カテゴリー

にほんブログ村ランキング参加中

カテゴリー「ラジオ」の22件の記事

色々作業をしながら・・・時には手を休めて耳を傾ける

2017年9月25日 (月)

「マイあさラジオ」の『お便り』に癒やされる

 NHKラジオ第一放送「マイあさラジオ」で流される『お便り』には、同感したり小さい感動があったり、楽しく聞いている。不思議と癒やされることが多い。

 もちろんどうゆうお便りを採用するかは、番組制作のスタッフの恣意が入り込むわけだが、それでもスタッフが意図していないあるいは気がついていない内容のお便りなども放送されるのではないかと思う。

 季節の移ろい、地域の話題、家族の動静などが多いが、時には身内の介護のことや障害を持った子供の躾けの苦労など重い内容もあったりする。アナウサーも結論的なことをいわないのがいい。

 まだ起きていない家族がいるので、その他の時間は最低限の音量で聞いているのだが、「お便り」の時は音を大きくして聞いている。

 今朝も「お便りを」楽しみに、「マイあさラジオ」を聞いた。いつかは私も『お便り』を送ってみようかなと思っている。

2017年9月22日 (金)

ラジオ深夜便「明日へのことば」 富丘太美子さんの話

 NHKラジオ第一放送のラジオ深夜便「明日へのことば」は、時々早く目が覚めたときなどに聞いている。聞いている人の少ない早朝にはもったいないいい話が多く、私は寝ずにそのままずっと聞いてしまうことが多い。
 ラジオ深夜便は、この「明日へのことば」が終わると、誕生日の花、花言葉の紹介があって終わる。もっともこのすぐ後、「マイあさラジオ」が始まりずっと聞いてしまうのだが。

 今朝のラジオ深夜便「明日へのことば」は、画家富丘太美子さんの「鋳物工場の“美しさ”を描く」というお話であった。どちらかというぼくとつとした素朴な話しっぷりで、決して話がうまいということではないが、実感のこもった、味のあるいい話であった。

 40年間小学校教師をしていたということで、親しみを持って話が聞けたのかもしれない。忙しくて子供たちに十分なことがしてあげられなかったといっていたが、私も同じ思いだ。
 絵は退職する前は、余り描いたことがなかったという。退職後、亡くなった旦那さんがよく絵を画いていて、絵に描かれた工場がどこかと探していて鋳物工場の絵を画くようになったそうだ。

 工場で働いている人たちの邪魔にならないように写真を撮って、それを元に絵にするのだという。話の端々に、工場で誇りを持って真剣に働く人たちへの慈しみの気持ちを感じた。それが素晴らしい絵を描かせているのだろう。
 自分の絵はまだまだ50点だという。100点になるまで描き続けて欲しいと思ったのだった。 

 この放送は、インターネットの「ラジオ深夜便」のホームページで、聞くことが出来るという。大勢の人に聞いてもらいたいものだと思った。

2017年5月28日 (日)

かまつぼ商店再来か 「歌の日曜散歩」 

 久しぶりに、NHKラジオ第一「歌の日曜散歩」を聞き始めている。杉原満アナウサーは甲府局にもいたことがあり親しみを持って聞いている。石山智恵さんもとても温かい声でいい。音楽の選曲もよく、楽しく懐かしく聞いている。新しい歌も、違和感なく気持ちよく聞ける。まさに日曜日の歌の散歩だ。

 何よりも二人のコンビネーションがよく、温かい雰囲気でのやりとりは何年か前に終わった「かまつぼ商店」を彷彿させる。「かまつぼ商店」のころの「歌の日曜散歩」は、心が和むことが多くまた色々勉強になることも多い楽しい番組で、毎週日曜日が楽しみだった。山梨で行われた公開放送にも何度も出かけたものだ。

 その「歌の日曜散歩」再来でとてもうれしく思っている。また日曜日の午前中が楽しみになった。もし山梨で公開放送があったら出かけたいものだと妻と話している。

 
  「かまつぼ商店」って何?
     → 
歌の日曜散歩 その5 え~「歌の日曜散歩」が終わる?

2017年5月23日 (火)

定年後の暮らし 野菜づくりに精を出す (続)

 農協から畑を借り野菜づくりに精を出している。始めてもう二十年ぐらい経つがまだまだ失敗の繰り返しだ。それでも、時々は農協の人から野菜の品評会に出してみたらといわれるような見事な野菜が出来る時もある。失敗したり、成功したりの野菜づくりだ。

 ゴールデンウイークの頃からしばらくは、色々野菜の種まき、苗の植え付けの時期であった。先日は市の環境課から分けてもらったゴーヤの苗を畑へも2本植え付けた。夏にゴーヤの実がいっぱい採れるのを楽しみにしている。

 ナスやトマト、ピーマンなどは、先日の連休中に植え付けた。根付くまでの水遣りで毎日畑へ通っている。二三年前から、落花生を作っているが、今の時期芽が出て来ている。やはり夏の収穫が楽しみだ。

