« 山梨百名山79座目「毛無山」 | トップページ | 山梨百名山「蛾ヶ岳(ひるがたけ)」 »

2019年5月 8日 (水)

徳川家康も越えた「迦葉坂」

<天正10年(1582年)3月、織田信長の侵攻で武田勝頼は天目山で自害し、これで信虎、信玄、勝頼と三代続いた武田氏は滅亡した。その後、甲斐は信長の領地となるが本能寺の変で信長が亡くなると、天正壬午の乱を経て徳川家康が支配することとなる。・・・この時代、徳川家康が駿河から甲斐へ入るのに、中道往還迦葉坂を越えた。織田信長も甲斐侵攻の後この峠を越えて帰還したという。>
 
 中道往還迦葉坂を越えるのは、私は何度目になるだろうか。この日は、ちょっと肌寒い曇天の下だったが、精進湖線右左口トンネル甲府側の入口から峠道に入り、新緑美しい迦葉坂を歩き越えた。何ヶ所か道が崩壊し、歩くのに厳しいところがあるにはあったが、全体的にはつづら折りに登る峠道はとても登りやすかった。

 あちこちに馬頭観音や千手観音などがあり、往時を偲ばせる。多いところでは、10mも歩くと次の石仏があった。これほど石仏の多いのは、いにしえの多くの人々が歩き越え、しかも登り下りがとても辛い峠道だった証拠だ。

 以前この時季に歩いた時には、フデリンドウやカタクリ、イカリソウがいっぱい花開いていたのに、今回は残念ながら見られなかったのが残念だった。

<峠道に入って始めてあった馬頭観音像>
Imgp56530

<峠道脇にはヒトリシズカがいっぱい咲いていた>
Imgp56610

<千手観音像もある>
Imgp56750

<多くのいにしえ人が越えた迦葉坂の峠 この右側には徳川家康が休んだ東屋があったという平地がある>
Imgp56940

<峠の両側ちょと高いところには石の祠があった>
Imgp56980

<峠道は所々石畳になっている 脇には苔むした石垣がある>
Imgp57150

<峠を越えて下りきった道には、ウツギが咲いていた>
Imgp57180

 

 (まもなく平成が終わる 平成31年4月27日土曜日歩く)

|

« 山梨百名山79座目「毛無山」 | トップページ | 山梨百名山「蛾ヶ岳(ひるがたけ)」 »

御坂・富士北麓西部・芦川北陵南陵 山と峠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山梨百名山79座目「毛無山」 | トップページ | 山梨百名山「蛾ヶ岳(ひるがたけ)」 »