会で生きづらさを感じている人たちが大勢いる、そして自分を含めて一人一人が掛け替えのない人生を歩んでいるのだということに思いを寄せて欲しい。 

「アラヤシキの住人たち」
  製作年;2015年 配給;ポレポレタイムス社ポレポレ東中野
  スタッフ 監督;本橋成一 プロデューサー;大槻貴宏 撮影;一之瀬正史
  特別協力;NPO法人共働学舎  後援;小谷村 信濃毎日新聞 
  

2017年1月10日 (火)

「親子で楽しむスキー,スノーボード」

 夕方荒川河川敷をウオーキングしていると、遙か東の方向、ちょうど三ツ峠の下あたり山の中腹に明るい光の列が見える。御坂のスキー場の明かりだ。中央道経由で、東京からも比較的近く、今も盛っているようだ。このスキー場は、スキーもだが、以前からスノーボードも楽しめるらしい。

 今の時季、若い頃仕事が休みの度に行っていた野沢温泉スキー場を思い出す。一番上のゲレンデ(というより山の頂上)から一気に麓まで滑り降りた時の爽快感は今でも忘れない。

 ところで私の専門の仕事の後輩で、専門外のスキー好きが高じて、素晴らしいスキー、スノーボードの本を作ってしまった人がいる。
 専門外といっても、明治生まれのお父さんから、スキーの手ほどきを受けて小さい頃2歳ぐらいから滑っているというから大ベテランでプロ級の腕前だ。

 本では、親子でスキーを楽しめるように、まずスキーの楽しみ魅力を紹介し、その後道具についてや服装など平易な文章で説明している。親しみやすい画が添えられていて楽しい。この画も親しい知人に画いてもらったという。
 スキー遊びから、ゲレンデでスキーを楽しむための技術的なことにも触れている。もちろん怪我をしないように安全確保についても。
 私はスノーボードについてはほとんど経験がないので細かく触れられないが、この本ではスノーボードについても道具や、滑って楽しむための詳しいことが述べられている。

 本の対象は小学生中学生かもしれないが、親子で兄弟で楽しむということになれば、幼児から大人まで楽しめる参考になる本である。

 「親子で楽しむスキー,スノーボード」 文;岡田 清 画;浅川 晃治 教育同人社 2016年12月20日

2015年5月26日 (火)

ローカルラジオ局のいい番組

 先日夕方、地元のYBSラジオで山梨県立盲学校に関わる特集番組をやっていた。卒業生に、もう50年近くオルゴールを贈り続けている匿名の方がいるということを軸に、盲学校の役割と現状、課題などについてとてもよく番組が作ってあり感心した。

 盲学校は、視覚障がいの小中学高校生だけでなく、中途視覚障がいの年齢の行った方も専攻科理療科等で学んでいる。番組では50歳を越えて学んでいる方の声も放送していた。様々な学びの場を提供しているようで、絶対必要な学校だと思った。

 番組を聞くと、卒業後の進路等についても必ずしもいい状況ではないようだ。卒業生が、頂いたオルゴールを励みにがんばっているというインタビューもあった。障がいがあっても、みんなが輝いて生きていけるそういう社会であって欲しいと心から思う。障がいがある人にとって生きやすい社会は、みんなにとって生きやすい社会なのだ。

 盲学校の歴史に関わって、重複障がい児の教育の先駆的な教育実践がこの山梨県立盲学校でなされたということにも、ちょっと触れるとよかったかなと思う。日本の重複障がい児の教育が山梨から出発したのだと聞いている。

 最近聞くに耐えないNHKラジオの番組がいくつかある(*)中でのことで、地方のどちらかというと小ラジオ局がこれだけの番組を作っているということで、何か嬉しくなってしまった。
 全国ネットのどこかのラジオ局で再放送して、日本中の大勢の人が聞いてくれるといいと思った。

  (*) 2013年11月2日の記事 → NHKラジオ第一 元に戻して!

2015年3月25日 (水)

彼岸桜満開 甲府城2015年3月25日

 甲府城(舞鶴城)の稲荷曲輪の芝生の広場に彼岸桜が数本ある。この桜が今まさに満開、見事だ。
 稲荷櫓の前にある枝垂れ桜も全体では五部咲きぐらいだが、手の届くぐらいのところは、満開だ。

Higan002

Shidare002_2

 庄城稲荷跡の後には、四百年前の野面積みの石垣をバックに河津桜が四五本。伊豆河津町の河津桜は2月頃には咲くというが、ここのは今咲き始めている。やっぱり、伊豆に比べれば甲府はずいぶん寒いんだ。

Kawadu002_2

 ソメイヨシノも甲府城あちこちで、既に開花している。あと一週間ぐらいで満開だろう。

  ********************

 今日は北風が少し吹いていたが、昨日に比べれば暖かい。この暖かさに誘われて甲府城は花見に訪れる人がいっぱいだった。

 春休みが始まった中学生男女十人ほどが輪になり座ってなにやら和やかに話し合い。この後お弁当も仲よく食べるのかな。
 元気な保育園の子どもたちと高校生たちが一緒に戯れている姿は、微笑ましい。
 この子どもたちの時代が、平和であることを祈らずにはおれない。

 今朝の新聞を見てやってきたという地元のご夫婦は、彼岸桜を眺めて「本当に満開ですね。見に来てよかった。」とおっしゃっる。
 三脚を担ぎ、カメラを肩に掛けたカメラマンが何人も歩き回っていた。

 

より以前の記事一覧

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村ランキング参加中