« 芦川北陵浅間山桜峠の思い出 | トップページ | 旧大地峠 大地峠 千足峠 山梨百名山「高柄山」 矢平山 »

2011年4月23日 (土)

立野峠 山梨百名山「倉岳山」 穴路峠 

【 歩 い た 日 】 平成23年4月22日(金)Sumire005
【コースと時間】 浜沢集落立野峠登り口8:30-9:15「立野峠」9:30-10:05「倉岳山」山頂10:40-11:00「穴路峠」11:10-11:35舗装林道-11:45無生野集落県道-12:15浜沢集落立野峠登り口

< 立野峠 >
 旧秋山村浜沢集落県道四日市上野原線脇の立野峠登り口広場に車を置かせてもらい出発。廃校となった浜沢小学校裏を通り、すぐ山道に入った。かっては畑だったのか石垣のある段に植林された沢山の木々を見ながら通り過ごし、スギやヒノキの林や雑木林を登り、まもなく立野峠についた。多くの峠道がそうのように、とても登りやすい峠道だった。昔、秋山の人々が、桂川沿い鳥沢や梁川と行き来した峠道、中央線に乗るのに通った峠道なのだろうか。Kuratakeyama001

< 倉岳山 >
 15分ほど休み、倉岳山へ向かう。芽吹きの木々を通して、秋山川沿いの集落や、大月側の家並みが見えた。立野峠から35分で倉岳山山頂。
 山頂からは南側富士山は一部しか見えなかったが、大月側は百蔵山や扇山の麓、桂川に沿った街並みがよく見えた。桂川に架かる中央線の鉄橋も見えた。鉄橋を渡る特急あずさの音、中央道を走る車の音が賑やかに聞こえていた。

Anaji005< 穴路峠 >
 倉岳山から穴路峠へ。尾崎喜八が、『雲と草原』(創文社)の「秋山川上流の冬の旅」で書いたという穴路峠だ。(尾崎は、鳥沢から登り穴路峠を経て倉岳山に至ったという。)
 切り通しの心地よい峠だ。

< 無生野 >
 穴路峠を下り、無生野へ。雛鶴姫の悲しい伝説を記した碑を読み、無生野集落から、県道を、色々な色で咲く沢山の木々や花々を眺めながら歩き、浜沢へ。
 30分ほどの舗装道路歩きがまったく苦にならず楽しかった。今まで足を踏み入れたことのなかった旧秋山村がこんなに快い山の村だったなんて・・・。

< 浜沢小学校跡 >
 浜沢小学校跡では、地域の人たちが、分教場から分校へそして本校へと苦労して作り上げた浜沢小学校が、また、廃校になってしまった経過がわかる二つの碑が立派なだけ、寂しさを誘った。(浜沢小学校、栗谷小学校、桜井小学校が統合し、平成13年4月に秋山小学校となった。)

Sumire003_2アケボノスミレ(曙菫)> 

          撮影;立野峠から倉岳山の山道

スミレ科/スミレ属/山地の日当たりの良い所や半日陰に生える/多年草/花は淡紅色で径2~2.5㎝と大きく、花弁は丸みをおびる/和名「曙菫」は花の色を夜明けの空に見立てた

|

« 芦川北陵浅間山桜峠の思い出 | トップページ | 旧大地峠 大地峠 千足峠 山梨百名山「高柄山」 矢平山 »

山梨県東部・中央線沿い 山と峠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87746/56504450

この記事へのトラックバック一覧です: 立野峠 山梨百名山「倉岳山」 穴路峠 :

« 芦川北陵浅間山桜峠の思い出 | トップページ | 旧大地峠 大地峠 千足峠 山梨百名山「高柄山」 矢平山 »