サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

にほんブログ村ランキング参加中

カテゴリー「あちこち風景」の150件の記事

身近なところにも素晴らしい風景が・・・

2020年8月 6日 (木)

湯の沢峠から「大蔵高丸」へ登る 湯の沢峠のお花畑の花々

【山行日】2020年8月3日(月)
【コースタイム】
 湯の沢峠駐車場(10:00)~湯の沢峠~湯の沢峠のお花畑~(11:00)大蔵高丸(11:40)~(12:40)湯の沢峠駐車場
  *写真を撮りながらの、コースタイム 参考にならないかも
【参考にした資料 】
 「新版 アタック 山梨百名山 」山梨メープルクラブ編 山梨日日新聞 平成22年4月28日 初版 

 大蔵高丸へ登るのは何度目になるだろうか(*)  湯の沢峠のお花畑の山の花を撮りに行くのが主だが、時にはハマイバ丸まで足を伸ばすこともあった。今回も、場合によったらハマイバ丸まで足を伸ばそうかとも思ったが、午後雷雨注意報も出ているということで、山の花の写真を撮りながら大蔵高丸(1781m)に登り、引き返した。下山してしばらくして小雨が降り出し、まあ大蔵高丸で引き返しよかったと思った。

 お花畑には、色々な山の花が咲いてはいたが、笹、ススキのような草がぐんぐん伸びており、お花畑の花ががだんだん寂しくなっていくのだろうかと思った。何カ所もある防獣網は役に立ってはいるのだろうけれども。

 (*) 山行き記録を見てみたら、14回目 (^_^)

 撮影カメラ ; PENTAX K-7
     レンズ ; SMCPENTAX-DA 18-55mmAL
           SMCPENTAX-DA 55-300mmED


<コオニユリ>
Imgp96831_20200805113101

<キバナノヤマオダマキ>
Imgp96371

<タムラソウ>
Imgp97021

<ツリガネニンジン>
Imgp96501

<タチフウロ>
Imgp96381

<シモツケソウ>
Imgp96471

<コウリンカ>
Imgp96341

<ノイバラ>
Photo_20200806094901

<イワキンバイ>
Photo_20200806095001

<ノコギリソウ>
Photo_20200806095002

2020年7月21日 (火)

武田氏館跡総堀に咲く蓮の花

 何年か前、武田氏館跡東方が甲府市教育委員会により整備され、大手門東史跡公園になった。そこに復元された総堀に蓮の花が綺麗に咲いている。どうも花の最盛期は過ぎたようで、蜂の巣のようになった実があちこちにあったが、それはそれで写真になったかもしれない。
 先日地元の新聞に紹介されていたこともあるのか、何人か写真を撮っている方がいた。

 ハス(蓮、学名:Nelumbo nucifera)は、インド原産のハス科多年性水生植物。地下茎は「蓮根」(れんこん、はすね)といい、野菜名として通用する。<フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』による>

 撮影カメラ ; PENTAX K-7
   レンズ ; SMCPENTAX-DA 55-300mmED
   三脚使用

Imgp96131

Imgp96281

Imgp96191

Imgp96221

Imgp96031

Imgp96141

Imgp95951

Imgp95941

2020年7月13日 (月)

千代田湖上にスイレンの花咲く

 甲府市街北山の山中にある千代田湖に、今スイレンが綺麗に咲いている。

 甲府市街から、北新町、小松町、和田町を通りすぎて九十九折りアスファルトの車道を上り、上りきったところが和田峠(560m)だ。頂上の三叉路を右に行くと上帯那集落だが、曲がらず進む。三叉路にある駐在所の先10mぐらいを左折するともうそこが千代田湖だ。

 千代田湖は、丸山ため池といって農業ため池として、昭和12年ごろ作られた。戦後一時は大勢の観光客が訪れ、ボートなどが浮かぶ観光スポットだったが、時代の流れで他に観光地が沢山出来、この千代田湖を訪れる客はほとんどなくなっていた。観光客相手の湖畔のお店も、ほとんど全部今は戸締めだ。ところが、最近は県内外から大勢の釣り客が訪れる湖(へら鮒釣り、バス釣り)として有名になり、休日はもちろんウイークデイでも釣り客で結構賑わっている。釣り用のボートも日中沢山浮かんでいる。

