カテゴリー「ゴルフ・スキー・釣り」の20件の記事

スキー、釣りに熱中していた時があった・・・

2017年7月23日 (日)

霧ヶ峰の「ニッコウキスゲ」

 もう30年も40年も前のこと、行っても行っても辺り一面ニッコウキスゲの花が咲き乱れている光景・・・、今回ハイキングクラブの仲間と霧ヶ峰に行くことになって、そんなおぼろげな光景を思い出したのだった。

Nikkokisuge004

Nikkokisuge006

 霧ヶ峰ビーナスライン車山肩の駐車場は、もう車がいっぱいだったが、タイミングよく何とか駐車できた。駐車場から見上げるとすぐ上の丘の方には、ニッコウキスゲの花がいっぱい見えていた。

 今回はとりあえず車山を目指すことになっていた。駐車場から車山に向けて出発、すぐのところ、ちょっと離れたところに小規模なニッコウキスゲの群生地があった。それを遠くから眺めた後、石がごろごろしている山道を登った。途中、道脇に一輪二輪咲くニッコウキスゲ。、40分ぐらいで車山の頂上(1,925m)に着いた。頂上にはドームの付いた大きな建物があった。その先に車山の向こう側から登ってくるリストの頂上駅がある。

Nikkokisuge008

 以前スキーに夢中になっていた若い頃、冬には何度もここまでリフトで登ってきたことがあった。麓に見えるホテルやロッジが沢山あるところ、私がよく宿泊した「ロッジ山梨」なんてなのはまだあるのだろうか。

 久しぶりの頂上でしばらく休憩、もと来た道を戻った。東京の中学校の一行などともすれ違った。「こんにちわ」という若い元気な声に励まされる。

 駐車場まで戻り、今度は車山肩から強清水、八島ヶ原湿原方面に行く道に入り、進んだ。ほんのちょっと行ったところが、もう素晴らしいニッコウキスゲの群生地だった。みんなで「すごいね、きてよかったね。」と大喜び。他にも見ている人がいっぱい、自由に進めないぐらいだった。

 道の両側には、電気柵が巡らしてあった。鹿の食害を防ぐためだという。そうか、以前は霧ヶ峰一面のニッコウキスゲだったが、鹿に食べられてしまって、この辺りだけになったのかと思ったのだった。今、各地の山の花の群生地だったところがなくなってしまい、鹿などの動物からの花の保護活動が盛んに行われているというが、ここもそうだったのだ。保護活動に取り組んでいる関係者に感謝しながら、あたり一面に咲くニッコウキスゲを楽しんだのだった。

Nikkokisuge002

Nikkokisuge010

 霧ヶ峰を下り、麓の茅野市米沢にある「塩壺の湯」(ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物冷鉱泉)で、ゆっくり山歩きの汗を流し、くつろいだ。

    (平成29年7月21日歩く)              

<ニッコウキスゲ>
分類:ユリ科ワスレグサ属/学名:Hemerocallis middendorffii var. esculenta/生育地:山地の草原/分布:北海道から本州の中部地方にかけて
花言葉:心安らぐ人 日々新たに

撮影カメラ ; PENTAX K-7
            レンズ ;  SMCPENTAX-DA 18-55mmAL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

「親子で楽しむスキー,スノーボード」

 夕方荒川河川敷をウオーキングしていると、遙か東の方向、ちょうど三ツ峠の下あたり山の中腹に明るい光の列が見える。御坂のスキー場の明かりだ。中央道経由で、東京からも比較的近く、今も盛っているようだ。このスキー場は、スキーもだが、以前からスノーボードも楽しめるらしい。

 今の時季、若い頃仕事が休みの度に行っていた野沢温泉スキー場を思い出す。一番上のゲレンデ(というより山の頂上)から一気に麓まで滑り降りた時の爽快感は今でも忘れない。

