サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

にほんブログ村ランキング参加中

カテゴリー「ラジオ」の25件の記事

色々作業をしながら・・・時には手を休めて耳を傾ける

2019年5月27日 (月)

ラジオライトハウス 「盲ろう児教育のあけぼの」

 地元のYBSラジオで”ラジオ ライトハウス”を放送している。視覚障害の人に生活情報などを伝えていて長く続いている番組だが、障害児教育に長く関わっていた私にも大変参考になる内容が多く、時々聞いている。
 今回はスペシャル番組として「成子と忠男~盲ろう児教育のあけぼの」と銘打った番組を放送していた。以前同じYBSラジオで、山梨県の盲学校の卒業式に匿名で毎年オルゴールを送っている人がいるという番組を聞きブログに記事(*)を書いたときに、重複障がい児の教育の先駆的な教育実践がこの山梨県立盲学校でなされたということを付け加えて放送すればいいのにとコメントを書いていたのだが、今回の放送がまさにその内容だった。

 その当時寮母さんをしていたという中島さんの話、先駆的な盲ろう児の教育に取り組んだ当時の先生方のこと、その教育の内容方法などを科学的に指導バックアップした梅津八三のこと、今元気に暮らしている成子さんのこと、そしてその頃の貴重な指導の記録のデジタル保存が今進められていることなどが取り上げられ、奥の深い素晴らしい番組であった。
 ローカル放送では、もったない内容の放送だった。前の記事(*)でも書いたが、全国ネットのどこかのラジオ局で再放送して、日本中の大勢の人が聞いてくれるといいと思ったのだった。

 (*) → ローカルラジオ局のいい番組 

2019年2月24日 (日)

とうとう終わる「歌の日曜散歩」

 とうとう「歌の日曜散歩」が終わるという。鎌田さん坪郷さんさんがやっていた頃からずっと聞いていて、お二人がやめてから一時聞かなくなっていたが、何年か前から杉原さんと石山さんが担当するようになってまた聞き始めていた。
 毎回懐かしいいい歌が流れ、杉原さんと石山さんも優しく暖かく落ち着いた話しっぷりで、私は「かまつぼ商店」再来かと喜んで聞いていたのに残念で仕方がない。

 ラジオを友に生きている私にとって、長く楽しく聞いてきた「かんさい土曜ほっとタイム」も終わるようだし、NHKラジオ第一がだんだん遠くへ行ってしまうような気がして寂しいことこの上ない。何故終わりにするのか、腹立たしさえ感じる。NHKはどこに向かっているのだろうか。

 4月から大幅に変わった番組編成になるような気がする。タレントなどを起用したやたら騒々しい聞き苦しい番組(以前そんな番組があった。今もあるか。)でなく、落ち着いてしっとり聞ける静かで楽しい番組が増えるよう願ってやまないのだ。


 「歌の日曜散歩」は楽しかった

  < かまつぼ商店再来か「歌の日曜散歩」

  < NHK第一 元に戻して!  >

   < 歌の日曜散歩 5 え~ 「歌の日曜散歩」が終わる?

  < 歌の日曜散歩 4 石和スコレーセンター 

  < 歌の日曜散歩 3 増穂文化会館

  < 歌の日曜散歩 2 甲府銀座通り

  < 歌の日曜散歩 1 甲府銀座通り

2019年1月19日 (土)

あれ、土曜日だけど小倉実華さん? NHK「マイあさラジオ」

 聞き始めて「あれ、今日は確か土曜日だよな。」と一瞬思った。土曜日日曜日は、ウイークデイと違う女声が担当しているのだが。いつもの人はインフルエンザにでもかかったかな。

 いつも朝5時には起きてNHKラジオ第1「マイあさラジオ」を聞いている。NHKでも最近多くなっているくだけ過ぎ、はしゃぎ過ぎ、叫び過ぎの番組と違って、この番組は落ち着いて淡々と進めていくのがいい。聞きやすく暖かい雰囲気の中で色々な情報が素直に伝わってくる。(最近多い聞きたくないようないやなニュースも。)私は『お便り』『マイあさだより』『歴史を探しに』『落合恵子の絵本の時間』のコーナーなどが好きだ。

 ウイークデイは、一週間交替で、女声はこの小倉実華さんともう一人の女性キャスター大久保彰絵さんが担当している。(土日は渡辺ひとみさんだ。)他の女声が特に嫌いということではないが、私は小倉実華さんが大好きだ。

 前にもこのブログに書いたが、この人の声は、本当に柔らかく優しく聞きやすい。この人持ち前の性格からにじみでる声、しゃべり方なのだろう。
 以前甲府放送局で夕方のテレビローカル番組に毎日出ていたということもあり、うれしく毎朝ラジオを聞いている。この人の声を聞いていると、不思議に今日も明るく頑張って過ごしていこうという気持ちになるのだ。

