サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

カテゴリー「勧学院OB会ハイキングクラブ」の40件の記事

山梨勧学院中北教室第27期生ハイキングクラブの楽しい山歩きのレポートです

2021年3月30日 (火)

塩山 甘草屋敷の雛飾り 慈雲寺の糸桜

 いつもの気のおけない勧学院中北教室第27期生OBハイキングクラブの仲間との楽しい山歩き、今回は若干趣向を変えてフットパスウーオキングということで塩山の甘草屋敷と慈雲寺のイトザクラ見学となった。

 塩山駅北口にある甘草屋敷(重要文化財 旧高野家住宅)では、折しも春祭りで奇麗な雛飾り、吊し雛を見ることが出来た。その後、樋口一葉の小道を歩き、天龍山慈雲寺(じうんじ)を目指した。1時間ほどで慈雲寺に到着した。桜見学の車、観客で混雑していた。ソーシャルディスタンスに気を配りながら桜見学、県の天然記念物に指定されている樹齢300年のイトザクラはさすが見応えがあった。

Imgp22021

Imgp22081

Imgp22201

 近くの日向薬師で楽しい昼食。ここでは、会長の澤野さんから次回の大泉でのバードウオッチングに向けて、双眼鏡について説明があり、実際双眼鏡の使い方を教わった。

   (令和3年3月26日歩く)

2020年11月14日 (土)

晩秋の入笠山に登る

<いつもの気のおけない勧学院OB会ハイキングクラブの仲間との楽しい山歩き、今回はクラブとしては3回目になる信州富士見「入笠山」への山歩きでした。>

【 歩 い た 日 】 令和2年11月12日(木)
【コースと時間】 富士見パノラマゴンドラ山頂駅入笠山ハイキングコース入口9:40-9:50入笠湿原-10:00お花畑-10:40入笠山山頂11:10-11:30マナスル山荘-11:50富士見パノラマゴンドラ山頂駅

Imgp08111  JR中央線鈍行列車で富士見駅着、なかなか趣がある駅舎でした。駅からタクシーで富士見パノラリゾートへ、冬はスキー場になるところです。ゴンドラリフトで山頂駅(1,780m)へ、10分ぐらい乗ったでしょうか。山頂駅すぐに入笠山ハイキングコースの入口がありました。しばらくは平坦な落葉松林を歩きました。Imgp08411

 10分ほどで、入笠湿原、さすが高山植物は咲いていませんでした。さらにその先お花畑の中の散策路を通り、いよいよ山道へ入りました。 二つあるコースのうち、岩場迂回コースを山頂を目指します。

 入笠山山頂(1,950m)は、今日は本当に眺めがよく富士山、甲斐駒ヶ岳、御嶽山、北アルプス、八ヶ岳、金峰山等々360度の展望、「わーすごい!」とみんなで叫んでしまいました。Imgp08251

 少し早いお弁当、みんなで山頂での記念写真を撮って下山。ゴンドラ山頂駅まで戻り、割引のソフトクリームを食べ皆さんご機嫌でした。

2020年10月25日 (日)

甲斐西八代 七福神めぐり

 いつもの気のおけない勧学院中北教室第27期生OBハイキングクラブの仲間との楽しい山歩き、今回は若干趣向を変えて市川三郷町「甲斐西八代 七福神 めぐり」となった。Imgp05641

 JR身延線市川本町駅 → 第一番 福寿院 毘沙門天 → 第二番 宝寿寺 弁財天 → 第三番 宝寿院 福禄寿 → 第四番 花園院 布袋尊 → 第五番 薬王寺 恵比寿大神 → 第六番 不動院 寿老人 → 第七番 光勝寺 大黒天 → JR身延線芦川駅 = JR身延線甲斐上野駅 = タクシーで = みたまの湯 = 上野駅Imgp05571

 全行程約10キロメートル、約2万歩、豊かな自然と歴史に触れながら、適度なウォーキングとなり、コロナ禍で沈んでいた気持ちにも身体にもとてもいい刺激となった。

 歩き疲れた後は、甲府盆地の展望抜群の「みたまの湯」に寄り、汗を流しさっぱりとした。

   (令和2年10月22日歩く)

2020年9月18日 (金)