 ところで私の専門の仕事の後輩で、専門外のスキー好きが高じて、素晴らしいスキー、スノーボードの本を作ってしまった人がいる。
 専門外といっても、明治生まれのお父さんから、スキーの手ほどきを受けて小さい頃2歳ぐらいから滑っているというから大ベテランでプロ級の腕前だ。

 本では、親子でスキーを楽しめるように、まずスキーの楽しみ魅力を紹介し、その後道具についてや服装など平易な文章で説明している。親しみやすい画が添えられていて楽しい。この画も親しい知人に画いてもらったという。
 スキー遊びから、ゲレンデでスキーを楽しむための技術的なことにも触れている。もちろん怪我をしないように安全確保についても。
 私はスノーボードについてはほとんど経験がないので細かく触れられないが、この本ではスノーボードについても道具や、滑って楽しむための詳しいことが述べられている。

 本の対象は小学生中学生かもしれないが、親子で兄弟で楽しむということになれば、幼児から大人まで楽しめる参考になる本である。

 「親子で楽しむスキー,スノーボード」 文;岡田 清 画;浅川 晃治 教育同人社 2016年12月20日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

スキーを始めて20年が過ぎていた・・・

 スキーを始めて20年が過ぎていた・・・ スキー行きのメモ

<平成6年2月某日 「サンアルピナ鹿島槍スキー場」 一人で> 8:00家出発 9:15豊科IC 大町先木崎湖手前から混む 結局鹿島槍に着いたのは10:50(2時間50分) 駐車場も混んでいて大糸線踏切近くの駐車場に車を駐める それでもリフト乗り場まで15分ほどでたいしたことはない リフト券4,600円(1,000円保証金最後に返却1,000円戻る) ICカードでリフトへ乗るのも煩わしさがなかった ゲレンデはリフト待ち時間5~10分ほど 鹿島槍スキー場隣の青木湖スキー場まで足を伸ばす 戻るリフトが一人乗りで時間がかかった 3:40駐車場出発 4:50豊科IC 6:20家到着(2時間40分) 韮崎-豊科有料道路2,300円  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

スキーを始めて10年が過ぎていた・・・

 夕方、荒川河川敷をウオーキングしている途中、東方向、ちょうど鉄塔がある三つ峠の下辺り、山の途中に光の帯が見える。御坂峠を越える国道137号線脇にあるカムイみさかスキー場のナイターの灯である。
 昨日は、息子家族がそのカムイみさかスキー場へ出かけたようだが、それほど風も強くなく楽しいソリ遊びが出来たようでよかった。私も同行をと考えたが、ちょっと風邪気味で残念ながら一緒出来なかった。

 前に書いたこともあるが、私は若い頃から、アマチュア無線と同じで、スキーが大好きだった。スポーツはあまり得意ではない私だが、スケートと同様、スキーも結構上手に滑れることができた。一シーズントータルすると20日ぐらいスキーに出かけたこともあった。12月の中旬から、5月の連休ごろまで、仕事の休みの度、出かけていたことになる。

 スキーを始めて10年が過ぎていたころの、スキー行きのメモ・・・

<昭和57年某月27日~28日 野沢温泉スキー場 民宿「白樺」  大学時代同級生Mと>
 朝3時50分家出発 野沢には8時到着 比較的短時間4時間ちょっとで着いたことになる  しばらく休んで10時にはもうゲレンデに立っていた 1日目は回数券2枚 各々1,000円 2日目は1日券2,400円 2日目の11時頃まではとても空いておりリフトもほとんど待ち時間なし 頂上毛無山から、ヤマビコ上の平ゲレンデ、シュナイダーコース、日影ゲレンデと一気に滑り降りることも出来、気持ちよかった さすが疲れた 帰りは2時出発 長野パイパス18号が渋滞で時間がかかった 清里「樹林」で夕食 しょうが焼き定食950円也 甲府到着8時30分 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

何故バレーボールが上手なのか

 職場現役の頃、地域の職場対抗の親睦バレーボール大会が頻繁にあった。
 時には事前の練習を何回もやって本番に備えたこともあった。私も背は低いのだが、結構上手で、同僚から「上手いですね。」といわれたこともあった。