Nasu003_2

Rakkasei002

 3月の春分のころ植え付けたジャガイモが大きくなり、花が咲き始めた。一週間ほど前肥料を撒き、最後の土寄せをしたところである。タマネギも後一ヶ月ぐらいで収穫だ。だいたいジャガイモとタマネギの収穫は同じ頃かな。

Jyagaimo002

Tamanegi002

 時々はイヤホーンでラジオを聞きながらの作業だが、無心に体を動かすのは体力的にも精神的にもいい。畑の周りの方と野菜づくり談義も楽しい。

2017年2月21日 (火)

楽しみなNHKラジオ「マイあさラジオ」 小倉実華さん

 NHKラジオ「マイあさラジオ」の女声が、今週は小倉実華さんだ。この人の声は、本当に柔らかく優しく聞きやすい。この人持ち前の性格からにじみでる声、しゃべり方なのだろう。
 以前甲府放送局で夕方のテレビローカル番組に毎日出ていたということもあり、うれしく毎朝ラジオを聞いている。
 この人の声を聞いていると、不思議に今日も明るく頑張って過ごしていこうという気持ちになる。

 この番組に出ている人たちが、同じような構成でNHKラジオ午前中のあの番組、午後のあの番組を担当すればいいのにと思う。
 ついでにいうならば、「ちきゅうラジオ」を担当しているあのお二人が、「歌の日曜散歩」を担当すれば以前のように毎週楽しみに聞くようになるのにと思っているのだが。
 もう来年度のラジオ番組構成、担当者も決まっているのだろうな。

 2013年11月2日の記事 → NHKラジオ第一 元に戻して  
 2012年6月10日の記事 → ラジオを友に生きている

2015年5月26日 (火)

ローカルラジオ局のいい番組

 先日夕方、地元のYBSラジオで山梨県立盲学校に関わる特集番組をやっていた。卒業生に、もう50年近くオルゴールを贈り続けている匿名の方がいるということを軸に、盲学校の役割と現状、課題などについてとてもよく番組が作ってあり感心した。

 盲学校は、視覚障がいの小中学高校生だけでなく、中途視覚障がいの年齢の行った方も専攻科理療科等で学んでいる。番組では50歳を越えて学んでいる方の声も放送していた。様々な学びの場を提供しているようで、絶対必要な学校だと思った。

 番組を聞くと、卒業後の進路等についても必ずしもいい状況ではないようだ。卒業生が、頂いたオルゴールを励みにがんばっているというインタビューもあった。障がいがあっても、みんなが輝いて生きていけるそういう社会であって欲しいと心から思う。障がいがある人にとって生きやすい社会は、みんなにとって生きやすい社会なのだ。

 盲学校の歴史に関わって、重複障がい児の教育の先駆的な教育実践がこの山梨県立盲学校でなされたということにも、ちょっと触れるとよかったかなと思う。日本の重複障がい児の教育が山梨から出発したのだと聞いている。

 最近聞くに耐えないNHKラジオの番組がいくつかある(*)中でのことで、地方のどちらかというと小ラジオ局がこれだけの番組を作っているということで、何か嬉しくなってしまった。
 全国ネットのどこかのラジオ局で再放送して、日本中の大勢の人が聞いてくれるといいと思った。

  (*) 2013年11月2日の記事 → NHKラジオ第一 元に戻して!

2013年11月26日 (火)

紅白で聞きたかったのに! 「ふるさとは今もかわらず」

 大晦日の紅白歌合戦で、新沼謙治の「ふるさとは今もかわらず」を大合唱で聞きたかったのだが、今朝の新聞に名前は載っていなかった。残念、がっかりだ。

 図らずも、注文していた楽譜合唱曲入りの「ふるさとは今もかわらず」のCDがお店に入荷したという連絡があり、取りに行ったのだが、足どりも重くなってしまった。

 東北の復興歌でもあるというが、それを置いても、誰もが親しめるいい歌で、生きることへの応援歌のような気がする歌だ。久しぶりに大晦日の紅白も身を入れて聞こうかなと思っていたが、これで今年も紅白はどうでもよくなってしまった。

  10月12日の記事(こちらも是非読んでください)
              
 →  新沼謙治「ふるさとは今も変わらず」

2013年11月 2日 (土)

NHKラジオ第一 元に戻して!

 NHKラジオ第1放送は、去年平日午前中の「ラジオビタミン」や祝日特番「いのちの対話」を終わりにし、午前中「すっぴん」とかいう変なネーミングの番組を始めました。また、今年は鎌坪商店だった日曜日の「歌の日曜散歩」の衣替えをしました。午後は、山田まりやさんがメインパーソナリティー?ということで彼女中心に番組を進めています。
 このような今年のラジオ第1の午前中午後の番組は、はしゃぎ過ぎたり、パーソナリティーとかいう出演者とのコンビネーションが悪かったり、ゲストへの不自然で失礼なやりとりがあったりで聞くに耐えないことがあまりに多く、全く聞く気にならないのです。