勧学院OBハイキングクラブ 御勅使公園ウオーキング

 勧学院中北教室第27期生OBハイキングクラブ、9月はハイキングに代わり県の御勅使南公園から南アルプス市御勅使川福祉公園のウオーキングとなった。Imgp01531

 御勅使南公園第1駐車場に9時集合、メンバーの佐野さんの先導で歩き始める。佐野さんはこのウオーキングコースをよく利用しているという。御勅使川の右岸を上流に伸びる快適なウオーキング散策路を歩いた。途中道脇には真っ赤な彼岸花が咲いていた。Imgp01431

 途中にある東屋で一休み、韮崎方面に向かう県道に架かる橋の下をくぐり、その先の御勅使川福祉公園をさらに歩く。南甘利山橋を渡り、乗馬センターまでが今日の目的地。記念集合写真を撮り、引き返した。

 その後、響が丘の中華飯店「響」で昼食、解散となった。今回のウオーキングは結構な距離で、コロナ自粛で鈍った体にいい運動となった。それに歩きながらの四方山話は、頭と心によい刺激となった。

2019年12月15日 (日)

緑ヶ丘公園から八王子山へ登る

 いつものように、緑ヶ丘スポーツ公園体育館前の駐車場に車を駐める。これら歩く湯村山から八王子山へ向けての尾根を眺める。今年は紅葉がいつもの年より遅くまで残り、12月だというのに朝日が当たり、紅葉が映えていた。

Imgp73411

 緑ヶ丘公園から湯村山乗越(以前狼煙台があったところ)までは、アスファルトの車道だ。その道は沢山の落葉で隠れていた。落葉の絨毯を踏みしめ気持ちよく登った。仲間と談笑しながら歩ける軽い登りだ。

 湯村山乗越からは、山道へ入る。いつもそうだが、今朝も、散歩、ウオーキングやトレールランニングの大勢の人たちとすれ違った。「こんにちわ」「気をつけて」「頑張って」と交わす挨拶が気持ちいい。

 途中の山道では、木々の向こうに、甲斐駒ヶ岳がよく見えていた。いつも休憩する八王子山頂上手前にある東屋から、盆地がよく見えた。甲斐駒辺り以外、周りの高い山々はあいにく雲に隠れて見えず残念。

Imgp73681

Imgp73571

 東屋から10分もかからず、八王子山頂上。頂上では、地元の人でいつもこの辺りを歩いているという方と会話を交わし楽しかった。私は以前、この山頂で初日の出を地元の人と眺めたのを思い出した。来年の初日の出をまたここで眺めようか。

 厚く積もった落葉を踏み散らしながら山を下りた。風もなく穏やかな天気で、手頃な楽しい山歩きだった。

Imgp73771

  (令和元年12月13日歩く)

2019年11月22日 (金)

里山「荒倉山」に登る

 <いつもの気のおけない仲間との楽しい山歩き、今回は韮崎円井の里山「荒倉山」への山歩き。>

 荒倉山は私は3回目になる。一回目は、平川峠あるいはその先林道終点まで車で行きそこから登ったのだが、今回は宇波円井の集落の先にある龍珠院脇の駐車場に車を駐めそこから歩き始めた。かかし型の荒倉山案内板の上にモミジが見事真っ赤に紅葉していた。

Imgp72611

 平川峠までは木々に囲まれた薄暗い谷沿いの登山道を歩く。平川峠で一休み、峠のちょっと先林道沿いにある登口から今度は明るい尾根伝いに登り、途中もう一回林道に出て、しばらく行った林道終点からまた山道に入った。そこからは、100mごとの看板に励まされながら登る。途中、つぶら松の展望所からの八ヶ岳の眺めが素晴らしかった。

Imgp72361

 頂上では、かかしが迎えてくれた。このかかしの案内板は、麓の集落で毎年行われる「かかし祭」に因んでの設置のようだ。1,132m。頂上からは、雲海の上に逆光だが富士山が見えていてよかった。頂上辺りから以前はよく眺められた鳳凰山は、木々が茂りほとんど見えなかった。残念!