 実は、高校時代短い間だったが、バレーボール部に所属していたことがあるのだ。運動神経がいいわけではなかったが、顧問の先生や中学時代からバレーボールをやっていたという同級生がよく教えてくれて、結構練習も楽しくやった。

 結局ものにならず、飽きてしまって部はやめてしまったが、それが就職してからも役に立ったのだ。

 今はどうなのだろうか、職場親睦の行事などはあるのだろうか。そういえば、ボーリング大会なんてのもあったかな。人間関係をよくし、気持ちよく明るく楽しく仕事を進めるのに必要かなと思うだが、そんな考えは時代遅れかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

ゴルフが楽しく出来る・・・

 今日はもう20数年も前の職場の同僚と楽しいゴルフ/もちろんその後も何度もゴルフコンペなどで一緒しているが/今回はその当時の同僚だけ4人のゴルフ

 その当時上司だったO氏は82才だという/元気でゴルフを一緒してくれることがうれしい/N氏は大学の先輩でもある/他のことでもことあるごとに色々応援してもらってきた/H氏は私を具体的にゴルフに誘ってくれた方/その時からゴルフを始めて20数年が過ぎた 

 勤務が終わった後研究会が終わった後など一緒に練習場に行ってゴルフを色々教えてもらった/今でもなかなか上手にならないゴルフだが/ゴルフの楽しさを教えてくれたO氏N氏H氏に感謝感謝

 今日のゴルフも思い通りのスコアが出たこともあって楽しい楽しいゴルフであった/O氏の様に年を重ねてもゴルフが楽しく出来るようにと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

何故スケートが滑れるようになったか

 厳しい寒さが続くこの時季、思い出すこと・・・。私がスケートが結構上手に滑れるようになったのはこんなことがあったからだ。

 小学生の頃、近くの大きなお寺の竹藪の裏の田んぼにスケートリンクがあった。それ以前から毎年冬には集落の子どもたちが中心になってスケートリンクを作っていた。もともと田んぼに残っていた水が凍ったところに、近くの小川からバケツで水を汲んできて撒き、少しずつリンクにしていったのだ。
 誰から指示されるということでもなく、滑りたい一心で作業をした。近くの”にお”の陰には作業に使うバケツやほうきなどが置いてあった。きれいに平らな氷にするために、時々氷の上をほうきで掃いたりした。スケートリンクが少しでも完成すると”下駄スケート”で滑った。
 我が家にも下駄スケートがあった。もう兄たちは遊び滑る年齢ではなくなっていたので、私専用になった。下駄と鼻緒を紐でしっかり足に縛り、転ばないように滑ったが、結構みんな滑って転んだ。それがまた楽しかったのかもしれない。下が田んぼなので氷が割れて落ちることもなく、安全な冬の子どもたちの遊び場だった。

 スケートリンクで、もうひとつ思い出すことがある。新採用で勤めた学校で、冬には校舎の裏にスケートリンクを作っていた。時季になると宿直の男の職員を中心に、夜水を撒き凍らせてリンクを作ったのである。
 宿直室で酒を飲みながら教育談義に花を咲かせ、時々寒い真っ暗な外へ出て作業をした。寒くて辛かった。それでも子どもたちのためにと、ホースで水を撒き続けた。
 そのころもう既に温暖化がかなり進んでいたのか、なかなか十分に凍らせることが出来ず、うまくスケート場にならないこともあったが、それでも子どもたちが休み時間や放課後楽しそうに滑りよろこんでいたのを思い出す。授業の体育の時間はスケートということもあったかもしれない。

 懐かしいスケートに関しての思い出・・・。

 先日孫を連れて県営の屋内スケート場へ行った。もちろん下駄スケートでなく、靴のスケート靴だった。お休みの日ということもあって、スケート場はずいぶん混んでいた。結構若いカップルなどもいて、華やいだ雰囲気だった。時代は変わったが、スケートはまだまだ若者の楽しい冬のスポーツ、娯楽のひとつなのだと嬉しくなった。
 氷も整備されて滑りやすかった。孫も一生懸命練習してまあまあ滑れるようになってよかった。

  雪が降る 私がスキーを始めたのは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

私がゴルフを始めたのは(その4) うれしくもあり恥ずかしくもあり ゴルフ優勝!

