« 「春を背負って」 | トップページ | 「尾白川渓谷」を歩く »

2014年7月 1日 (火)

日本百名山山梨百名山「大菩薩嶺」・大菩薩峠を歩く

<上日川峠から福ちゃん荘を経て、カラマツ尾根を雷岩に登り、大菩薩嶺から大菩薩峠への尾根道を歩いた>

【 歩 い た 日 】 平成26年7月1日(火)Yamamiti002
【コースと時間】  上日川峠8:30-8:50福ちゃん荘9:00-10:25雷岩10:30-10:40大菩薩嶺10:45-10:55雷岩(昼食)11:30-12:15大菩薩峠12:50-13:10上日川峠 (ゆっくりゆっくり歩いた)
【  地  図  】  「 1:25,000地形図 大菩薩峠 」 平成11年8月1日(第2版)  国土地理院

 ハイキングクラブの仲間での楽しい山歩き。上日川峠の駐車場は、梅雨時の平Dohyo002日ということもあって、空きずきだった。福ちゃん荘までは左山中に山道もあるようだったが、アスファルトの車道歩きとなった。

 福ちゃん荘で一休みの後、カラマツ尾根の山道に入る。途中からは石がごろごろの登山道となる。大きな岩が見え、登り切ると雷岩だ。上日川ダム(「大菩薩湖」というのだそうだ)が雲の切れ目から見えた。

 大菩薩嶺(2056.9m)には、雷岩からあっという間に到着した。林の中で眺めはない。みんなでそろって、日本百名山、山梨百名山の木柱をバックに写真を撮る。

 雷岩に戻り、岩の上でその頃には見え始めていた大菩薩湖とその右の塩山青梅街道沿いの集落を眺めながら楽しい昼食だ。
Dohyo005_2
 雷岩から介山荘のある大菩薩峠へは、以前は山の花が一杯咲いている快適な尾根道だったような気がするが、今日は霧であまり展望もなく、ほとんど花もなく、ちょっと残念だった。それでも、途中小さい元気な子どもを連れた夫婦や、いわゆる山ガールさんに会ったり、またみんなで山の話をしたりしながらの楽しい尾根歩きにはなった。

 介山荘で、サービスで出してくれたお煎餅を食べながらコーヒーを飲んだ。美味しかったこと。Komakusa002

 峠から上日川峠への道も、四駆の車だったら通れるぐらいの緩やかな広い道で、みんなで山の四方山話をしながら楽しく下った。

 上日川ダムのダムサイトに寄り、ロックフィルダムの石の間などに植えてあるコマクサを見ることが出来た。

|

« 「春を背負って」 | トップページ | 「尾白川渓谷」を歩く »

山梨百名山」カテゴリの記事

山梨県東部・中央線沿い 山と峠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87746/59924399

この記事へのトラックバック一覧です: 日本百名山山梨百名山「大菩薩嶺」・大菩薩峠を歩く:

« 「春を背負って」 | トップページ | 「尾白川渓谷」を歩く »