Imgp72421

Imgp72441

 仲間と楽しく談笑しながらの下山。下山後は、ノーベル賞をもらった大村智先生に因む白山温泉に入り、隣にあるそば処でそばを食べてご機嫌の山行きアフターだった。

              (令和元年11月19日の山行き)        

2019年9月 8日 (日)

展望抜群 八子ヶ峰を歩く

<勧学院OBの仲間と、八子ヶ峰を歩きました。蓼科山とビーナスラインを挟んで反対側(南側)にある小高い丘のような山です。眺めが抜群、御嶽山や槍ヶ岳まで眺められました。>

【 歩 い た 日 】 令和元年9月7日(土)
【コースと時間】 ビーナスラインすずらん峠駐車場登山口8:45-9:05ヒュッテアルビレオ9:15-八子ヶ峰東峰-9:50八子ヶ峰中峰10:20-八子ヶ峰東峰-11:30すずらん峠駐車場

Imgp67491 登山口を出発、20分ほど急坂を登る。登りきったところに三角屋根の山荘ヒュッテアルビレオがある。小屋は開いていなかった。小屋前は、眺め抜群で八ヶ岳、霧ヶ峰はもちろん南アルプス、御嶽山、北アルプス穂高、槍ヶ岳まで見渡せた。

Imgp67481  その先は若干のアップダウンはあるが、快適な高原歩きだ。ウメバチソウ、ワレモコウ、トリカブトなどの山の花も所々に咲いていた。八子ヶ峰東峰を過ぎたあたり蓼科山が大きく見え、見下ろすと女神湖も見えた。女神湖は昔は湖面が凍ってサーキット場になっていたんだよとという仲間の話を聞きながら、展望抜群の高原を歩いた。

Imgp67561 眺めのいい八子ヶ峰中峰(1850m)で写真を撮り、近くの日陰で昼食とした。中峰からは、その先西峰までの尾根道が見渡せた。Imgp67871 西峰が八子ヶ峰の本峰のようだが、もう十分眺めを堪能したし、八子ヶ峰の一番高いところは東峰(1869m)で登ったしということで、今日はここから引き返すことにした。

 爽やかな気持ちよい風に吹かれ、抜群の展望を堪能し、満足満足の八子ヶ峰の高原歩きだった。

2019年6月18日 (火)

山梨百名山「蛾ヶ岳」に登る

<いつもの気のおけない仲間との楽しい山歩き、今回は四尾連湖から蛾ヶ岳(ひるがたけ)へ山歩きでした。>

【 歩 い た 日 】 令和元年6月14日(金)
【コースと時間】 四尾連湖水明荘駐車場-蛾ヶ岳登山口9:10-9:35大畠山肩9:40-10:20西肩峠10:25-10:40蛾ヶ岳11:20-12:20大畠山12:25-12:40四尾連峠-13:00四尾連湖水明荘駐車場
【 参考にした資料 】
 「 新版 アタック 山梨百名山 」 山梨メープルクラブ 平成22年4月 山梨日々新聞社 
 「 1:25,000地形図 市川大門」 平成8年10月 国土地理院
 「 甲斐の山山 」 小林経雄 平成4年3月 新ハイキング社Imgp63455

 

 足馴らしの意を込めて、みんなで四尾連湖畔の水明荘まで駐車料を払いに行きました。一台一日400円也。水明荘前で、誰もいない静かな四尾連湖を眺め、駐車場へ戻りました。支度をして、駐車場すぐにある、蛾ヶ岳登山口から登り始めました。

  最初の30分が厳しい登りですが、登山道は稲妻形に上っていて余り疲れを感じず大畠山(おおばたけやま)肩へ着きました。ここで一休み。Imgp63290

 ここから先は、展望はあまりないけれどもほとんどが快適な平坦な道尾根歩き、よく地元で整備して下さっている山道を楽しく歩きました。Imgp63240

  西肩峠からの最後の登り15分のコースタイムを13分で登り、私たちもまだまだ元気だねと話しました。頂上(1279.6m)からは、先ほどの四尾連湖が眼下に目ん玉のように見えていました。富士山も全体は雲に隠れていましたが、頂上付近が少し眺めることが出来ました。振り返ると、八ヶ岳も雲の上に浮かんでいました

