« 山梨百名山「長者ヶ岳」 | トップページ | 湯の沢峠のお花畑 大蔵高丸 ハマイバ丸  »

2015年7月28日 (火)

日本百名山「木曽駒ヶ岳」に登る

【山行日】 平成27年7月27日(月)
【 天 候 】 晴れ 時々 霧
【コースタイム】
 甲府4:52=双葉スマートIC=駒ヶ根IC=6:22菅の台バスセンター駐車場6:40=バス=7:15しらび平7:20=ローブウエイ=7:28千畳敷駅7:50-8:42乗越浄土8:50-伊那前岳-9:20八合目石碑-9:45乗越浄土9:50-10:30木曽駒ヶ岳山頂10:50-10:30乗越浄土11:50-12:45千畳敷=ロープウエイ=バス=菅の台バスセンター
*歩きながら写真を撮ったり、乗越浄土からの下りは渋滞があったり時間はあまり参考にはならない*

 朝早く双葉スマートICから中央道に入り駒ヶ根ICで降り、甲府から1時間30分で木曽駒高原菅の台バスセンターに着いた。駐車場は、まだまだ大分余裕がありすぐMinamiarupusu002入れた。それでも、しらび平行きのバス発着所には、大勢の人が並んでいた。臨時のバスも出ているようで、2台目のバスに乗ることが出来た。

 そのNokkosijyoudo002ままスムーズに駒ヶ岳ロープウエイにも乗れ、千畳敷カールに到着した。ロープウエイ乗車前売り券にせっかく付いていたコーヒー券で、売店でアイスコーヒーを一杯頂きながら出発準備。

 もう何度も歩いた千畳敷カール遊歩道から、いつかNokkosi002は登ってみようと思っていた乗越浄土への登りに始めて入る。登っている人は大勢いたが、渋滞になるほどではなく、順調に乗越浄土へ登り切る。

 
 大勢の人が休んでいた。時々霧がかかることがあったが、千畳敷カールやその向こうに駒ヶ根市街、そしてその上には南アルプスの山々が一望できた。そしてさらにその上には富士山が頭をちょっぴり出していた。

 とりあえず静かな尾根歩きが出来るという伊那前岳方面へ向かう。右下に千Senjyojiki002畳敷カールやその上に宝剣岳などが眺められ快適に歩く。やや下り気味に八合目という柱と石碑がある場所まで歩いて引き返すことにした。結局伊那前岳は確認出来なかった。いくつかピークを巻いていたのでそのどこかが頂上だったのだろう。

 乗越浄土へもどり一休み、木曽駒ヶ岳へ向かう。二つばかりあるKisokoma002山小屋の後を回り込み、中岳を越える。今度は大勢の人が上り下りしていた。
 中岳からいったん下り、登り返して日本百名山木曽駒ヶ岳 (2826m)山頂だ。大勢の人が休んでいた。おにぎりを食べながら周りの景色を楽しんだ。

 乗越浄土からの下りは、大勢の人が下っていて、登ってくる人も結構いて、時々渋滞。富士山はきっとこういう状態がずっと続いているんだろうなと思った。

 下りのロープウエイも1時間2時間待ちのこともあると聞いていてどうかなと思ったのだが、ほとんど待ち時間なく乗れてよかった。菅の台の駐車場で山行きを振り返りながらゆっくり休憩、甲府へ向けて出発した。

ミヤマクロユリ

Kuroyuri002

コマクサ

Komakusa002

チシマギキョウ

Tisimagikyo002

 ハクサンイチゲ

Hakusanitige002

チングルマ

Chinguruma002_4

タカネツメクサ

Takanetumekusa002_3

シナノオトギリ

Sinanootogiri002_2

 コバイケソウ

Kobaikeso002

  (平成27年7月27日)

|

« 山梨百名山「長者ヶ岳」 | トップページ | 湯の沢峠のお花畑 大蔵高丸 ハマイバ丸  »

遠くの山々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87746/61972841

この記事へのトラックバック一覧です: 日本百名山「木曽駒ヶ岳」に登る:

« 山梨百名山「長者ヶ岳」 | トップページ | 湯の沢峠のお花畑 大蔵高丸 ハマイバ丸  »