 この千代田湖の北東部丸山締切堤のところで、スイレンの白い花が見頃を迎えている。スイレンは、フランスの巨匠クロード・モネが愛した花としても知られている。千代田湖のスイレンは、インターネットで花の写真がアップされたり、先日の地元の新聞に載ったりしているようだが、どちらかというと地元でもあまり知られてはいないのではないか。

 水面に美しい花を咲かせるスイレンの、優雅で幻想的なイメージが表現出来たかどうかわからないが、今朝の千代田湖に咲くスイレンの花々を撮った。

  撮影カメラ ; PENTAX K-7
     レンズ ; SMCPENTAX-DA 55-300mmED
 

Imgp95221

Imgp95581

Imgp95471

Imgp95431

Imgp95391

Imgp95551

Imgp95641

Imgp95251

Imgp95311

Imgp95571

2020年6月22日 (月)

甲府城跡にアジサイ咲く

 甲府城跡(舞鶴城公園)は、梅、桜、そしてクチナシ、ツツジと綺麗な花々が次々と咲き、花の名所でもあります。また、富士山や石垣をバックに撮る秋のモミジの景色や、天守台から撮る白根三山南アルプスの白銀の山々は、インスタ映え!と写真を撮る人もいる季節感いっぱいのいいところです。

 今はアジサイが綺麗に咲いています。稲荷櫓の東、高い石垣下の小さな公園の周りに色とりどりのアジサイが咲いています。本当は、この公園から、稲荷曲輪に上る坂道の両側にもアジサイがいっぱい咲いているのに、今は柵の工事中で通れないのが残念です。

 新型コロナ流行が早く収まり、また大勢の人が、甲府城跡を訪れてくださるのを心待ちにしているのです。甲府城御案内仕隊は、今案内活動自粛中です。

Imgp94151

Imgp94081

Imgp94201

Imgp94041

Imgp94111

2020年3月18日 (水)

甲府城 桜花咲く

 今日は、いつもなら甲府城案内ボランティアに行く日。けれども甲府城御案内仕隊は、新型コロナウイルス流行対策で、3月いっぱい活動停止中だ。

 いつもなら、自分の目で見て桜が綺麗に咲くのを確認するのだが、寂しいことに今年はラジオの放送で甲府城のヒガンザクラが咲きはじめているというニュースを聞いた。

 そんなことで、今日は案内活動はなしだが、天気が穏やかで、写真日和・・・、甲府城の桜を撮りに出かけることにした。

 案の定、稲荷曲輪のヒガンザクラはほぼ満開、桜の木の下で少女たちがビニールシートを敷き、楽しそうにおしゃべり。いつもの光景に心が和んだ。親子連れも楽しそうに写真を撮っていた。

Imgp81141

Imgp81171

Imgp81791

Imgp81581

 甲府城のカワズザクラは、今の時期に咲く。野面積みの石垣をバックに咲く、天守台東下稲荷曲輪のカワズザクラを撮った。

Imgp81071

Imgp81061

 ソメイヨシノも甲府城では、五輪以上咲いていたので、開花宣言! 鉄門下、中の門辺りのソメイヨシノを撮った。

Imgp82171

Imgp82121

 お稲荷さんがある甲府城第一駐車場の辺りのヒガンザクラは五咲きというところか。

Imgp82361

Imgp82301

 案内活動なしで、何かいつも足を踏み入れない場所へも足を運べ、いつもとちょっとちがった角度で桜の写真が撮れ、楽しかった。花見のお客さん、お城見学らしき方々もいっぱで、お城案内活動を早く再開できたらと思ったのだった。