 うれしいことに、恥ずかしながらゴルフコンペで優勝しました。

 今日は、富士川C.C.でコースに出ました。よくこんなところにゴルフ場を作ったと思うほど、急峻なカート道があったり、私にはちょっと無理な谷越えのホールが幾つかあったりで、今ままでなかなかいい成績が出せなかったコースです。
 この時季にしてはベストコンディションかと思われるほど天気がよく、風もなく穏やかな天気でした。ティーショットの前に富士見山や反対側の富士山、蛾ヶ岳などきれいによく見えて、思わず見とれてしまうほどでした。

 午前中はバーディやパーが沢山取れ、目標以上の出来だったのですが、午後はいつも通りというか逆大波で、意気消沈でした。

 ところが、レストランでの終わりの会の成績発表で、思いがけず私が優勝したのです。先日のシニアの会でも優勝していますので2回続きの優勝でとてもうれしくなりました。

 しかし、まあ優勝できるほど、ハンディが沢山あったということですので、表題のように「うれしくもあり恥ずかしくもあり ゴルフ優勝!」ということです。2回連続優勝で今年の私のゴルフは終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

釣りに熱中していた頃がありました

 用事があって同級生に電話したら、奥さんが出て、「釣りに出かけていて、もしかしたら今夜は泊まってくるかもしれない。」といっていた。
 そうだ、彼は釣りが趣味だったな。この間会った時も、まだまだあちこちに出かけているんだといっていた。

 私も、彼とは別だが、一時釣りに熱中したことがあった。多摩川上流の小菅村に勤めていた頃である。夕方や土日、近くを流れる小菅川で釣った。ニジマスもよく釣れたが、主に釣ったのはヤマメだ。放流ものが多かったかもしれない。

 熱中した頃は、釣り成果を記録しており、その頃の記録を見ると、一回にヤマメ36匹を釣ったという記録もある。その年は、一年間に200匹を釣りあげた・・・。(それまでやったことのなかった魚をみどることも出来るようになった。これは、結婚してからもずいぶん役にたった?)

 その後、甲府に戻ってきてからもしばらく荒川の昇仙峡などに、解禁時ニジマスを釣りに出かけていた。まだまっ暗いうちに出かけ、寒くて釣り糸が凍ってしまうというようなこともあった。凍り付いた岩の間を歩きまわりながら釣った。その頃は、よほど好きだったんだなと思う。

 もう、遙か昔のことになってしまった。釣り道具は、まだ物置の奥にしまってあるが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

久しぶりに「パアー」を沢山とりました

 今日は、GVC.C.でコースに出ました。ゴルフを始めた頃よく行ったのがこのGVC.C.です。昔は、手入れがイマイチで、あまりいいイメージのゴルフ場ではなかったのですが、今回行ってみて、とてもいい感じのコースに変わっていました。芝生も手入れもよく、グリーンが気持ちよかったです。
 まあ、天気がよく納得のいく結果が出せたからということもあるかもしれませんが・・・。

 白樺コースINからのスタートで、出だしからパー4が取れたのです。スタート最初からパーが取れるなんて、今だかってなかったことです。前半で、パーを3つとりました。
 そして、ボギーも結構とったのですが、他のところがダブルスコアだったり、OUT後半がちょっと不振で結果的にはいつもと大差ない結果になってしまいました。

 それでも、気持ちのいい天気、いい感じのゴルフ場、ドライバーを新しくしたということなどあったりで、パーを久しぶりに沢山とりまあまあの成績ということで、よかったです。

 今後のゴルフ行きが楽しみになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)