 もう担当3年目になるかな。来年度以降のラジオ番組構成、担当者も決まっているのかもしれないが、小倉実華さんを始め今のキャスター、スタッフさんたちがずっとこの番組の担当を続けるといいなと素直に思う。
 ついでにいうと、この番組が同じキャスターで午前中午後も続いてもいい。「マイにちラジオ」になるかな(笑)


 平成29年2月21日の記事
       → 
楽しみなNHKラジオ「マイあさラジオ」 小倉実華さん

 平成29年9月25日の記事
       → 
「マイあさラジオ」の『お便り』に癒やされる

2017年9月25日 (月)

「マイあさラジオ」の『お便り』に癒やされる

 NHKラジオ第一放送「マイあさラジオ」で流される『お便り』には、同感したり小さい感動があったり、楽しく聞いている。不思議と癒やされることが多い。

 もちろんどうゆうお便りを採用するかは、番組制作のスタッフの恣意が入り込むわけだが、それでもスタッフが意図していないあるいは気がついていない内容のお便りなども放送されるのではないかと思う。

 季節の移ろい、地域の話題、家族の動静などが多いが、時には身内の介護のことや障害を持った子供の躾けの苦労など重い内容もあったりする。アナウサーも結論的なことをいわないのがいい。

 まだ起きていない家族がいるので、その他の時間は最低限の音量で聞いているのだが、「お便り」の時は音を大きくして聞いている。

 今朝も「お便りを」楽しみに、「マイあさラジオ」を聞いた。いつかは私も『お便り』を送ってみようかなと思っている。

2017年9月22日 (金)

ラジオ深夜便「明日へのことば」 富丘太美子さんの話

 NHKラジオ第一放送のラジオ深夜便「明日へのことば」は、時々早く目が覚めたときなどに聞いている。聞いている人の少ない早朝にはもったいないいい話が多く、私は寝ずにそのままずっと聞いてしまうことが多い。
 ラジオ深夜便は、この「明日へのことば」が終わると、誕生日の花、花言葉の紹介があって終わる。もっともこのすぐ後、「マイあさラジオ」が始まりずっと聞いてしまうのだが。

 今朝のラジオ深夜便「明日へのことば」は、画家富丘太美子さんの「鋳物工場の“美しさ”を描く」というお話であった。どちらかというぼくとつとした素朴な話しっぷりで、決して話がうまいということではないが、実感のこもった、味のあるいい話であった。

 40年間小学校教師をしていたということで、親しみを持って話が聞けたのかもしれない。忙しくて子供たちに十分なことがしてあげられなかったといっていたが、私も同じ思いだ。
 絵は退職する前は、余り描いたことがなかったという。退職後、亡くなった旦那さんがよく絵を画いていて、絵に描かれた工場がどこかと探していて鋳物工場の絵を画くようになったそうだ。

 工場で働いている人たちの邪魔にならないように写真を撮って、それを元に絵にするのだという。話の端々に、工場で誇りを持って真剣に働く人たちへの慈しみの気持ちを感じた。それが素晴らしい絵を描かせているのだろう。
 自分の絵はまだまだ50点だという。100点になるまで描き続けて欲しいと思ったのだった。 

 この放送は、インターネットの「ラジオ深夜便」のホームページで、聞くことが出来るという。大勢の人に聞いてもらいたいものだと思った。

2017年5月28日 (日)

かまつぼ商店再来か 「歌の日曜散歩」 

 久しぶりに、NHKラジオ第一「歌の日曜散歩」を聞き始めている。杉原満アナウサーは甲府局にもいたことがあり親しみを持って聞いている。石山智恵さんもとても温かい声でいい。音楽の選曲もよく、楽しく懐かしく聞いている。新しい歌も、違和感なく気持ちよく聞ける。まさに日曜日の歌の散歩だ。

 何よりも二人のコンビネーションがよく、温かい雰囲気でのやりとりは何年か前に終わった「かまつぼ商店」を彷彿させる。「かまつぼ商店」のころの「歌の日曜散歩」は、心が和むことが多くまた色々勉強になることも多い楽しい番組で、毎週日曜日が楽しみだった。山梨で行われた公開放送にも何度も出かけたものだ。

 その「歌の日曜散歩」再来でとてもうれしく思っている。また日曜日の午前中が楽しみになった。もし山梨で公開放送があったら出かけたいものだと妻と話している。

 
  「かまつぼ商店」って何?
     → 
歌の日曜散歩 その5 え~「歌の日曜散歩」が終わる?