 以前のラジオ第1は、昼間家にいることの多い方々、農家の方々や小さい工場で働く方々などが、放送を聞きながらゆったりとした時間を過ごしたり、放送を聞きながら仕事をすすめている方が多いと聞いていました。
 私もそうでした。心が和むことが多く、また色々勉強になることも多かったのです。畑仕事も、はかが行きました。
 しかし、この頃NHK第1は、好きずきはあるのでしょうし番組担当者は一生懸命がんばっているのでしょうが、全く聞く気にならずスイッチを切ってしまうことが多いのです。また私もそうですが、むしろ地元の民放ラジオを聞いているという方が多いようです。

 NHKは番組審議会とかいう会議で、もっと若者向けの放送を多くというような声が多く出ているのか、何か年配者を切り捨てて、ラジオ放送を(もちろん若者向けの放送も一部あっていいでしょうが)、全部若者向きにシフトチェンジしようとしていると感じて不愉快きわまりないのです、寂しい限りなのです。

 きっと来年の放送番組編成の方向はもう検討しているのでしょうが、是非大勢の意見を聴き入れ(本当に大勢の人が希望していると思います)、元のように心暖かい静かで心を和ませるようなNHKらしい番組に戻してくれるよう願いたいのです。

 こちらも是非お読みください →  え~、「歌の日曜散歩」が終わる?
 

2013年7月29日 (月)

夏期巡回ラジオ体操 昭和町押原公園

 夏休み恒例、NHK朝のラジオ体操みんなの体操会の中継が、今朝午前6時30分から昭和町押原公園で行われました。

 私も、せっかくの機会で、かって勤めていた懐かしい地域でもあり、朝のウオーキングを兼ねて参加してきました。今朝は1,800人集まったそうです。これだけの人数が集まるとなかなか壮観で、災害時の避難所にもなるというみどりの芝生の広場が人で埋め尽くされました。

 6時から開会式、リハーサルが行われましたが、毎朝のラジオ体操が、こうして放送されるんだとなかなか興味深い一時でした。壇上に立った多胡肇さんの指導進行はさすがで、始める前の練習でやった例のよくわからない「みんなの体操」も自然にスムーズに出来てしまいました。

 集まったみなさんは、指示に従って整列し、ラジオ体操も大変上手で、もしかしたら今日に備えて事前に地域で練習したのではないかと思うくらいでした。昔、仕事で行ったラジオ体操教室での講習会を思い出してしまいました。ラジオ体操も、きちんとやるとけっこう難しいし意外と運動量もあるんですよね。

 仕事で一緒だった方々とも久しぶりに顔を合わせ、楽しく有意義な体操会でした。

2013年3月17日 (日)

歌の日曜散歩 その5  え~、「歌の日曜散歩」が終わる? 

 日曜日いつも楽しみで聞いていたNHKラジオ第一の「歌の日曜散歩」が終了と聞いて、去年の「ラジオビタミン」終了のこともあって、「え~、またか。」と思っていたが、どうも鎌田さんと坪郷さんが今日の番組で司会を降りて、番組自体はまだ続くということだそうだ。

 「歌の日曜散歩」は、とても楽しい暖かい番組で鎌田さんと坪郷さんの掛け合い「かまつぼ商店」を聞くのが楽しみだった。畑にラジオを持って行って聞きながら仕事をするのが好きで、仕事も楽しくとてもはかがいったように思う。

 公開放送も、振り返ってみると、初めのころ家内と「甲府にはなかなか来ないね。」と話していたのに、その後もう4回も山梨にも来て、そのうちの3回は私たちも参加してとても楽しかった。一度は坪郷さんにインタビューされて、私の声が全国に放送された。

 
 NHKは、去年も「ラジオビタミン」や「いのちの対話」を終わりにし、今回は「歌の日曜散歩」も衣替えをしようとしている。土日もなんかまったく聞こうと思えない様な番組が夜遅くまで続いている。(「ラジオ深夜便」を早く聞きたいのに。)

 好きずきはあるのだろうし、番組担当者は一生懸命がんばっているのだろうが、何かNHKは年配者を捨てて、若者向きにラジオ全体をシフトチェンジしようと思っている様に感じて、不愉快だ。寂しい限りだ。

 これでは、益々NHK離れは加速するだろう。地元の民放ラジオを聞く方がずっと増しだと思うようになった。

 歌の日曜散歩 4 石和スコレーセンター 

 < 歌の日曜散歩 3 増穂文化会館

 < 歌の日曜散歩 2 甲府銀座通り

 < 歌の日曜散歩 1 甲府銀座通り

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

お薦めサイト

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。

大蔵経寺山

  • 10-石和の町並み
     平成16年12月11日、初冬の穏やかな一日、積翠寺岩堂峠から大蔵経寺山へ登ってきました。

桜峠

  • 芦川北陵西端の山々
     平成17年1月29日、芦川北陵西端浅間山から桜峠を歩いてきました。  落ち葉の海を歩き、一面のカヤの原を越えて桜峠に行き着きました。  小さい頃からずっと眺めてきた山々です。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