 撮影カメラ ; PENTAX K-7
   レンズ ; SMCPENTAX-DA 18-55mmAL
          SMCPENTAX-DA 55-300mmED 

2020年3月12日 (木)

甲斐百山「小倉山」を歩く

 ザゼンソウの花を一杯撮ることが出来、明るい気持ちでザゼンソウ群生地の最上部から「小倉山」に向かって歩き始めました。小倉山は、日本山岳会山梨支部が最近選定した甲斐百山の一つです。
 群生地の谷沿いでは、ほとんどなかった風が、少し強く吹き始めました。以前この辺りを登った時に、上の方から枯れ葉が雪崩のように降り下りてきたのを思い出しました。これは頂上ではかなり風が強いかなと思いながら、広い斜面のジグザグの山道を登ります。

Imgp79691

 先ほど私とほとんど同じ頃駐車場を出発した山ガールさんが、小倉山頂上まで登って下りてきたのでしょう、下りて来るのと出会いました。「風はどうですか?」と聞くと、「尾根道は林の中でぜんぜん風はないですし、頂上でも風はほとんど吹いていませんよ。眺めがいいですよ。」という返事。こういう出会いも楽しいです。

 尾根道(小倉山上条峠方面分岐)に出ると、向こう側に明るい日射しの木立越しに青梅街道沿いの街の家並みが見えました。青梅街道は若い頃、毎週柳沢峠を越え小管まで通った懐かしい道です。暖かい日射し、木漏れ日の中、快適な尾根歩きです。

Imgp79711

 時々行く勝沼CCのゴルフ場も見えます。振り向くと大菩薩嶺も。更にもう少し行くと、左側には二三日前に降った雪で真っ白になった富士山も見えました。

Imgp79871

Imgp79861

 小倉山上条峠分岐から10分ほどで小倉山頂上(954.8m)です。展望台の一番上に登りました。絶景です。眼下には塩の山、盆地を挟んでその向こうには南アルプス鳳凰三山、南アルプス南部の雪を被った山々も見えました。

Imgp79761

Imgp79781

Imgp79791

 ザゼンソウの花を一杯撮り、里山小倉山を快適に登り、満足満足の半日でした。


 こちらもご覧下さい 2015年5月15日の記事
  → 小倉山 上条山 上条峠

2020年2月18日 (火)

雪割草(ミスミソウ)を撮りに畑熊へ

 ミスミソウは、雪割草ともいうそうだ。暖冬ということで、もしかしたらそのミスミソウも早く咲くのではないかと思い、例年より10日ほど早いか、今日出かけてみた。
 しかし、やっぱり少し早すぎたようだ。花の最盛期は、あと一週間後、十日過ぎだろうか。それでもよく目を凝らすと、所々に小さな小さなミスミソウがさびしそうに咲いていた。花を愛でながら写真を撮った。

 以前に比べ、畑熊の集落へ行くアスファルトの道から、ミスミソウ咲く山の中へ入る道がとても荒れている。(熊畑の集落に登る古い山道だったのだろうが。)また咲いている場所も山の斜面で、歩くのに運動靴ではちょっと厳しいかもしれない。滑落して死ぬようなことはないが、すべり落ちてケガをするかもしれない。花を守るためにも、軽登山靴をお奨めする。

   撮影カメラ ; PENTAX K-7
     レンズ ; SMCPENTAX-DA 18-55mmAL
           SMCPENTAX-DA 55-300mmED

Imgp77572

Imgp77561

Imgp77631

Imgp77311

Imgp77661

Imgp77351

Imgp77581 

2020年1月30日 (木)

梅花咲く 甲府城跡 令和2年1月29日

 いつものように、甲府城稲荷曲輪入口にある梅林の花情報です。梅園には20本ほどの梅の木がありますが、そのうち3本に花が咲き始めました。紅梅と白梅両方咲いていますが、どれも三分咲きというところでしょうか。