2017年5月23日 (火)

定年後の暮らし 野菜づくりに精を出す (続)

 農協から畑を借り野菜づくりに精を出している。始めてもう二十年ぐらい経つがまだまだ失敗の繰り返しだ。それでも、時々は農協の人から野菜の品評会に出してみたらといわれるような見事な野菜が出来る時もある。失敗したり、成功したりの野菜づくりだ。

 ゴールデンウイークの頃からしばらくは、色々野菜の種まき、苗の植え付けの時期であった。先日は市の環境課から分けてもらったゴーヤの苗を畑へも2本植え付けた。夏にゴーヤの実がいっぱい採れるのを楽しみにしている。

 ナスやトマト、ピーマンなどは、先日の連休中に植え付けた。根付くまでの水遣りで毎日畑へ通っている。二三年前から、落花生を作っているが、今の時期芽が出て来ている。やはり夏の収穫が楽しみだ。

Nasu003_2

Rakkasei002

 3月の春分のころ植え付けたジャガイモが大きくなり、花が咲き始めた。一週間ほど前肥料を撒き、最後の土寄せをしたところである。タマネギも後一ヶ月ぐらいで収穫だ。だいたいジャガイモとタマネギの収穫は同じ頃かな。

Jyagaimo002

Tamanegi002

 時々はイヤホーンでラジオを聞きながらの作業だが、無心に体を動かすのは体力的にも精神的にもいい。畑の周りの方と野菜づくり談義も楽しい。

2017年2月21日 (火)

楽しみなNHKラジオ「マイあさラジオ」 小倉実華さん

 NHKラジオ「マイあさラジオ」の女声が、今週は小倉実華さんだ。この人の声は、本当に柔らかく優しく聞きやすい。この人持ち前の性格からにじみでる声、しゃべり方なのだろう。
 以前甲府放送局で夕方のテレビローカル番組に毎日出ていたということもあり、うれしく毎朝ラジオを聞いている。
 この人の声を聞いていると、不思議に今日も明るく頑張って過ごしていこうという気持ちになる。

 この番組に出ている人たちが、同じような構成でNHKラジオ午前中のあの番組、午後のあの番組を担当すればいいのにと思う。
 ついでにいうならば、「ちきゅうラジオ」を担当しているあのお二人が、「歌の日曜散歩」を担当すれば以前のように毎週楽しみに聞くようになるのにと思っているのだが。
 もう来年度のラジオ番組構成、担当者も決まっているのだろうな。

 2013年11月2日の記事 → NHKラジオ第一 元に戻して  
 2012年6月10日の記事 → ラジオを友に生きている

2015年5月26日 (火)

ローカルラジオ局のいい番組

 先日夕方、地元のYBSラジオで山梨県立盲学校に関わる特集番組をやっていた。卒業生に、もう50年近くオルゴールを贈り続けている匿名の方がいるということを軸に、盲学校の役割と現状、課題などについてとてもよく番組が作ってあり感心した。

 盲学校は、視覚障がいの小中学高校生だけでなく、中途視覚障がいの年齢の行った方も専攻科理療科等で学んでいる。番組では50歳を越えて学んでいる方の声も放送していた。様々な学びの場を提供しているようで、絶対必要な学校だと思った。

 番組を聞くと、卒業後の進路等についても必ずしもいい状況ではないようだ。卒業生が、頂いたオルゴールを励みにがんばっているというインタビューもあった。障がいがあっても、みんなが輝いて生きていけるそういう社会であって欲しいと心から思う。障がいがある人にとって生きやすい社会は、みんなにとって生きやすい社会なのだ。

 盲学校の歴史に関わって、重複障がい児の教育の先駆的な教育実践がこの山梨県立盲学校でなされたということにも、ちょっと触れるとよかったかなと思う。日本の重複障がい児の教育が山梨から出発したのだと聞いている。

 最近聞くに耐えないNHKラジオの番組がいくつかある(*)中でのことで、地方のどちらかというと小ラジオ局がこれだけの番組を作っているということで、何か嬉しくなってしまった。
 全国ネットのどこかのラジオ局で再放送して、日本中の大勢の人が聞いてくれるといいと思った。

  (*) 2013年11月2日の記事 → NHKラジオ第一 元に戻して!

2013年11月26日 (火)

紅白で聞きたかったのに! 「ふるさとは今もかわらず」

 大晦日の紅白歌合戦で、新沼謙治の「ふるさとは今もかわらず」を大合唱で聞きたかったのだが、今朝の新聞に名前は載っていなかった。残念、がっかりだ。

 図らずも、注文していた楽譜合唱曲入りの「ふるさとは今もかわらず」のCDがお店に入荷したという連絡があり、取りに行ったのだが、足どりも重くなってしまった。

 東北の復興歌でもあるというが、それを置いても、誰もが親しめるいい歌で、生きることへの応援歌のような気がする歌だ。久しぶりに大晦日の紅白も身を入れて聞こうかなと思っていたが、これで今年も紅白はどうでもよくなってしまった。

  10月12日の記事(こちらも是非読んでください)
              
 →  新沼謙治「ふるさとは今も変わらず」

お薦めサイト

大蔵経寺山

  • 10-石和の町並み
     平成16年12月11日、初冬の穏やかな一日、積翠寺岩堂峠から大蔵経寺山へ登ってきました。

桜峠

  • 芦川北陵西端の山々
     平成17年1月29日、芦川北陵西端浅間山から桜峠を歩いてきました。  落ち葉の海を歩き、一面のカヤの原を越えて桜峠に行き着きました。  小さい頃からずっと眺めてきた山々です。

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31