« 再び ・・・ 大蔵高丸 ハマイバ丸 | トップページ | NHK BS「グレートトラバース2~日本二百名山一筆書き踏破~」を観る »

2015年9月21日 (月)

牛奥ノ雁ヶ腹摺山 山梨百名山「小金沢山」

【山行日】 平成27年9月20日(日)
【 天 候 】 曇り後晴れ
【コースタイム】
 甲府5:50=6:30県道大菩薩・初鹿野線始点(景徳院入口)=景徳院駐車場(15分休憩)=嵯峨塩鉱泉=大菩薩湖入口=7:15日川林道牛奥ノ雁ヶ腹摺山登山口7:30-8:50牛奥ノ雁ヶ腹摺山頂上9:00-9:40小金沢山山頂10:00-10:40牛奥ノ雁ヶ腹摺山10:50-11:50日川林道牛奥ノ雁ヶ腹摺山登山口=上日川峠=塩山=甲府     ( =~車 -~歩行 )                 
【参考資料】
 「甲斐の山山」小林経雄 新ハイキング社 平成4年3月
 「白旗史朗の甲斐山歌」白旗史朗 新日本出版社 2008年9月

 

 大菩薩湖の脇から日川林道に入り、まもなく牛奥ノ雁ヶ腹摺山登山口だ。付近一帯伐採地で林道脇には工事用だろうと思われるブルドーザーが置いてあったが休工中の様で、その付近道路脇に車を停めることができた。Koganezawa001_4

 伐採地の中を、登山道が登っている。かなり急坂で最初でもあり、喘ぎながら登る。しばらくして坂はなるく(=緩い・簡単というふうな意味 甲州の方言?)なった。登山口からしばらくは左の沢(雨沢)の流れの音がUsioku002_3ずっと聞こえていた。先日来の雨で流れの量が増えているのだろう。

 北八ッの縞枯山のような枯れた木々が沢山立っているところに出ると頂上は近い。
 登山口には頂上まで70分とあったが、私は80分かかり牛奥ノ雁ヶ腹摺山(*-1)頂上に着いた。
 頂上には誰もいない。残念ながら眺めはイマイチで、富士山も南アルプスも見えなかった。近くの山も雲がかかっていて同定することが難しかった。

Koganezawa002_3
 すぐ、小金沢山に向けて出発。少々のアップダウンはあるが林の中を歩く。やがて気持ちのいい笹原になる。いい天気で眺めがよければ、ものすごく気持ちがいいだろうな。

Koganezawa007_2 小金沢山山(*-2)頂に着いたが、曇りでガスが出ていることもあって、眺めはやはりイマイチで残念。晴れていれば、きっと富士山や南アルプスの眺めが素晴らしいだろうに。

 牛奥ノ雁ヶ腹摺山に戻り、下山する。途中ギャアギャアとあまり爽やかでない鳥の鳴き声が聞こえていた。女の子が叫ぶような鹿の鳴き声も。

(*-1)「甲斐の山山」P99には”雁ヶ腹摺は、小金沢に棲息する雁鴨の飛翔コースに当たるタルミに付けられた俚称で、黒岳を中心にして東の大峠、南西の湯ノ沢峠にも雁ヶ腹摺の別名がある。”とある。
(*-2)同じく「甲斐の山山」P98には、”小金沢山(△2014.3m)〔雨沢の頭〕”とある。

 

|

« 再び ・・・ 大蔵高丸 ハマイバ丸 | トップページ | NHK BS「グレートトラバース2~日本二百名山一筆書き踏破~」を観る »

山梨百名山」カテゴリの記事

山梨県東部・中央線沿い 山と峠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87746/62326338

この記事へのトラックバック一覧です: 牛奥ノ雁ヶ腹摺山 山梨百名山「小金沢山」:

« 再び ・・・ 大蔵高丸 ハマイバ丸 | トップページ | NHK BS「グレートトラバース2~日本二百名山一筆書き踏破~」を観る »