 甲府城の梅園は、JR甲府駅南口を出たら左方向へ、以前に比べてずいぶん広くきれいになった歩道を、去年9月に閉店した山交デパート北側を東に進みます。舞鶴陸橋の階段は上らずガード下を進み、最近出来た大きなホテルを右に通り過ぎ、右のお城の方を見上げるとわかります。稲荷曲輪の入口に紅梅白梅20本ほどの梅林があります。
 余談ですが、この近くに梅林門があったという古絵図を見たことがあります。興味あります。今後確かめていきたいと思っています。 

 今度の土曜日曜には、天気がよければ探梅行、いいかもしれません。梅の花見を兼ねて、是非甲府城においで下さい。

Imgp74631

Imgp74431

Imgp74611

Imgp74421

Imgp74451 

2019年11月20日 (水)

新山梨環状道路東部区間 西下条ランプと落合西ランプ間の工事現場の見学

 11月18日は「土木の日」だそうだ。漢字で十一月十八日と書くと、なるほどなと思う。今年も11月16日(土)に実施された土木学会山梨会の「土木の日現場見学会」に参加させてもらった。今回は、新山梨環状道路東部区間と中部横断道未開通部分の工事現場の見学であった。ここでは、新山梨環状道路東部区間の工事現場見学について記述する。

 新山梨環状道路の南部区間は既に完成して、私も頻繁に利用、走ったことがあるが、今回の見学場所はその先、西下条ランプから落合西ランプの間の工事現場である。西下条ランプすぐ東側の蛭沢川に架かる隠地大橋はほとんど完成しており、後は舗装を待つ段階だという。更にその先、中央道の下を環状道路が横切るのだが、ここの工事がすごい。中央道の車を走らせながらの工事だ。大がかりな大工事だと思った。

 現場の方が強調していたのが、ICTを活用しての工事である。「調査・設計から施工さらには、維持管理・更新まで全てのプロセスにおいてICT技術を導入した工事」を国土交通省をはじめ、各自治体が積極的に進めているそうで、新環状道路建設工事でもICT施工技術を積極的に取り入れているという説明を係の方が一生懸命してくれたが、難しくてとても全部はわからなかった。

<西下条ランプの東側蛭沢川に架けられている隠地大橋>
Imgp71951


<中央道の下を潜る環状道路の工事現場>
Imgp71981


<中央道の下、土管に囲まれている部分を環状道路が通るのだという>
Imgp72011


<環状道路が落合西ランプに向かって伸びている>
 右を濁川が流れており、更にその右側が笛吹川だ。
Imgp72001

2019年11月15日 (金)

奥昇仙峡 板敷渓谷と能泉湖の紅葉 令和元年11月

 昇仙峡は、今の時季紅葉を見る県内外の観光客で大賑わいです。外国人の姿もよく見かけます。日本の滝百選にも選ばれている仙娥滝の紅葉もいいですが、奥昇仙峡ともいわれる仙娥滝から更に車で5分から10分ぐらい荒川を溯った荒川ダム周辺や板敷渓谷の紅葉もまた見応えがあります。

 仙娥滝上のお土産屋さん街から車で5分ぐらいで、能泉湖ともいわれる荒川ダムに着きます。川窪集落31戸を沈めて昭和60年に完成したという荒川ダム周辺は、水源の森百選にも選ばれています。駐車場に車を駐めロックフィルダムの堰堤を対岸まで歩くことが出来ます。堰堤を歩きながら眺める周辺の紅葉がまた素晴らしい。

Dsc_00711

Dsc_00731

Dsc_00721

 板敷渓谷の大滝は、渓谷入口から10分もかからず着きます。落差30m、カエデ、ナナカマド、クヌギ、ウルシなどの紅葉とのコラボレーションがいい。マイナスイオンに包まれ、パワースポットといわれる由縁です。陽の当たり具合では、虹が架かることもあります。

Dsc_00571

Dsc_00611

 奥昇仙峡、能泉湖と板敷渓谷の周辺の山々の紅葉が今真っ盛り、静かな紅葉狩りが楽しめます。

Dsc_00691

より以前の記事一覧

お薦めサイト

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