 下りは大畠山肩から先に進み、大畠山(1117.6m)に登り、四尾連峠を廻って四尾連湖に下りてきました。


  5年前に登った蛾ヶ岳(平成26年8月23日の記事)
               → 山梨百名山「蛾ヶ岳」 西肩峠 四尾連峠

2019年5月13日 (月)

三ガク都松本の街散策

<やまなし勧学院中北教室第27期生OBハイキングクラブ今回は、山登りではなく「鈍行列車の旅 三ガク都松本の街散策」と銘打っての小さな旅となりました。最近めったに乗ったことのない鈍行電車の中でゆっくり語り合い、また雲一つない青空の下信州松本の街をゆっくり散策しました。気がおけない仲間たちとの、何とも気持ちのよい楽しい旅となりました。>

 松本駅前から、あがたの森通りを歩き、途中左折して女鳥羽川を千歳橋で渡るとすぐ松本城でした。30分ぐらいだったでしょうか。松本城黒門前では、きれいに雪を被った北アルプスを背景に素晴らしい松本城天守を眺めることが出来ました。

Imgp59600 

 日本で国宝に指定されている城が、五つ(姫路城、彦根城、犬山城、松本城、松江城)あるそうですが、その一つがこの松本城です。天守最上階まで登りましたが、階段が狭く急で大変でした。天守は楽をしては攻略できない (^_^)。
 お城を出て出てすぐのお店「川舟」で天ぷら信州そばで昼食、美味しかった。その後、お城のすぐ後ろの開智学校へ。懐かしい学校の雰囲気にみんな大喜びでした。個人的には、特殊学級に関わる説明に大いに興味を持ちました。担任には優秀な先生を配置したという説明に納得。

Imgp60040

 その後、SNS等で有名な塩川喫茶部でクリームあんみつを食べ、小さな店の並ぶ風情ある縄手通りをゆっくり歩き松本駅に向かったのでした。

Imgp60100
 (私のブログで、食べ物をこんなにアップ撮影、載せるのは初めてです(^_^)。)

Imgp60230_1

 ほんのさわりなのかも知れませんが、「三ガク都松本」を実感した松本の街歩きでした。


 (令和元年5月10日歩く)  

2018年12月10日 (月)

恒例の忘年山登り 八王子山/白山

<今年最後の勧学院27期生OBハイキングクラブの山歩きは、恒例になった甲府緑ヶ丘公園から八王子山/白山へのハイキングです。その後の忘年会も楽しみです。>

 緑ヶ丘スポーツ公園体育館前の駐車場に車を駐めさせてもらい、朝のミーティングの後ウオーミングアップの準備体操を十分行いました。

 緑ヶ丘公園から湯村山乗越(以前狼煙台があったところ)までは、アスファルトの車道ですが、その道は落葉で隠れていました。落葉の絨毯を踏みしめ気持ちよく登りました。

Imgp45131_2 湯村山乗越からは、いよいよ山道です。今朝も、ウオーキングやトレールランニングの人たちとすれ違いました。「こんにちわ」「気をつけて」「頑張って」と挨拶を交わすのが気持ちがいいです。
 毎年開催されているようですが、トレールランニングのルートになっているようで、矢印の書かれた紙が所々に張ってありました。今年のトレールランニングは、武田神社から積翠寺の方を廻り、中峠口、千代Imgp45441_2田湖、湯村山、湯村温泉というコースらしいです。

 いつも休憩する八王子山頂上手前にある東屋からの眺めは、今日は残念ながらいまいちでした。南アルプスの山々は雲に隠れて見えませんでした。
Imgp45521
 八王子山頂上から甲府の市街を眺め、今日はその先の白山(東屋のあるところ)まで尾根歩きで足を伸ばしました。白山からは千代田湖がよく眺められました。

 風もなく穏やかで、手頃な楽しい山歩きにみんな満足満足で、忘年会会場に向かったのでした。

  (平成30年12月7日歩く)

より以前の記事一覧

お薦めサイト

山と山の花セレクション

  • マツムシソウ
     山登り山歩きの折、撮りためて来た写真を主に「山と山の花セレクション」をまとめました。ご覧ください。

続 山と山の花セレクション

  • ミヤマシャジン
     山歩きの折に撮った山と山の花の写真・・・「続 山と山の花」です。ご覧ください。
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村ランキング参加中